【連載】プロゲーマー小路KOGの「勝つための『GBVS』立ち回り指南」

【第2回・プロゲーマー小路KOGの「勝つための『グラブルVS』立ち回り指南】〜有名ゲーマー11人で決めた対戦ダイヤグラム!〜

2020.2.28 小路KOG
みなさまこんにちは!
「SG8/SUSANOO GAMING8」所属のプロゲーマー、小路KOG(こうじ けいおーじー)(@kkkog)と申します!!

前回に引き続き『グランブルーファンタジー ヴァーサス』(以下、『グラブルVS』)に関する記事を執筆させていただこうと思います。

2回目である今回は、『グラブルVS』の現状を紹介していきます。現状とは、「どのキャラがより勝っているのか」ということで、キャラランクに関わるお話になります。

各々の攻略に進む前に、まずは発売からもうすぐ1カ月になる本作の最新のキャラクター情勢というものをお届けできればと思います!

有名ゲーマー11人で決めた
今イケてるキャラと、イケてないキャラ!


もうすぐダウンロードコンテンツが配信され、続々とプレイアブルキャラが増える本作。賑やかになること間違いなしな本作ですが、今回は現時点(2020年2月28日)で使用できる11キャラクターのトッププレイヤーにそれぞれ有利、不利を聞いてダイヤグラムを作成してみました!

▲各キャラごとに担当プレイヤーがことなるので、一方通行のダイヤグラムとなっております。左の縦軸から調べたいキャラを探し、どのキャラに強いかを確認してみてください

■ダイヤグラムの見方

【●】→有利
【▲】→五分
【×】→不利
【—】→担当者が戦ったことがないので評価なし
【赤字】→担当者によって評価が分かれているカ所

表の見方をざっくり説明すると下の画像の通り


例えばグラン使いから見ると、カタリナは●なので「有利に戦える相手」と見ているが、カタリナ使いから見ると、グランは▲なので「互角に戦える相手」という認識になる。こういった見る側によって評価が変わるところも楽しんでほしい。

あくまで、「自分のキャラクターから見た有利不利」であり、これでキャラランクが決定したというものではありません。

むしろお互い不利だと思っている矛盾した組み合わせすらあるので、そういった点に注目しながら読み進めていくと楽しめると思います!

それでは、各キャラごとに評価のポイントを解説していきましょう。

グラン


【ダイヤグラム協力:kubo(@kubo0055)】

オーソドックスな飛び道具、対空、突進技を持つ扱いやすい主人公タイプの15歳。すべての通常技、必殺技が強力で、特に中と強の「ドライブバースト」は、突然飛んでくる上に、カウンターヒットすれば大惨事となる。その強さは通称「ヤクザキック」と呼ばれ恐れられているほど。

グランを最強キャラクターと信じているkubo氏も、シャルロッテ以外は五分以上と、非常に高い評価をつけていました。

▲先端ガードで有利を取れる中の「ドライブバースト」。浮いているので、下段攻撃を避けながら突っ込んでくるのも強みのひとつだ

カタリナ


【ダイヤグラム協力:コイチ(@koichinko)】
グランに引き続き、ランスロット以外に不利がいない、非常に強気な評価となった。攻守ともにバランスが取れていて、火力が高く、特に弱点のないキャラクターではあるので信ぴょう性は高い。関東圏ではグラン、カタリナの2強と言われているだけあり、この2キャラが猛威を振るっているのは間違いないようだ。

▲似ている性能の両者だが、グランは飛び道具と突進が優れており、カタリナは牽制、リーチが特に優れている。対応型かつ、バランスよく戦いたいプレイヤーにはカタリナの方がオススメだろう

シャルロッテ


【ダイヤグラム協力:飛翔兎(@hishou10)】
世間的に非常に評価の高いシャルロッテだが、あらゆるゲームで最上位に君臨するマルチプレイヤー飛翔兎氏の評価は控えめ。なんでも、現在のランクではなく、将来性を見越した表を作成したとのこと。

フェリ戦に関しては「不利寄りの五分」らしく、詳しい理由は本人に直接聞いてみるのが一番の近道だろう。

▲リーチの短さを補って、あまりある素早いジャンプと強襲技が魅力のシャルロッテ。相手に密着した後は強力なラッシュで相手を粉砕する、見た目に騙されてはいけないパワフルな戦い方を得意とする

ランスロット


【ダイヤグラム協力:玉井さん(@keionbu1985)】
ネット対戦における「ランクマッチ」にて、上位ランカーの数がずば抜けて多いキャラクターがこのランスロットだ。今回はそのランクマッチにて、世界一位の実力を誇る玉井氏に相性差を聞いてみた。不利キャラがグラン、シャル、メーテラの3人で、それ以外は五分以上との結果に。

ここでも現在はグランが環境トップにいる事がうかがえた。

▲凄まじいスピードで相手を翻弄する戦法のランスロット。この手のキャラでは珍しい、遠距離でも飛び道具を盾にしながら近づける、攻めのキッカケを作りやすい点が強い。相手に捕らえられた時も、比較的ローリスクに逃げられる無敵技があるのが安定感を生み出している秘訣だ

パーシヴァル


【ダイヤグラム協力:どぐら(@maneater_dgr)】
全体的に評価のバランスが非常によく、ダイヤグラム表だけ見れば「THE 中堅」と言った印象を受けるパーシヴァル。超古参強豪プレイヤーであるどぐら氏が選んだキャラクターは、長年の格闘ゲーム経験が活きるシブい立ち回りをするスタイルだ。

「トロイメライ」で必殺技を強化しつつ、長いリーチの長剣でヒット確認突進技へ繋げる。ガードを固める相手には奇襲技を仕掛け、飛んでくる相手はしっかり無敵技で落とす。

勝負をかける時はコマンド投げで崩しに行き、固める時は飛び道具でトリカゴ状態を作るなど、幅広い動きができる上に、すべてに読み合いの要素を加えられる良キャラクターと言えるだろう。

▲ガードさせて有利を取れる珍しい突進技を持つパーシヴァル。読まれた場合は手痛い反撃を受ける事になるが、対の選択肢を見せることで、いかに通しやすくするかがパーシヴァルの腕の見せ所と言えるだろう

フェリ


【ダイヤグラム協力:ジン(@Jing_K5)】
遠距離設置キャラということで、相性差が激しくなりがちなキャラクターがこのフェリだ。予想通り、不利がグラン、シャル、ランス、それ以外がほぼ有利と、×と●がまばらに付く結果になった。

●の数が多いので相対的に強キャラとは言えるだろうが、遠距離キャラの宿命として、いけるキャラにはガン有利、きついキャラはとことんきついという辛みもある。

▲リーチの長い鞭でチクチクしつつ、本命の起き攻めタイムに持っていくのが最終目標。優秀な突進技がないキャラクターは、とにかく近付くのが辛く、起き攻めなしで封殺できることも少なくない

ローアイン


【ダイヤグラム協力:ドラ(@dora_bang)】
5分が2キャラ、残りすべて不利という、最弱キャラに最も近い結果に。いわゆる「初見殺し」が強力すぎるキャラではあるのだが、発売から1カ月近く経つと、その対策も浸透してきて、いよいよ辛くなってきた模様。

当身である「aventure」は成立したのを見てから避けや無敵技をされ、奥義の「超一騎当千」や「サイズ感的に勝ち目ねーから!」も、大きな被弾をする人が格段に減ってきた。

▲とは言え、強力な技であることに変わりはないローアインの奥義。完全に無傷で避けきるのは至難の技で、体力が逆転しようものなら、奥義解除後にすべての設置技を駆使してトドメを刺しに行ける強みがある

ファスティバ


【ダイヤグラム協力:小路KOG(@kkkog)】

僭越ながら、この記事の筆者である私が、このキャラクターの評価をつけさせていただきました。フェリ、ローアイン、ゼタが不利、それ以外のキャラが5分というよく分からない結果となりましたが、これは投げキャラ特有の密着まで近付ければなんとかなる、という考えのもとに作成されています。

▲の相手はそれなりに近付けるチャンスがあり、×のキャラクター群はかなり近付くのに難儀します。

基本的に投げキャラは不利なキャラが多いパターンがほとんどなので、このダイヤグラムだけ見れば「強い投げキャラ」と感じるかもしれません。

▲システム的にコマンド投げが強く、対の選択肢である打撃がめちゃくちゃ減るのがファスティバの使っていて楽しいポイント。奥義が優秀なので、飛び道具に対してあまり困っていないのも評価が高い

