【連載】見て覚えるシリーズ

【見て覚えるシリーズ】『ストリートファイターV』VスキルII 一覧:シーズン4キャラクター編

2020.2.9 井ノ川結希(いのかわゆう)
2016年2月18日に発売され、今もなおeスポーツ格闘ゲームジャンルにおいて、不動の人気を誇っている「ストリートファイターV」シリーズ。2019年11月18日には、大型アップデートが配信され、新システム「VスキルII」が実装。さらに2020年2月14日には、これらすべてが含まれる『ストリートファイターV チャンピオンエディション』が発売される。

『ストリートファイターV チャンピオンエディション』に先駆け、新たに追加された「VスキルII」をシーズンキャラごとに紹介していく本シリーズ。今回は、シーズン4に追加された、影ナル者、ポイズン、エドモンド本田、ルシア、ギルといった全5キャラの「VスキルII」を紹介していこう。

なお、本連載は動く画像(アニメーションGIF)を使用している。ニュースサイト経由では正しく表示されないこともあるので、画像が静止画だった場合は、スマートフォンデフォルトのブラウザで記事を見てほしい。

影ナル者



■赤影拳(せきえいけん)
前方に向かって大きく飛び上がり、拳を振りおろして攻撃する。方向キーを前に入れながら発動すればより遠くへ飛ぶことができる。ガードされてもスキが小さいので気軽に使っていけるのが強み。また、カウンターヒットすればしゃがみ小パンチが繋がる。


VトリガーI 発動中は軌道がより強力になり、ヒットした相手を大きく打ち上げることができる。もちろん、そこから追撃も可能だ。

ポイズン



■カートウィール(かーとうぃーる)
側転しながら前方に移動するスキル。ボタンを入力し続けることでサマーソルトキックへと派生する。側転は相手をすりぬけることができるので、相手の背後に回ることも可能だ。

エドモンド本田



■肩屋入り(かたやいり)
使用後は必殺技「百烈張り手」を強化することができる。強化することでスキが少なくなりコンボのバリエーションが増えるだけでなく、すべての通常技や特殊技にキャンセルがかけられるようになる。

発動後は「百烈張り手」を発動しない限り効果が持続するので、スキを見て使っていくといいだろう。なお、効果中は腕から湯気がでている。

ルシア



■アレストヒール(あれすとひーる)
大きくジャンプして豪快な踵落としを繰り出す。飛び道具をかわすには十分なジャンプ力があり、ヒットすれば相手をダウンさせることができるので、そのまま攻めを持続させやすい。ただし、ガードされるとスキが大きく、反撃されやすいので過信は禁物。


必殺技「ガンスモーク」の最中にコマンドを入力すると「ナビングニードル」に技が変化。飛び膝蹴りで相手を攻撃する。こちらはガードされてもスキが小さいので気軽に使っていける。カウンターヒットすればしゃがみ小パンチなどが繋がる。

ギル



■ブロッキング(ブロッキング)
投げ以外の攻撃を受けとめることができる。ブロッキング成功後は移動以外の行動で硬直をキャンセルできる。即座に反撃に出られる使い勝手のいい技だ。


ブロッキングをブロッキングでキャンセルして相手の連続攻撃をブロッキングし続けることも可能。相手の攻撃のタイミングを理解できれば、より強力な技となるだろう。



いかがだっただろうか。見慣れない技はいきなり出されると戸惑ってしまい、相手の思うつぼになりがち。ここで各スキルの特徴やモーションを覚えて、とっさに判断できるようにしておこう。

©CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コラム VIEW ALL