【連載】プロゲーマー九条の「初心者でも勝てる!『Apex Legends』指南書」

【新連載】プロゲーマー九条の初心者でも勝てる!『Apex Legends』指南書【シーズン6 変更点と新たな要素】

2020.9.11 九条
初めまして、「SG8/SUSANOO GAMING8」所属のプロゲーマー九条と申します。
この度、eSports World にて『Apex Legends』に関する記事を執筆させていただくこととなりました。
よろしくお願いします。

初回となる今回は、シーズン6の変更点と新たな要素について解説していきたいと思います。

シーズン6 変更点


まずは新シーズンの変更点を紹介していこう。

マップ


ワールドエッジのマップが変更された。ミラージュボヤージュが削除され、新たにカウントダウン・中継地点・発射場の3つのエリアが追加された。

▲黄色の四角で囲われたエリアが削除された場所。赤の丸で囲われたエリアが追加された場所

カウントダウン・発射場は特に物資が豊富に落ちているため、降下におすすめ。ただし、人気エリアに挟まれているので戦闘する際は漁夫が来ることが多いので気を付けよう。

ボディーシールド


マップ上に出現するボディーシールドは、金ボディーシールドを除き、すべて進化式ボディーシールドに変更された。また、初期装備としてボディーシールドのレベル0を装備するようになった。

■レベル0
耐久度:0
次の進化に必要なダメージ数:50

■レベル1(白)
耐久度:50
次の進化に必要なダメージ数:125

■レベル2(青)
耐久度:75
次の進化に必要なダメージ数:250

■レベル3(紫)
耐久度:100
次の進化に必要なダメージ数:500

■レベル5(赤)
耐久度:125
次の進化に必要なダメージ数:—

■レベル4(金)
耐久度:100
次の進化に必要なダメージ数:—

武器の調整


各武器でさまざまな調整が行われた。SRの強化が影響して遠距離での戦闘をすることが多くなっている。中~遠距離に対応できるSRやG7スカウトを持っていると有利に進められる。

■ディボーション
ケアパッケージ武器から通常武器に変更された

■ハボック
ターボチャージャーを装着できるようになった
反動パターンが変更された

■R-99
通常武器からケアパッケージ武器に変更された
ダメージが11から12に増加した

■P2020
ダメージが11から15に増加した
ハンマーポイントを装着時のダメージ倍率が2.7倍から2.35倍に減少した

■プラウラー
バーストモード時、垂直方向の反動が減少した
フルオート時、水平方向の反動が増加した

■ヘムロック
バーストモード時、垂直方向の反動が減少した
バーストモード時の発射時間が0.32秒から0.28秒に減少した

■スピットファイア
反動制御のしやすさが向上した

■ピースキーパー
プレシジョンチョークの切り替えができるようになった

■モザンビーク
装弾数が3発から4発に増加した

■トリプルテイク
プレシジョンチョークが標準装備になった
装弾数が5発から6発に増加し、各マガジンも1発ずつ増加した

■センチネル
ボディーシールドレベル4(金)を装備時、チャージに必要なシールドセルがふたつからひとつになった

■チャージライフル
1度発射するのに2発使用するようになった
装弾数が4発から8発になった

レジェンドの調整


レジェンドもわずかな調整が行われた。中でもブラッドハウンドとクリプトが大幅に強化された。調査ビーコンも使用できるようになり、索敵もできるためパーティにどちらかがいると有利に戦闘を進められるようになった。どちらかはパーティに欲しいところである。

■ブラッドハウンド
調査ビーコンを使用できるようになった
アルティメットアビリティ使用時、ノックダウンまたは、キルすると残り時間に応じてさらに時間が延長されるようになった
アルティメットアビリティ使用中に戦術アビリティを使用した際、クールダウン時間が短くなり6秒になった
アルティメットアビリティ使用時に戦術アビリティを使用した際、発動するまでのモーション速度が半分になった

■ジブラルタル
アルティメットアビリティのクールダウン時間が長くなった

■パスファインダー
調査ビーコンを使用する度に、アルティメットアビリティのクールダウン時間が減少する

■レイス
アルティメットアビリティのクールダウン時間が長くなった

■バンガロール
アルティメットアビリティのクールダウン時間が短くなった

■オクタン
回復中に戦術アビリティを使えるようになった

■ワットソン
アルティメットアビリティがコーステックのガストラップを破壊するようになった

■クリプト
調査ビーコンを使用できるようになった
スパイドローンを使用して調査ビーコンを使用できるようになった
スパイドローンのヒットボックスが2倍になり、HPも2倍になった
アルティメットアビリティ発動時、味方もスロー効果を受けるようになった

■レヴナント
アルティメットアビリティを使用後、デストーテムに戻ってきた際、2秒間はレイスのポータルには入れないようになった

■ローバ
アルティメットアビリティのクールダウン時間が短くなった

新レジェンド「ランパート」登場!


シーズン6では、新レジェンドとして「ランパート」が追加された。ランパートのスキルは以下の通りである。



■戦術アビリティ「増幅バリケード」
「増幅バリケード」は同時に5つまで展開することができる。ただ展開中に1発でもバリケードを撃たれると壊れてしまうので注意が必要。

■パッシブアビリティ「改造ローダー」
LMGやミニガンを使用中に装弾数が増え、リロード時間も短縮される。ランパートを使用する際は、LMGを持つことで戦闘を有利に進めることができる。

■アルティメットアビリティ「ミニガン シーラ」
最大3つまで設置できる。装弾数は173発で、高速で連射することができる。リロードにやや時間を要するが弾数に制限がないため撃ち続けることができる。また増幅バリケードと併用することで安全に撃ち続けることができる。

▲このようにあらかじめ場所を取り、増幅バリケードとミニガン「シーラ」をおくと有効的だ

▲シーラを使用中の視点

設置型のアビリティのため、早めに場所を取っておくことで戦闘を有利に進められる。使用する際はリング縮小を見て早めに移動しよう。

新武器「ボルト」


高い威力を誇るエネルギーSMGとして登場!
R-99の代わりに持つ人が多く、人気を博している。リコイル制御もさほど難しくないので、見つけたら優先的に持っておきたい武器だ。


新要素「クラフト」


素材を集めることにより、新たなアイテムを作成することが可能になった。マップ上に点在している特定のデバイスから素材を抽出したり、サプライボックスを開けることで手に入る素材を集め、レプリケーターに入れることでアイテムをクラフトできる。


※クラフトローテーションにあるアイテムはマップ上に出現しないため注意が必要。

▲上段がウィークリー、下段がデイリー

まとめ


マップには新しいエリアも増えたが、細かく修正された部分も少なくない。新たに増えたジップラインや橋なども覚えておくと戦闘が有利になる。早めに確認して覚えておこう。

新要素のクラフト機能は定期的に入れ替わるのでしっかり確認しよう。バックパックがクラフトローテーションにあることも少なくないため、その日は序盤から 優先的にクラフトしに行こう。

全体的な調整としては全シーズンよりも戦闘の幅が広がったので、各レジェンドが活躍できようになった。自分に合ったレジェンドや武器を見つけて楽しもう!

【九条プロフィール】

「SG8 / Susanoo Gaming 8 」所属。FPSを未経験から、わずか1年でプロゲーマーへと進化を遂げた努力家ゲーマー。ゲーム歴1年の新人FPSプレイヤー。すべてのレジェンドにて20キル4,000ダメージを達成。すべてのシーズンのランクマッチにてプレデターを達成。

Twitter:https://twitter.com/enckexvy
【連載】プロゲーマー九条の「初心者でも勝てる!『Apex Legends』指南書」
  • 【新連載】プロゲーマー九条の初心者でも勝てる!『Apex Legends』指南書【シーズン6 変更点と新たな要素】

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます