【特集】深遠なるゲーミングデバイスの世界

「よりよい製品を より安く より早く」お客様に安心・安全な製品をお届けしたい【株式会社HORI インタビュー】

2021.4.20 井ノ川結希(いのかわゆう)
ファミコン世代にとってHORIと言えば、拡張ポートにつなげる外付けコントローラーや周辺機器を販売しているメーカーというイメージが強いと思う。現在は、ニンテンドーSwitch用の外付けコントローラーや、PlayStation向けのさまざまなタイプのコントローラーのほか、eスポーツが普及した現在は、アーケードスティック(以下、アケコン)の「ファイティングスティック」シリーズを展開と、多種多様なコントローラーを開発し続けている。

そんなHORIは、安価に子どもたちが楽しめるようなコンセプトの製品が多かった印象がある反面、値段なりの品質というレッテルが貼られている印象もあった。しかし、現在は国産アケコンメーカーとして多くのプレイヤーに愛されている。

いったいどのような歴史を歩んできたのか、実は時代時代おけるターニングポイントはあったのか。コンシューマーからeスポーツまで、幅広く子どもたちのゲーム体験を支えてくれるHORIの歴史と未来をじっくりおうかがいした!

ホリコマンダーでファミコンの周辺機器メーカーとして一躍有名に


——株式会社HORIはもともとどのような会社だったのでしょうか。

西村氏(以下、西村):もともとは1967年に現取締役会長の堀之内龍郎が「ホリ電機製作所」を創立し、主に民生機器の電子部品などの加工業を行っていました。

▲いわゆる部品という感じの電子部品を製造していたとのこと

その後1970年に「ホリ電機株式会社」、2000年に「株式会社ホリ」に社名を変更して、今現在に至ります。

——なるほど。もともとは部品を作る会社だったんですね。私たちのイメージではホリさんはファミコンの周辺機器メーカーというイメージでしたが、コンシューマー機のパーツを販売しはじめたのはいつ頃だったのでしょうか。

西村:1987年頃、任天堂さんとご縁があり、ファミコンの周辺機器を製作するようになりました。ファミコン世代の方ならご存じの方も多いかと思いますが、「ホリコマンダー」や「RFスイッチブースター」などが走りですね。

▲流線型の丸っこいデザインが特徴の「ホリコマンダー」。3段階の連射機能が備わっているものの低価格帯に抑えられていた

▲「ホリコマンダー」のほかにも、ジョイスティック型やハンドル型など、さまざまなコントローラを発売していた

話によると初代「ホリコマンダー」は、数千万台は売れたようです。

——数千万台! 確かにファミコン世代の連射機能付きコントローラといえばHORIさんの「ホリコマンダー」か、ハドソンさんの「ジョイカードMK.2」の2機種が主流でしたが、「ジョイカードMK.2」が1,980円なのに対し、「ホリコマンダー」は1,500円でしたもんね。子どもにとって約500円の差は大きかった。そんな思い出があります。

西村:弊社の信念として「よりよい製品を、より安く、より早く」というものがございます。できるだけ多くのお客様に楽しんでいただけるよう、価格は抑えていましたね。

この「ホリコマンダー」を皮切りに、各コンシューマー機の周辺機器を製造することになりました。

▲6つのボタンを使う「ストリートファイターII」シリーズのプレイのしやすさに定評のある「ファイティングコマンダー」シリーズは、スーパーファミコン、PCエンジン、メガドライブといったさまざまなハードで発売されていた

——私たちの認識では、HORIさん=周辺機器メーカーというイメージですが、HORIさん自身もそのような認識ですか?

西村:はい。基本的にはそうですね。ただ、1990年頃には「ホリソフト」という子会社を作って、ゲームソフトにも携わっていたようです。

——ええっ! そうなんですか!

西村:「ランセイバー」という幻のソフトがあるのですが、さまざまな事情で国内での発売は中止。海外用に発売されていたとのことです。

▲発売を記念した限定版のスーパーファミコン版の「ホリコマンダー」も発売していたようだ


▲スーパーファミコンでゲームボーイのソフトが遊べるようになる「スーパーゲームボーイ」もホリソフトが開発に関わっていたとのこと。写真は「スーパーゲームボーイ2」

——このタイトルは知らなかったです! 激レアですね!

「よりよい製品を、より安く、より早く」がHORIのコンセプト


——先ほども少しお話したように、私たちが描くHORIさんのイメージは、とても「安価」なものを提供しているメーカーというものでした。「リアルアーケード」シリーズといったアケコンでも高価格帯なものでありながら、他社さんに比べて価格が抑えられている。そこにはどのようなノウハウがあるのでしょうか。

内山:先ほども少しお話で出たように、弊社のモットーは「よりよい製品を、より安く、より早く」です。なるべく多くのお客様に手に取っていただけるよう、コストカットをして低価格帯に抑えています。

例えば、純正パッドにある振動機能やジャイロ機能といったものは格闘ゲームには不要なものです。こういった機能をカットすることで価格を抑え、また格闘ゲームにとって便利な機能を追加することによって、価格を抑えながら機能性に優れた製品をご提供できます。

▲スティック、振動機能をカットしつつ、6ボタン配置、連射機能が備わった「ファイティングコマンダー for PlayStation®4 / PlayStation®3 / PC」は、格闘ゲームに特化したゲームパッドといえる

任天堂さん、ソニーさん、マイクロソフトさんの3社すべてのライセンスを取得しているのは国内では弊社のみです。そういった強みも生かして、ライセンス商品ならではの製品も低価格帯でご提供しております。

▲爆発的人気を誇る「モンスターハンター」シリーズの最新作『モンスターハンターライズ』デザインのグリップコントローラー。背面ボタンや連射機能など便利機能に加え、ゲームキャラクターが描かれたデザインは、ファン必見の逸品だ

変わり種のコントローラと言えば、太鼓の達人専用コントローラー 「太鼓とバチ for Nintendo Switch」ですかね。こちらも任天堂さんのライセンス商品で、人気のある商品です。

▲太鼓の操作はもちろん、ボタン操作も可能なのはうれしいポイント。がんばれば格闘ゲームもできちゃう?

——こういうのは、ラインセンスを取得している強みでもありますね! いわゆる「変わり種」といったコントローラーを開発するときは、どのようなイメージを持っているんですか?

内山:まず「こういうのあったら面白いよね」というところから開発しています。そこから、実際に機能としてつけてみた場合、使い心地はどうなのかというのを試行錯誤し、不要な物はそぎ落としていくという形をとっています。

——なるほど。中にはボツになったものもある?

内山:それはもちろん(笑)。

印象に残っているボツ製品といえば、コントローラー部分にアケコン用の小さいジョイティックをつけたものですね。

——アナログスティックではなくて?

内山:はい。普通にレバーとボールのジョイスティックですね。あえてスティックにするのもありなんじゃないかと思って開発してみたのですが、よくよく考えたら「ジョイスティックにするメリットないよね」ということになってボツになりました(笑)。

——確かに、アナログスティックでことたりそうですもんね。でも、ちょっとそれはさわって見たいかも(笑)。

内山:今手元にないのが残念です(笑)。

社内の方針として「オンリーワンな製品を作る」というのがあって、なにかしらとがった機能をつけて、HORIのオリジナリティをユーザーさんに届けたいと思っています。

▲商品開発を進めて8年の内山翔太氏。元々格闘ゲーム好きで、主にリアルアーケードなどアケコンの開発に携わっている。好きなタイトルは「ストリートファイター」シリーズ

常に進化し続ける「リアルアーケード」シリーズ


——なるほど。そういった考え方から新商品がうまれてくるんですね。そういうアイデアはアケコンにもあるんですか?

内山:まずは耐久性ですね。一定の基準を超えるためには、数百万回といったレベルでボタンやレバーに負荷をかけて調査しています。中には気持ちが高ぶってアケコンを叩いてしまうユーザーさんもいるかと思います。そういった状況にも耐えうる強度を確認するために、一定の高さから落としたり、電気的な負荷をかけたりして耐久試験を行っています。

——中には、負けが込むとコントローラを投げちゃう人っていますからね(笑)。

内山:あはは。そうですね。あとは、特許も取得しているHAYABUSAユニットには、家庭用ならではのアイデアが詰まっています。

HAYABUSAユニットとは

HORI製アケコンに装着されているボタンやレバーの総称で、ボタンはストロークを短縮することで素早い入力や擦り連射が可能となっている。


レバーはVカットハウジングカム構造により、抵抗が少なく滑らかな入力が実現可能となっている。

例えば、ボタンに関してはキャップが取り外ししやすいようになっていて、掃除がしやすく、ゴミが排出されやすくなっています。

▲三和製やセイミツ製のボタンは基本的に工具を使わないとキャップが外せないようになっているが、HORI製のボタンは、左右のツメを内側に押し込むだけで簡単に取り外せるようになっている

▲スイッチ部分の土台は空間が多く、ゴミやホコリなどが掃除しやすい形状になっている

——ほんとだ! こういう細かい部分は家庭用ならではという感じですね。性能面ではどうでしょうか? eスポーツが盛り上がりを見せる中、プレイヤーに求められるものは、反応速度だったり、ボタン反応だったり、いわゆる「遅延」に対してものすごくシビアになってきていると思います。

西村:遅延に関してユーザーさんからそのような声があることは認識しています。そこで弊社も入力遅延に関して研究を重ねるようになり、理論上最速に近い数値を出すことに成功しています。

——理論上最速に近いというと、最速ではない?

西村:ここの表現が難しいところなのですが、「ライセンスの規定内で最速」というイメージを持っていただけると伝わりやすいかと思います。

——なるほど。技術的にはより最速にはできるけど——ということなんですね。具体的にどのようなところで最速を実現しているのですか?

西村:その辺は企業秘密ですね(笑)。

▲事業開発部の西村貴弥氏。「ストリートファイター」シリーズが好きで、大学の頃はゲームセンターによく通うほど。sakoさんがきっかけでHORIという名前を知ったとのこと。回路設計担当で、アケコン内部のパーツの開発に携わっている

——おおっ、気になりますねー!(笑) ところでつい最近発表された「Fighting Stick α for Xbox Series X|S」についてですが、前回の「ファイティングエッジ刃 for PlayStation®4 / PC」との決定的な違いはありますか?

▲シックでシンプルなデザインの「Fighting Stick α for Xbox Series X|S」

内山:「ファイティングエッジ刃 for PlayStation®4 / PC」の位置づけ的には、大会向けのアケコンとして販売されました。そのため天板に無駄な機能を極力排除した形になっていました。

▲「ファイティングエッジ刃 for PlayStation®4 / PC」はアルミの天板が特徴的で、機能的なボタンは側面に集約されている

今回の「Fighting Stick α for Xbox Series X|S」はあくまで、家庭用ですので天板上部にボタンを集約させました。

▲天板上部に各種ボタンが集約。ヘッドホンやマイクのボリュームも調節できるようになっているのが魅力だ。また、左側面にはイヤホンジャックを完備

また、今回の特徴のひとつは天板をカスタマイズできる点ですね。オリジナルデザインにカスタマイズすることで自分だけのアケコンにすることができます。

▲右から順番に進化をしていき、最終的に一番左のモデルになったとのこと。天板部分を広くすることで、よりオリジナリティあふれる天板がつくれるように

——最近のユーザーさんはボタンの色を変えたり、ステッカーを貼ったり、オリジナリティのあるアケコンを持っていますもんね。天板自身が変えられるのはうれしいですね。

内山:そうですね。今回はこういったゲーム外の部分に力を入れています。例えば、今回はメンテナンス性を高めるため、筐体を開くことができます。

▲カパっと簡単に内部にアクセスできる。中は広々空間になっていて、コードをまとめることもできる

——おおっ。コードが中に収納できるのはスッキリしていいですよね。スティックとボタンに関して大きな違いはありますか?

内山:基本的には変わっていませんが、日々マイナーアップデートはしています。

——実際にさわった感じ、回しやすい反面、遊びがあるイメージがあったのですが、その辺は何かこだわりがあったのでしょうか?

▲レバーを弾くと反動で逆レバーに入ることも。いわゆる「はじきスクリュー」(レバーを弾いて1回転させる)操作はやりやすいのではないかという印象だ

内山:どちらかというと遊びを少なくして、ピーキーに仕上げました。

——逆に、遊びが少なかったんですね。

内山:そうですね。開発にはsakoさんにも協力していただいたのですが、マイナーチェンジしたのをさわってもらっては「ダメやな」とダメ出しを食らっては、マイナーチェンジというのを繰り返して、今の形になりました(笑)。

——あはは。そうだったのですね。逆にストーム久保選手は、6ボタンパッドの「Fighting Commander OCTA for Xbox Series X|S」を使っていますよね。やはり、そちらのニーズも大きいと思いますか?

▲いわゆるHORIパッドで、プロファイルを切り替えることで、対戦相手ごとにボタン配置を換えられるメリットについて動画で解説している

内山:需要は十分ありますね。

西村:パッドって消耗品ととらえられているユーザーさんも多くて、純正品だと買い換えするための価格も高めになってしまいます。弊社のパッドは価格が抑えられているので、そういったユーザーさんにも好まれていますね。

——確かに、純正のパッドってめちゃめちゃ高価になってきていますもんね。最後に、HORIさんにとってeスポーツの波というのはどう感じていますか?

内山:eスポーツの流れはもちろん感じてはいますが、我々はあくまでゲームをプレイされているユーザーさん全員に向けて製品を開発しているので、eスポーツに特化したということは正直していません。

——なるほど。HORIさん自身の今後の展望もお聞かせください。

西村:個人的な意見になってしまいますが、おかげさまで国内では多くのユーザーさんに周知してもらっているので、今後は海外にも目を向けた展開もしていけたらと思っています。

内山:あとは、他では得られない、うちでしかないものをどんどん開発していけたらと思っています。

——ありがとうございました!


———

日々ユーザー目線で物事を考え、「あったらうれしい」という製品を開発し続けるHORI。インタビューの翌日には、「R-TYPE FINAL 2 対応スティック for PlayStation®5 / PlayStation®4 / PlayStation®3 / PC」を発表。格闘ゲーマーだけでなく、シューターにもうれしい製品で、PlayStation®5にも対応している。

これからもゲーマーにとって身近な存在であり続けてほしいと共に、革新的なアイテムを発信し続けてほしい。


株式会社HORI 公式サイト:
https://hori.jp/

株式会社HORI 公式Twitter:
https://twitter.com/hori__official
【特集】深遠なるゲーミングデバイスの世界

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コラム VIEW ALL