【連載】プロゲーマー九条の「初心者でも勝てる!『Apex Legends』指南書」

【第3回】プロゲーマー九条の初心者でも勝てる!『Apex Legends』指南書【シーズン7の変更点や新たな要素】

2020.11.30 九条
初めまして、「SG8/SUSANOO GAMING8」所属のプロゲーマー九条と申します。

前回に引き続き、今回も『Apex Legends』をはじめたばかりの方におすすめの情報をご紹介いたします。
今回は、2020年11月5日(木)に配信されたシーズン7についてご紹介していきたいと思います。

『Apex Legends』をはじめたばかりの方の参考になれば幸いです。

新レジェンド「ホライゾン」



アビリティ

戦術アビリティ “グラビティリフト”
重力の流れを逆転させてプレイヤーを上に運び、脱出時にブーストをかける。パスファインダーがいなくても素早く高所を取ることができる。また、グラビティリフトにのったまま射撃することも可能である。


パッシブアビリティ “スペースウォーク”
ホライゾン独自の宇宙服で空中制御を向上させて、落下の衝撃を抑制する。高所から降りても硬直がないためすぐ移動したり戦闘することができる。

アルティメットアビリティ “ブラックホール”
ニュートを展開してプレイヤーを吸引する極小ブラックホールを生成し、最後に重力の爆発で攻撃する。ブラックホールに敵を集められるため、そこに投擲武器を投げることで一気に倒すことができる。屋内や狭い通路などで特に有効活用しましょう。ただし、ニュートが壊されることで解除されるので注意が必要です。



新マップ「オリンパス」



今回のマップは天空都市が舞台となっている。SFの世界にいるような街並が特徴だ。景色がとても綺麗で散策しているだけでも楽しめるマップである。

マップは広すぎず狭すぎない絶妙な大きさですが、乗り物が追加されたことにより移動が早くなったため、漁夫の利を狙うパーティーが多く1度戦闘が始まると長期化することも少なくありません。

そのため戦闘する際はなるべく早く戦闘を済ませるか、他のパーティーが来てもすぐに引くことのできる位置で戦闘するなど戦闘場所に気をつけることをおすすめめします。

また、このマップはひらけている場所が多いため、ジブラルタルをパーティーに入れることをお勧めします。

■全体マップ


激戦区について


このマップでの現状の激戦区についてです。激戦区とは、物資は豊富ですが多くのパーティが集まる場所のことです。物資が豊富なため降下するパーティが多いので、序盤から戦闘が始まります。物資が拾えず倒されてしまうことも少なくないので、始めはおすすめめしません。

▲黄色の円で囲まれているのが激戦区

おすすめの降下地点


このマップでの現状のおすすめの降下地点です。比較的物資が多く、他のパーティーと被りにくい地点になります。

▲青色の円で囲まれているのがおすすめの降下地点

周りも見ながら降下し、同じ降下地点に敵がいなさそうなら味方と違う建物で物資を探すようにしましょう。敵がいる場合はあまり仲間と離れず素早く物資を探しましょう。

乗り物「トライデント」


『Apex Legends』初の乗り物「トライデント」が登場しました。これによりマップ内を素早く移動できるようになりました。


特徴

  1. 基本的には移動を目的としているため、敵プレイヤーに衝突してもダメージを与えることはできません。
  2. 運転手以外のプレイヤーは乗った状態で射撃や回復をすることは可能です
  3. トライデントには、ジブラルタルのプロテクトシールド(ドーム)やコースティックのガストラップ、ランパートのシーラ(ミニガン)を設置することができます
  4. ブースト機能があり加速することができます

▲右下にあるのがブーストゲージ

トライデントにはブースト機能が備わっており、加速することができる。クールダウン時間があるため連続しての加速はできないが、ゲージがたまると再度使うことができる。

新アタッチメント「クイックドローホルスター」


ウィングマンとRE-45に装着することができる新しいアタッチメント。装着することにより、エイム速度が向上し腰撃ちの精度が高くなる。


新要素「クラブ」


クラブは新しいソーシャル機能で、コミュニティの構築と戦闘部隊の編成をサポートしてくれます。クラブではクラブメイトと交流をしながら、彼らの近況を確認し、クラブ全体を対象としたパーティー招待を送ることができます。


クラブ作成


ここではクラブを作成することができます。クラブを作成する際は以下の項目を決めることができます。


名前:16文字までのクラブ名
タグ:4文字までの短縮名。名前の左側に表示される
ロゴ:クラブを象徴するロゴを作成できる
プライバシー設定:クラブに参加するための条件を設定できる
検索タグ:あらかじめ用意されている検索タグの中から最大5つまで設定できる

