【連載】VALORANT 初心者攻略指南

【VALORANT初心者攻略指南】エージェント紹介 〜 宇宙の力で戦場を分かつ「アストラ」 〜

2021.6.2 井ノ川結希(いのかわゆう)
VALORANT』(ヴァロラント)で使用できるさまざまなエージェント。今回は、宇宙のエネルギーを使って戦場を自在に操るアストラについて紹介していこう。

初心者のプレイヤーや、これから『VALORANT』をはじめてみようと思っている人の参考になれば幸いだ。

エージェントの種類について

エージェントは大きく分けて、コントローラー、センチネル、デュエリスト、イニシエーターの4種類のカテゴリーに分けられる。それぞれがどのような役割を得意としているのか、ここで紹介しておこう。

■コントローラー
危険なエリアを特定して、チームを勝利に導く戦略のエキスパート。相手の視界を遮ったり、行動を制限することが得意なエージェントといえる。

■センチネル
あらゆる局面において、エリアの封鎖や側面における防衛に力を発揮する守りのエキスパート。マップを監視したり、道を塞いだりするのが得意なエージェント。

■デュエリスト
アビリティーやスキルを駆使しながら、敵と素早く交戦して次々とキルを重ねていく、頼れる自己完結型アタッカー。攻撃に特化したアビリティーを得意とするため、ガンガン攻めていきたいプレイヤーにおすすめ。

■イニシエーター
戦闘エリアで交戦するメンバーをサポートすることでさまざまな戦局に対処していく。敵を気絶させたり、遠隔から攻撃したりと、デュエリストをサポートする立場として活躍する。


アストラ[コントローラ]


アストラは宇宙のエネルギーを駆使して戦場に変化をもたらすエージェント。視界を遮ったり、周囲のものを吸い寄せたりと、さまざまな効果を与えることができる。また、各アビリティを使用するには、まず「アストラルフォーム」とよばれるポーズをとり、スターを設置する必要がある。

▲[X]キー入力でアストラルフォームを発動できる。この姿勢をとっているアストラは俯瞰視点になっていて、通常とは違う視点で戦場を見据えることができる

▲アストラルフォーム中の視点。移動キーとマウスでマップを自由に見ることができる。このマップには味方が表示されているため、味方の進軍に合わせてアビリティを発動することができる

スターはアストラルフォーム中に射撃ボタンで任意の場所に設置することができる。スターは最大5つまでストック可能で、毎ラウンドごとにひとつ無料でストックされ、150クレジットで購入可能だ。

▲アストラを使用中は画面中央下部にスターのストック数が表示される。緑色がストックの残数で、黄色が一度設置したスターを回収した分の残数。次のラウンドの引き継げるのは緑色の残数のみ

一度設置したスターは、スターに照準を合わせて[F]キーで回収できる。回収してから15秒後に再設置が可能になるぞ。

▲スターを回収の際、スターが破裂してなぜか2秒ほどスモーク状態になる。無料で使えるスモークという感じでちょっとだけ射線をカットできるのが強み

なお、味方はもちろん、敵のアストラが設置したスターも認識することができる。相手に設置された場合は、何かしらのアクションが起こる可能性があるので、警戒しておこう。

▲敵のアストラが設置したスター。割と目立つのですぐに視認はできるものの、スター周辺に響くモワモワとした環境音は小さい。スターが見づらい場所に設置された場合、気づくのは困難

このようにアストラは、アストラルフォーム発動→スター設置→アビリティ発動というふうに、アビリティを発動させるまでの準備が忙しい。さらに、アストラルフォーム中は、環境音がほぼ聞こえなくなるため、なるべく安全な場所でスターを設置するよう心がけよう。

アビリティー紹介


ここからは、アストラのアビリティーを紹介していこう。

[C]グラビティウェル



【コスト:150/ストック5(全アビリティ共用)】
設置したスターに照準を合わせて[C]キーで発動する。発動後はスターが渦巻き状に回転し、周辺のプレイヤーを引き寄せて爆発する。爆発に巻き込まれたプレイヤーは一定時間弱体化し、防御力が著しく低下する。なお、発動後は25秒のクールタイムがあり、一度に1発しか発動できない。


プレイヤーだけでなく、キルジョイの「タレット」も引き寄せることができる。壁沿い設置されたタレットを引き寄せて破壊するのもアリ。また、スパイクを設置や解除をしようとしているプレイヤーをスパイクエリア外に引き寄せることで、強引に設置や解除を阻止することもできる。

▲スパイク設置エリア外にスターを設置して、設置音が聞こえたら「グラビティウェル」を発動。設置をキャンセルさせることができた

吸引力は高めでボーッと立っているとすぐに渦の中心に引き寄せられてしまうので、敵に使われた場合は走ったりジャンプしたりして渦から脱出したい。

[Q]ノヴァパルス



【コスト:150/ストック5(全アビリティ共用)】
設置したスターに照準を合わせて[Q]キーで発動する。発動3秒後に爆発して、周囲のプレイヤーをスタン状態にする。スタン状態になると、視界がぼやけ、移動速度や射撃速度などの行動速度が低下する。なお、発動後は25秒のクールタイムがあり、一度に1発しか発動できない。


▲敵味方関係なく爆発に巻き込まれるとスタン状態になってしまう。スタン状態は行動がかなりスローになってしまうので、撃ち合いになるとピンチだ

「グラビティウェル」と併用することで非常に脅威な足止めになるアビリティで、スタン状態になると、「グラビティウェル」の吸い込みから逃げるのは不可能といえるレベル。味方から敵がいる場所を共有できたら、発動させたい連携だ。

[E]ネビュラ



【コスト:150/ストック:5(全アビリティ共用)】
設置したスターに照準を合わせて[E]キーで発動する。発動後はその場にスモークを展開して周囲の視界を遮ることができる。スモークの効果時間は15秒。発動後は15秒のクールタイムがあり、一度に2発まで同時に発動できる。


なお、サイファーの「サイバーケージ」同様、中は空洞になっていて、お互いが「ネビュラ」内にいれば視認できる。

▲思い切って中に飛び込んでしまうのも手。相手が進入してくるのを待つのもアリだ

[X]コズミックディバイド



【コスト:ULTポイント7/ストック:1】
「アストラルフォーム」中にオルト射撃(右クリック)で構えを取り、構え中に任意の場所で発射ボタン(左クリック)で設置場所を決める。照準操作で角度を決めたのち、再び発射ボタン(左クリック)ですべてを分断する巨大な壁を出現させる。


壁は約20秒間マップを分断。射撃などの攻撃を無効化するほか、壁越しの環境音を著しく低下させることができる。壁越しならば走っていてもわからないようになるので、スパイクを解除に向かう際や、逆にスパイク解除に来た敵を混乱させるために使うなどして、戦場をコントロールしていこう。

まとめ


アストラはアビリティを使いこなすのは難しいので、扱いづらいエージェントではあるものの、どこにいても任意の場所にアビリティを発動させられるのは強みだ。味方と意思疎通がとれていれば、より協力な連携が組めるということもあり、2021年5月25日(火)~5月31日(月)に行われた「VALORANT Champions Tour Stage2 Masters」でもプロ選手が採用するなど、期待が持たれているエージェントだ。

一方で、ゲーム性が変わってしまうとの懸念もあり、3.0のパッチではスターの価格が見直されたり、スター回収後のクールダウンが延長されたりとナーフが入った。今後どのような修正が行われるかも注目していきたい。 

© 2020 Riot Games, Inc. All Rights Reserved

VALORANT:https://playvalorant.com/ja-jp/
Twitter:https://twitter.com/VALORANTjp
【連載】VALORANT 初心者攻略指南

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ゲーミングデバイス VIEW ALL