メーテラ


【ダイヤグラム協力:タヒチ(@tahichi0814)】
超遠距離シューティングキャラと見せかけた攻めキャラ。フェリとの大きな違いは、強力な起き攻めに行くチャンスが少なく、遠距離だけではまず相手を倒しきれない点。

その代わり「ゼファー」を使った、全キャラの中でもTOPクラスの自由度の高い機動力を持つ。やはり強キャラと言われているカタリナやランスロットが辛い模様。

しかし、今回のダイアグラムではランスロット側もメーテラ戦を不利と主張しており、お互いの意見が真っ二つに割れる結果となっている。

将来的にどちらが有利(または五分)に落ち着くのか、お互いの動向に注目していきたい。

▲シューティングキャラだが、ラインを下げるだけでなくアグレッシブに攻めてもいいのがメーテラの大きな特徴。ただし、無敵技が奥義しかないので、調子に乗って攻めすぎると切り返された時に非常に厳しい展開となる。繊細さと大胆さの両方が必要なキャラクターだろう

ゼタ


【ダイヤグラム協力:匿名希望(????)】
匿名希望の強豪プレイヤーからダイヤグラムをいただけた。内容はファスティバが5分、ローアインとバザラガが有利、それ以外は全員不利と、かなり控えめな結果に。

空中で軌道変化ができる必殺技や、端から端まで届くビーム状の飛び道具など、彼女にしかない強みはいくつもあるのだが……。最上位キャラの通常技や必殺技、火力がズバ抜けていることに比べ、突出したものが少なくイマイチ評価が高くないのが現状のようだ。

▲優秀な当身である「ラプソディー」は頼れる技ではあるのだが、ゲームシステム上、ノーゲージで無敵技を打てるキャラクターの方が現時点では強キャラと言われている。しかし、伸び代が大きくあるキャラなのは間違いないので、ゼタのこれからの発展に期待したい

バザラガ


【ダイヤグラム協力:にのまえ(@n1nomae127)】
ほとんどのプレイヤーから有利、もしくはいない(対戦したことがない)という評価をつけられているバザラガ。しかし、このキャラクターで一番最初にSSSという未踏の地に辿り着いたにのまえ氏のダイヤグラムは、5分の組み合わせが多くかなり戦える性能だということがうかがえる。

足が重く、無敵技もないため、遠距離から攻め手があるキャラクターがとにかく厳しい印象。ただ、非常にリターンの高い端攻めや、「ソウルフォージ」を使ったアーマー付きの苛烈な攻撃など、ロマンがあるキャラクターなのは間違いない。

▲「クルードランページ」はバザラガを代表する必殺技。ここからの派生でガードクラッシュやコマンド投げ、逃げようとする相手に下段を刺したりと、さまざまな択で”圧”をかけていこう

まとめ


ダイヤグラム表とキャラクター考察記事、いかがでしたでしょうか?


もちろん、キャラクターの強さや相性差がすべてではありませんが、『グラブルVS』で少しでもキャラクター選びを迷っている方の参考になれば幸いです。

第3回目の記事が掲載される頃には、ダウンロードコンテンツのキャラクターも続々登場していると思います。

今後はそれらの新キャラクター達の情報も、タイムリーであげていきたいですね。今後ともどうか、宜しくお願い申し上げます!

また、Twitterの方でも、随時攻略動画等、『グラブルVS』に関する投稿を上げていますので、よろしければフォローして下さい!!

【小路KOGプロフィール】
JeSUライセンス保持で『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』にてワールドランキング1位の実力を持つオールラウンダーな格ゲーマー。プロゲーマーのほかにも、イベント業務全般を担当するマルチな才能を持っている。eスポーツに関わるビジネスで利益を上げつつ、ゲームの腕前は最強、というプロゲーマーの新たなロールモデルを目指すべく、日々勉強中。現在の目標はプロジェクトX出演。

Twitter:https://twitter.com/kkkog


© Cygames, Inc. Developed by ARC SYSTEM WORKS
【連載】プロゲーマー小路KOGの「勝つための『GBVS』立ち回り指南」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コラム VIEW ALL