クラブ参加


ここではクラブを検索することができます。公開制クラブと制限付きでも条件を満たしているクラブでは簡単に参加することができます。


ただし、参加がリクエスト制になっているクラブの場合は、加入依頼の送信をし、クラブの管理者に承認されることで参加できるため少し時間がかかります。

クラブ内の権限


クラブでは、設立者がメンバーに役割を与えることができます。与えられる役割は以下の通りです。

一般兵:
クラブ加入時のランクです。一般兵はクラブメイトと招待を送受信することができ、チャットにも参加できます。

キャプテン:
キャプテンはクラブの人材発掘役です。一般兵の権限に加えて、キャプテンはメンバー候補に招待を送信できます。

管理者:
管理者は、オーナーに最も近い権限を持ちます。キャプテンの権限に加えて、管理者は一般兵やキャプテンを追放したり、クラブ設定を変更したり、告知を発表したり、クラブメンバーに対して提出された苦情を確認したり、一般兵をキャプテンに昇格させることができます。

オーナー(設立者):
デフォルト設定では、クラブの作成者がオーナーとなります。管理者のすべての権限に加えて、プレイヤーを管理者に昇格させて、任意のメンバーをクラブから追放することができます。

Steamでもプレイ可能に!


シーズン7からSteamからのApex Legendsがプレイできるようになりました。Originでのアカウント情報をそのまま引き継ぐことができます。また、引き継ぎ後『Apex Legends』を起動すると、限定チャームを入手することができます。



変更点


ここからは既存の変更点を紹介してきます。

武器の調整


R-99:
ケアパッケージ武器から通常武器に変更された

プラウラー:
通常武器からケアパッケージ武器に変更された

ヘムロック:
バースト時の反動が増加した
単発時の反動が減少した
ヘッドショットダメージの倍率が2.0から1.75に減少した

ハボック:
反動パターンが変更された

Lスター:
反動パターンが変更された
トリガーを離した後のベント時間が0.4秒から0.15秒に短縮された
オーバーヒートしてない場合の熱の低減時間が短縮され、99.9%から0%のチャージまでにかかる時間が1.15秒になった

センチネル:
チャージ状態のベースダメージが70から88に増加した
チャージ状態の場合、対シールドのみのボーナスダメージではなく、純粋なダメージが増加するようになった

トリプルテイク:
発射速度が1.3から1.2に変更された

レジェンドの調整


バンガロール:
・ローリングサンダー
爆発にかかる時間を8秒から6秒に短縮された

コースティック:
・Noxガストラップ/Noxガスグレネード
ガスの中でレジェンドの視界がぼやけなくなった
ダメージが4-10から6-12のダメージに変更された

ミラージュ:
・サイクアウト/パーティーライフ
デコイの体力が45になった

オクタン:
・高速回復
回復速度が2倍速 (0.5 HP/秒から1.0 HP/秒)になった

ワットソン:
・周辺セキュリティ
接触毎のダメージを10から15に増えた

ローバ:
・ブラックマーケット
弾薬がブラックマーケットの最大値にカウントされなくなったため、制限なく弾薬を入手できるようになった

ランパート:
・シーラ
完全に回転するまでの時間が2秒から1.25秒になった
・増幅バリケード
完成までの時間が4秒から3秒になった

パスファインダー:
・仕様
ヒットボックスが変更された
・グラップリングフック
パスファインダーが地上にいなくても、グラップリングフックの移動が終了したと見なされるようになった。
グラップリングフックの移動が終了したと見なされるスピードが、300ユニット/秒から500ユニット/秒に増えた。
グラップリングの最大クールダウンが、35秒から30秒に短縮された。また、次のクールダウンまでの最大移動時間が、無制限から5秒に変更された。
最大クールダウンに達するまでの移動可能距離がおよそ2倍になった。

クロスプレイ


PC版ではクロスプレイをオフにすることができなくなりました。

ボディーシールド


進化に必要なダメージが変更されました。変更後は以下の通りです。

■レベルと次の進化に必要なダメージ数
レベル0→レベル1(白):100
レベル1(白)→レベル2(青):150
レベル2(青)→レベル3(紫):300
レベル3(紫)→レベル5(赤):750

パルスダメージ


パルスダメージも変更されました。1.5秒後に受けるダメージ量の変更後は以下の通りです。

ラウンド1:2%
ラウンド2:3%
ラウンド3:5%
ラウンド4:10%
ラウンド8:10%
ラウンド6:15%
ラウンド7:15%
ラウンド8:15%

まとめ


新たなマップ「オリンパス」は、漁夫の利を狙うパーティーが多く一度戦闘が始まると長期化することも少なくありません。

そのため戦闘する際はなるべく早く戦闘を済ませるか、他のパーティーが来てもすぐに引くことのできる位置で戦闘するなど戦闘場所に気をつけよう。

また、このマップはひらけている場所が多いため、ジブラルタルをパーティーに入れると安定して勝つことができるのでおすすめ!

自分に合ったレジェンドや武器を見つけてシーズン7も楽しみましょう!

【九条プロフィール】

「SG8 / Susanoo Gaming 8 」所属。FPSを未経験から、わずか1年でプロゲーマーへと進化を遂げた努力家ゲーマー。ゲーム歴1年の新人FPSプレイヤー。すべてのレジェンドにて20キル4,000ダメージを達成。すべてのシーズンのランクマッチにてプレデターを達成。

Twitter:https://twitter.com/enckexvy
【連載】プロゲーマー九条の「初心者でも勝てる!『Apex Legends』指南書」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます