【特集】eスポーツ入門

個性的なテレビ番組が多数放送中! eスポーツ&ゲームがテーマの番組まとめ<2019年版>

2019.10.18 宮下英之
(更新日:2019年11月12日)

2018年がeスポーツ元年と言われ、優勝賞金1億円の大会が国内で開催され、プロライセンス制度のもとでプロゲーマーが多数誕生するようになった。

しかしそれでもなお、「eスポーツはスポーツじゃない」論争(そもそもスポーツの範疇にeスポーツを組み入れる必要はないのだが)や、ゲーム依存症の問題など、ネガティブな要素は根強くある。

そういった広く一般的な考えを持つ人たちに対しては、いまでもテレビが圧倒的な影響力を持っており、eスポーツの人気を受けて、各キー局で番組が制作されている。

今回は、eスポーツを中心にゲーム全般を題材としたテレビ番組を、曜日ごとにご紹介したい。

※放送日などの情報はキー局のものです。地域によっては系列局で放送している場合もあり、曜日や時間帯も異なります。また、アーカイブ配信は代表的なサービスのみをご紹介しており、他のサービスで配信されている場合もあります。詳細は各番組の公式サイトをご参照ください。
※深夜放送は、前日の曜日で掲載しています。

月曜日

さっしーのe部屋


放送日:毎週月曜日22:54〜23:00
放送局:フジテレビ(地上波)
出演者:指原莉乃
URL:https://www.fujitv.co.jp/sassyno_eheya/
アーカイブ:FOD

AKB48の指原莉乃がゲーム部屋でゲームに熱中する姿を定点観測するというバラエティ番組。初心者ながらも様々なジャンルのゲームを一生懸命プレイする姿から、各ゲームの面白さが伝わってくる内容だ。

eスポーツタイトルが登場することも多く、格闘ゲームなどはガチなゲーマーには「そこでキック! ああ、もう!」といったやきもきさせられるようなシーンも多いが、彼女のようなゲーム初心者でも気兼ねなく、eスポーツタイトルを遊んでいい、と思わせてくれる。

公式YouTubeチャンネルでは、番組未公開映像も放送終了後にアップされる。



eスポーツ MaX

放送日:毎週月曜日 20:30〜20:56
放送局:TOKYO MX(地上波)
出演者:うしろシティ(金子学・阿諏訪泰義)
アーカイブ配信:エムキャス https://mcas.jp/
URL:https://s.mxtv.jp/sports/esports_max/

TOKYO MXで放送中の「eスポーツ MaX」は、「eスポーツ」を掲げた日本初のテレビ番組として、2014年から放送されている老舗の番組だ。今回紹介している番組の中では、放送時間も唯一ゴールデンの時間帯となっている。

名前のとおりeスポーツに関する情報がメインで、eスポーツの世界大会や選手の活躍などを紹介することも多い。固定スタジオでの放送ではなく、毎回さまざまな場所でロケを行っているのも特徴だ。

また、公開収録も兼ねたイベントが定期的に開催されており、選手としての参戦はもちろん観覧も可能。2019年は5月に春のイベントを実施しており、来たる11月17日には「eスポーツMaX GAMING FESTIVAL 2019 Autumn」として秋の大会も予定。『ぷよぷよeスポーツ』や『FIFA20』などによる対戦が予定されている。


木曜日


勇者ああああ〜ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組〜


送日:毎週木曜日 25:35〜
放送局:テレビ東京(地上波)
出演者:アルコ&ピース(平子祐希、酒井健太)
アーカイブ配信:ネットもテレ東 https://video.tv-tokyo.co.jp/
URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/aaaa/

アルコ&ピースのふたりが、多彩な芸人とともにゲームで遊ぶ番組。番組紹介にも「ゲームが絡んでいれば基本企画は何でもありのバラエティ」とあるように、ひとくせもふたくせもあるゲストが登場し、ゲームそのもののテクニックよりもゲームをとおして遊ぶといったバラエティ色が強い番組だ。

アルピーのふたりを筆頭に、どの出演者もゲームがあまりうまくないところが、ゲームに苦手意識を持っている人には非常に親しみやすい。ただし、企画の中で「EVO」に出場したり、現地でプロゲーマーと触れ合ったりもしており、eスポーツの真面目な要素も時折盛り込まれている。なぜか学生服を着ているのは、若年層への配慮だろうか?

ちなみに、放送の5分前に関連番組として「寝ちゃダメ勇者」というミニ番組も放送中。こちらはアルピーのふたりのゆる〜いミニトークが展開される。


eGG


放送日:毎月1回木曜日 24:59〜25:49(日程は不定期)
放送局:日本テレビ(地上波)
出演者:DAIGO、生駒里奈、岸大河、佐藤梨那(NTVアナウンサー)
アーカイブ配信:日テレプラス https://www.nitteleplus.com/program/variety/egg.html
URL:https://www.ntv.co.jp/eGG/

「eGG」(エッグ)は、ミュージシャンのDAIGO、元乃木坂46の生駒里奈、ゲームキャスターの岸大河が出演する正統派eスポーツ応援番組。一見ゲームやeスポーツに関わりの薄そうなDAIGO、生駒里奈を起用しつつ、岸大河をはじめ、eスポーツ選手がしっかりeスポーツの特徴や魅力を解説。毎月1回と頻度は少ないものの、1時間番組でみっちりeスポーツを紹介してくれている。

特に、日本テレビは「AXIZ」というeスポーツチームを傘下に持ち、さまざまなジャンルで腕を磨いている選手たちが出演するところが、他の番組にはない特徴だ。『ストリートファイターV』や『リーグ・オブ・レジェンド』のほか、いま国内で盛り上がっているeスポーツタイトルを知りたい人にもオススメの番組と言える。

アーカイブは日テレプラスで放送しているほか、OPENREC.tvに公式チャンネルを持っているため、全国どこからでも視聴できる。放送日は木曜日だが、放送日は毎月変更となるので、Twitterなどをチェックしておこう。


YUBIWAZA


放送日:毎週木曜日 25:59〜26:30
放送局:毎日放送(地上波)
出演者:田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、矢口真里
アーカイブ配信:MBS動画イズム https://dizm.mbs.jp/title/?program=yubiwaza
URL:https://www.mbs.jp/p/yubiwaza/

eスポーツをスポーツとしてとらえ、「テレビゲーム」としての娯楽のイメージが強くスポーツとしては認知されていない状況を変えるべく始まったのが「YUBIWAZA」だ。競技会の熱気あふれる真剣勝負の様子などを伝えることで、eスポーツを“スポーツ”として盛り上げていくとしている。

特筆すべきは、アマチュアプレイヤーを対象としたオリジナルで賞金付きの大会「YUBIWAZA CUP」を開催していることだろう。次世代のeスポーツスター選手の発掘を掲げ、各タイトルごとの優勝賞金はなんと100万円! この手の大会としてはかなり高額な部類だ。

もちろん、公開収録にもなっており、名前を売る大きなチャンス。番組の根底にあるのはeスポーツという存在をきちんとつたえたいという思いで、いちからしっかり説明するところも多い。関西ローカルではあるが、直近の放送はアーカイブで視聴可能だ。


有吉ぃぃeeeee! ~そうだ! 今からお前んチでゲームしない?


放送日:毎週日曜日 22:00〜22:48
放送局:テレビ東京(地上波)
出演者:有吉弘行、タカアンドトシ、田中卓志(アンガールズ)
アーカイブ配信:
URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/ariyoshieeeee/

「有吉ぃぃeeeee!」は、ゲーム愛では誰にも負けないという有吉が、お笑い芸人やアイドルの自宅で本気でゲーム対決する番組。タカトシやアンガールズ田中もレギュラーとして出演しており、わいわいがやがや対戦する様子は、まさに友達の家でゲームを囲んで遊んでいる感覚だ。

これ以外に、配信番組も多数展開しており、YouTubeでネット配信限定のおまけ動画を配信しているほか、アンガールズ田中がアンバサダーを務める大会「Stage:0」に関する単独配信番組「卓志ぃぃeeeee!」や、eスポーツ関係者へのショートインタビュー配信番組「続きぃぃeeeee! 電脳HUMAN」も放送中だ。

特に「続きぃぃeeeee!」では、プロゲーマー以外に、普段あまり表に登場しないeスポーツを支える人たちも紹介しており見応えがある。



不定期

いいすぽ!


放送日:不定期
放送局:フジテレビONE(CS)
出演者:バカリズム、鈴木芳彦(フジテレビアナウンサー)
アーカイブ配信:FOD https://fod.fujitv.co.jp/s/(無料放送あり)
URL:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/e-spo/

「いいすぽ!」は、さまざまなeスポーツタイトルのトップ選手を集めて、番組独自の大会を行う本格的eスポーツ番組。各タイトルで活躍する有名選手が毎回登場し、本気のバトルを楽しめる。

特に注目したいのが、選手の紹介映像だ。スポーツ番組のように選手ひとりひとりを紹介する映像を独自に取材しており、テレビならではの時間と予算をかけた作りになっている。

ゲーム自体に興味はあっても、選手への思い入れはきっかけがなければなかなか作れないが、このような紹介映像を見ると、選手の見方や大会の見方も変わってくる。ヒトにフォーカスしたeスポーツの楽しみ方を提案してくれる番組とも言える。


ReAL eSports News



放送日:毎月金曜日(不定期) 2:50〜3:20
放送局:テレビ朝日(地上波)
出演者:山里亮太(南海キャンディーズ)、テレビ朝日アナウンサー(予定)
アーカイブ配信:未定
URL:https://www.tv-asahi.co.jp/real_esports_news/#/

「ReAL eSports News」は、スポーツニュース番組と同様に“eスポーツを競技”として、“選手をアスリート”と捉えて真摯に向き合い、国内外で開催されている様々なeスポーツ大会の結果を伝える、地上波初の「eスポーツニュース情報番組」。テレビ朝日がeスポーツの“文化振興拠点”として、国内競技者、ファン増に繋げていきたい、という。

番組では、最新の大会結果などを、スポーツニュースのようにダイジェストVTR中心に放送。『LoL』や『シャドウバース』『ストリートファイター』『ウイニングイレブン』といった競技人口の多いタイトルが中心だ。また、選手へのインタビューや、各ゲーム会社の新作タイトル紹介も予定。eスポーツの魅力を、eスポーツを知らない人たちにもわかりやすく伝えていく。

キャスターは、大のゲーム実況動画好きで、自身もアプリ「Mirrativ(ミラティブ)」の配信でゲーム実況をスタートさせた南海キャンディーズの山里亮太を中心に、eスポーツに関連するゲストが多数登場する。


これからのテレビ番組に求められること


eスポーツが一過性のブームという見方は、この1年でかなり払拭されたと感じる。その一方で、ゲーム依存症といったゲームが持つ負のイメージを払拭できるほどにはなりきれていない。

そういった一般的なイメージを持っている人たちに対して、テレビの影響力はまだまだ強く、eスポーツ業界としてもそれをうまく活用していく姿勢が求められる。

その意味では、各キー局がこれだけのeスポーツ番組を放送していることには、シンプルに可能性が感じられる。

一方で、まだまだ特別な番組でしか登場しない状況は変わらない。一般的な報道やニュースで、eスポーツの世界大会の結果が取り上げられるような社会にならなければ、本当の意味でeスポーツの存在価値は確立できないだろう。

深夜帯のスポーツニュースの中で、『リーグ・オブ・レジェンド』の世界大会での日本チームの奮闘を報じたり、『ストリートファイターV アーケードエディション』の海外大会で優勝した日本人選手のコメントが登場するようになることが、eスポーツが次のステップに上がるために必要なことのように思う。

そのためには、スポンサーありきの番組ではなく、報道すべき情報としてeスポーツが身近に存在するようになることが重要だ。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます