【eスポーツ大会動画アーカイブ】日本勢の活躍がめざましい「ストリートファイター」シリーズの世界大会「カプコンカップ」

2020.1.7 eSports World編集部
eスポーツの大会は日本のみならず、世界各国でさまざまな種目が開催されている。そのなかでも世界王者を決める大きな大会を「eスポーツ大会動画アーカイブ」シリーズとして、その歴史を紹介していこう。


ストリートファイターシリーズの世界大会「カプコンカップ」


カプコンカップ」は2013年に開始された格闘ゲームの世界大会。その名の通り、主催はカプコンで、おもに「ストリートファイター」シリーズが競技タイトルとなっている。

▲2016年以降は「ストリートファイターV」シリーズが競技タイトルとなっている

なお、2013年に開催された第1回「カプコンカップ」では、『スーパーストリートファイターIV AE2012』、『アルティメット マーヴル VS. カプコン3』、『ストリートファイター X 鉄拳Ver.2013』の3タイトルが競技タイトルとなっていた。

また2014年以降は、世界各国で開催される公式認定大会「カプコンプロツアー」の獲得ポイントにより出場が争われるようになった。

▲現在主流となっているポイント方式。1年を通して世界各国で開催される「カプコンプロツアー」にてポイントを稼ぎ、ポイント獲得者上位のプレイヤーが「カプコンカップ」へと出場できるのだ(出典:カプコンプロツアー)

歴戦の勇士を振りかえる
各年グランドファイナル紹介


ここからは年代ごとのグランドファイナル(優勝決定戦)の動画を紹介していこう

■2013年
【タイトル】スーパーストリートファイターIV AE2012
【優勝者】sako選手(日本)


■2014年
【タイトル】ウルトラストリートファイターIV
【優勝者】ももち選手(日本)


■2015年
【タイトル】ウルトラストリートファイターIV
【優勝者】かずのこ選手(日本)


■2016年
【タイトル】ストリートファイターV
【優勝者】NuckleDu選手(アメリカ)


■2017年
【タイトル】ストリートファイターV
【優勝者】MenaRD選手(ドミニカ共和国)


■2018年
【タイトル】ストリートファイターV AE
【優勝者】ガチくん選手(日本)


■2019年
【タイトル】ストリートファイターV AE
【優勝者】iDom選手(アメリカ)


2020年は「ストリートファイターV」シリーズは『ストリートファイター V チャンピオンエディション』にパワーアップ。新たなVスキルの追加や新キャラの追加など、さまざまな調整が行われている。この変化に選手はどのように対応してくるのか——。今年のカプコンカップも目が離せない!



カプコンプロツアー公式:https://capcomprotour.com/
YouTube公式チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCPGuorlvarThSlwJpyTHOmQ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます