【連載】5分でわかる人気のeスポーツタイトル

世界中の子どもから大人まで熱中! バトルロイヤルゲーム『フォートナイト』【5分でわかる人気のeスポーツタイトル】

2021.6.29 eSports World編集部
今回ご紹介させていただくのは、今や3憶5000万人以上のプレイヤーを誇る世界的人気作『フォートナイト』。どんなゲーム内容か知らなくても。ゲーム名は聞いたことがあるのではないでしょうか。

PC、PlayStation 、Nintendo Switch、Xbox、Androidデバイスなど、さまざまなプラットフォームで遊べることもあり、小学生から大人まで幅広い世代に支持されています。

『フォートナイト』ってどんなゲーム?


▲© 2021, Epic Games, Inc. Epic

『フォートナイト』とは、米Epic Gamesが2017年にリリースしたオンラインゲーム。

「バトルロイヤル」「パーティーロイヤル」「クリエイティブ」「世界を救え」4種のゲームモードで遊ぶことができます。

中でも一番人気なのは「バトルロイヤル」モード。バトルバスに100人のプレイヤーが乗り込み、一斉に巨大な島に上陸。武器やアイテムを収集しながらバトルを行い、最終的に生き残った1名が勝利するというルールです。1人で戦う「ソロ」、2人でペアになって戦う「デュオ」、4人1組のチームで戦う「スクワッド」が選べるので、友達と作戦を練りながら遊ぶことができます。

『フォートナイト』ならではの特徴


『フォートナイト』には4種のゲームモードがあります。対戦で遊ぶなら「バトルロイヤル」。ミニゲームや映画などのコンテンツを楽しむなら「パーティーロイヤル」。自分専用の島で自由に建築を作り込むなら「クリエイティブ」。そして「世界を救え」は有料モードで、PCと対戦できます。

【バトルロイヤル】
一番メジャーなモード。100人のプレイヤーがバトルバスに乗り込み島へと降下。武器や防具などを使って戦い、身を守るやぐらや壁を建築して身を守りながら、最後の1人を目指します。1位になった人は「Victory Royale​」通称「ビクロイ」となり、特別なアイテムがもらえます。

時間が経つと「ストーム」と呼ばれるゾーンが現れ、プレイゾーンを狭めていきます。ストーム内にいるとダメージを受けるので、早めに安全地帯に移動することも忘れてはいけません。

【パーティーロイヤル】
フォートナイトの実験的で進化を続ける空間です。ミニゲームをはじめ、映画や有名なアーティストのライブなどに参加することができます。

最近特に注目されたのが、米津玄師さんによるバーチャルライブイベントです。まさか、あの米津玄師さんがフォートナイトでライブイベントを開くとは、誰も想像していなかったでしょう。

【クリエイティブ】
最大16人の参加が可能。自分だけののオリジナルの島を作ることができます。オリジナルの島では好きなルールを設定でき、好きな友だちとプレイ可能です。さらに他人が作った島で遊ぶこと、普段戦うことのないフレンドと1対1の勝負をすることもできます。

クリエイティブハブからは、 自分の島、サーバーに参加しているフレンドの島はもちろん、 コミュニティに選出されたおすすめの島へ行くこともできます。

バトルロイヤルで遊ぶのに自信がない人は、こちらで練習するのもよいでしょう。

【世界を救え】
最大4人の参加が可能。コンピューターとの対戦がメインの有料ゲームモード。広大なフィールドを探索してヒーローや武器を入手&育成。基地の建設、トラップをしかけてさまざまなモンスターからタワーを守ります。バトルロイヤルでは味わうことのできないやりこみ要素が満載です。


『フォートナイト』を遊ぶのに必要なお金は?


『フォートナイト』は基本的に無料で遊べます。課金することでキャラクターが強くなることはありません。

『フォートナイト』には主人公となるキャラクターはなく、バトごとに変更します。ですが、課金をすることで見た目を変更することができ、購入したコスチュームやラップのまま遊ぶことができます。

▲© 2021, Epic Games, Inc. Epic

▲© 2021, Epic Games, Inc. Epic

課金には、アイテムをセットで購入できる「バトルパス」と、単品で購入できる「日替わりショップ」のアイテムがあります。まずはゲーム内通貨「V-BUCKS」を購入。ゲーム内の有料なものはこの「V-BUCKS」で購入します。

バトルパスは1,000V-BUCKS、2,500V-BUCKS、6,000V-BUCKS、10,000V-BUCKSで購入できます。1,000V-BUCKSは約1,000円と思えばいいでしょう。

課金すると購入できるものは以下のものです
  • スキン(キャラクターの見た目が変更できる)
  • ラップ(武器や乗り物の見た目を変更できる)
  • ツルハシ(収集ツール)
  • グライダー
  • エモート(ダンス)
  • バックパック
  • ミュージック(ロビーのBGMが変更できる)
スキンやエモートのラインアップは定期的に変わるので、購入をためらっているといつの間にか販売が終了してしまいます。欲しいと思ったときに買っておきましょう。

『フォートナイト』の一人用/オンラインマッチは?


一人で遊ぶなら「バトルロイヤル」のソロモードか、「クリエイティブ」になります。

「初心者だからいきなりバトルロイヤルで戦うのはちょっと……」という人は、「クリエイティブ」でバトルや建築の練習をしてからチャレンジするのもいいでしょう。

「クリエイティブ」で自信がついたら「バトルロイヤル」でプレイし、ビクロイを目指してください!!

『フォートナイト』を遊んでほしい! 3つの魅力


▲© 2021, Epic Games, Inc. Epic

(1)他のシューティングゲームにない”建築”という要素


最大の魅力は、一般的なシューティングゲームにはない「建築」という要素です。

アイテムの「ツルハシ」を使うことで、島にある木や岩、車などを破壊することができます。破壊して得た素材は、銃撃戦で敵の攻撃を防ぐための壁を作ったり、家の屋根や高い崖などを登るための階段を作ったりすることができます。

壁や階段などの遮蔽物があることで、敵から攻撃を受けにくくなり、バトルを優位に進めることができます。ただ戦うだけでなく、建築のスキルも上げておくと有利になります。

(2)初心者でも楽しめるマッチ構成


フォートナイトでは、なるべく同じ腕前のプレイヤー同士が遊べるように作られています。そのため「自分より上手な人とチームを組んだとき、迷惑をかけてしまうのではないか」という心配をせずにプレイできます。

(3)ゲーム内で話しながら遊ぶことができる


”ボイスチャット機能”というゲーム内で話すことのできる機能がついています。ボイスチャット機能を使うことで、友達や家族とワイワイ話しながらゲームをプレイすることができます。

また、一緒のチームになった人と話せる機会にもなるので、フォートナイトを通じて友達を作ることもできます。

国内外のeスポーツの盛り上がりは?


▲© 2021, Epic Games, Inc. Epic

世界大会「Fortnite World Cup 2019」


コロナの影響で2020年、2021年の世界大会は中止になっています。2019年にアメリカのニューヨークで行われた「Fortnite World Cup 2019」は2019年4月に予選を開始し、なんと4000万人以上のプレイヤーが大会に参加。実際に予選を通過できるのはたった約200名のみでした。

世界規模の大会というだけありプレイヤーのレベルはもちろん、優勝賞金も驚くべき金額です。まず「Fortnite World Cup 2019には、以下3つの競技部門がありました。

  • 100人の中で頂点を決めあう、ソロ部門
  • 二人でチームを組み、50チームの中で頂点を目指す、デュオ部門
  • 決められたステージでいかに好成績を残すかを競う、クリエイティブ部門

上記それぞれの大会の優勝賞金ですが、なんと約3億3000万円という日本のeスポーツ大会では考えられない規模の金額でした。また「Fortnite World Cup」全体としての賞金総額も驚くべき金額で、なんと32億6000万円! 大会としては考えられない規模の金額です。賞金総額を聞いただけでも、世界規模の大会ということを実感しますよね。

2019年の大会で最も注目された選手は、ソロ部門史上初の優勝者となった”ブーガ”というアメリカ人の選手です。ブーガ選手は、最初の試合で9人のプレイヤーを倒し、見事1位を獲得します。その後、残り5試合では1位を取ることはできませんでしたが、総合的にはずっと1位をキープし続ける形となりました。

トッププレイヤーばかりの大会で、ずっと1位をキープし続けるというのは、優勝を獲得する以上にすごいことですよね。

国内大会「Play at Home Cup 2020」



国内では、2020年7月4日と11日に、フォートナイトのオンライン大会である「Play at Home Cup 2020」が行われました。この大会はコロナの感染予防の一環として「家にいても楽しめる」イベントとして実施。ステイホームの意識啓発を目的に企画したものでした。応募数は2,000名以上。抽選で選ばれた約500名がオンライン予選に参加しました。

賞金は、優勝者にamazonギフトカード5万円分とNephrite(ネフライト)選手との 1時間プレイ券。準優勝者はamazonギフトカード3万円分、3位はamazonギフトカード1万円分、4位・5位はamazonギフトカード5,000円分でした。

7月11日に行われた決勝大会では、予選を勝ち抜いた95名のプレイヤーに加え、ゲストとしてプロゲーマーであるNephriteさんが試合に参加。優勝は16歳の男子高校生「まずぃーーーーーーーーーー」さんでした。決勝大会の様子は、Nephriteさんと同じプロゲームチームで活動している、Zelarlさんのチャンネルで観ることができるので、気になった方はぜひご覧ください。

まとめ


▲© 2021, Epic Games, Inc. Epic

今回は、eスポーツタイトルの『フォートナイト』というゲームについての魅力をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

フォートナイトは、パソコンやスマホ、家庭用ゲーム機さえあれば、誰でも無料でプレイすることができます。実際にプレイしてみるとわかりますが、世界大会で活躍している選手は、あり得ないほどうまいです。

この機会に、ぜひ一度遊んでみてはいかがでしょうか?


Fortnite(フォートナイト)

ジャンル:バトルロイヤルゲーム
価格:基本無料(アイテム課金制)
【Google Play版】必須環境:Android OS 8.0以上、最低4GB RAM、GPU: Adreno 530以上、Mali-G71 MP20またはMali-G72 MP12以上のデバイスに対応
【PC版】必須環境:Windows7/8/10 64bit、20GB以上の空き容量

フォートナイト公式サイト:https://www.epicgames.com/fortnite/ja/home


【連載】5分でわかる人気のeスポーツタイトル

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます