『オーバーウォッチ2』をこれから始める人に真っ先に伝えたいこと!【新連載:ソニック10の絶対ハマれる『オーバーウォッチ2』の楽しみ方】

2022.10.19 Sonic10
eSports Worldをご覧の皆さん、どうも、ソニック10と申します!

自分は『オーバーウォッチ』を6年間やっているYouTuberです。ランクはトップ500を達成しています。実はかつて、『オーバーウォッチ』のプロチームに入っていた経験もあります!

よく使っているキャラはダメージのゲンジとトレーサーです。普段は『オーバーウォッチ』をはじめ、『ガンダムエボリューション』などの上達に役立てていただけるような攻略や切り抜き動画などを投稿しています。


今回、eSports World編集部からご依頼いただき、『オーバーウォッチ2』のリリースに合わせて、初めてプレイする方に『オーバーウォッチ2』の魅力や攻略法などをご紹介できればと思っています。

動画も日々公開していますので、記事と動画を連動させながらできるだけわかりやすく『オーバーウォッチ2』の楽しさをお伝えしていきますので、よろしくお願いします!


『オーバーウォッチ2』ってどんなゲーム?


『オーバーウォッチ2』は米国のBlizzard Entertainmentが開発・発売している、5対5で戦うチーム対戦FPSゲームです。初代『オーバーウォッチ』の続編で、ファンが待ち望んでいた神ゲーです!

前作が発売されたのは2016年5月。PlayStation4、PC、Nintendo Switchで展開され、すべてのハード同士でクロスプレイが可能な上、共通のアカウントを使えるクロスプログレッションにも対応。プレイするためにはゲーム本体の有料購入が必要で、ヒーローの外観を変える「スキン」や武器につけるアイテムの「チャーム」などの課金要素もありました。

しかし、『オーバーウォッチ2』は基本プレイ無料! 追加ヒーローの使用には課金するかゲーム内ポイントが必要になりますが、誰でもすぐに遊べるようになったんです!


さらに、個性豊かな「ヒーロー」(『オーバーウォッチ2』内のキャラクターの呼称)がいっぱいいて、カッコいい系からカワイイ系までいろいろです。見た目が好きなヒーローを選んで、これを機会にフレンドと楽しく遊んでみてください。

ヒーローは全部で22体

そして、これまでは基本的に人対人の対戦しかありませんでしたが、『オーバーウォッチ2』では2023年からストーリーがわかるようなPvE(プレイヤーvsエネミー)のコンテンツも出る予定です!


『オーバーウォッチ2』の楽しいところは?


『オーバーウォッチ2』はFPSタイトルではありますが、ヒーローによって戦い方がまったく違います!

2丁拳銃で瞬間移動しながら敵を機動力でかき回したり、剣で敵の攻撃を跳ね返して接近して斬ったり、エイムが必要ないハンマーで敵を殴りまくれるし、その他にもまだまだ魅力的なヒーローがいっぱいいます。

各ヒーローにはメイン武器とは別に、「アビリティ」と呼ばれる特殊能力が2つあり、さらに「アルティメット」と呼ばれる「必殺技」もあります! 自分が個人的に一番楽しい瞬間は、この「必殺技」を決めた時だと思っています。

ゲンジのアルティメット「龍撃剣」は斬撃が拡大し一撃で相手を仕留める!

例えば、タンクのシグマが敵をアルティメットの「グラビティ・フラックス」で集めて、そこにゲンジが忍者の剣「龍撃剣」で斬りまくって敵を一掃し逆転できた時などは爽快感MAX! チーム戦ならではのそういった連携が楽しめます!


『オーバーウォッチ2』のヒーローたちの魅力


『オーバーウォッチ2』の魅力は何と言っても、個性豊かなヒーローひとりひとりにストーリーがあるところ。ここまで各キャラクターのバックストーリーが描かれているゲームもなかなかないと思います。

しかも、それらはアニメとして『オーバーウォッチ』の公式YouTubeチャンネルから視聴可能!! 自分が使っているヒーローの過去の話を知ることで、思い入れのあるヒーローとその仲間やライバルとの関係も含めて楽しめるはずです。

ストーリーを簡単に説明すると、「オムニック」という自動制御ロボットたちが人類に反乱を起こし、それに対抗するため、世界各国から精鋭を集めたヒーロー集団「オーバーウォッチ」を設立する。しかし市民は少しずつ世界を救った彼らの存在を忘れていき……というものです。


そして、『オーバーウォッチ2』では無人ロボットたちが暴れる都市を守るために、ウィンストンとメイというふたりのヒーローが駆けつけるところから始まります。


公式のシネマティックトレーラーだけでなく、それぞれのヒーローにフォーカスした短編アニメーションがたくさんあるのも『オーバーウォッチ』の魅力のひとつです。自分が好きなヒーローのひとり、ゲンジが出てくるアニメも! ぜひゲームだけでなくアニメも見ながら、好きなヒーローを見つけてみてください!


ちなみに、『オーバーウォッチ2』になって新たに3人のヒーロー「キリコ」「ソジョーン」「ジャンカー・クイーン」が追加されました。詳しい話はPvEコンテンツで語られていくと思いますが、これまで登場してきたヒーローも少しずつ年を経て変わっているようです。





eスポーツとしての『オーバーウォッチ』


日本では最近あまり耳にしなくなったと思いますが、少し前まで初代『オーバーウォッチ』のプロシーンは、国内でもとんでもなく盛り上がっていました!

以前は日本にもたくさんのプロチームが競い合っており、公認リーグ「オーバーウォッチリーグ」につながるトーナメント大会が開催されたり、年に1回の世界大会「オーバーウォッチ ワールドカップシリーズ」には日本代表として2016年~2019年まで、日本人選手によるドリームチームで出場していました。しかし、国内で本格的なeスポーツリーグなどが立ち上がることはなく、最終的にどのチームも解散してしまいました。

ただ、当時の『オーバーウォッチ』の選手として、Stylishnoobさん、Shakaさん、SPYGEAさん、XQQさん、Depさん、じゃすぱーさんといった錚々たる面々が活躍していたと聞けば、その盛り上がりっぷりは伝わるでしょう。

2022年現在、『オーバーウォッチ』のプロeスポーツとして大会などが開催されているのは、北米を中心とした公式リーグ「オーバーウォッチ リーグ」です。バスケットボールの「NBA」や野球の「MLB」のように都市の名前を冠した20チームが存在し、年間をとおして選手たちがリーグ戦でしのぎを削っています。北米だけでなく、パリ、韓国、中国、欧州などのチームも存在します。

2022年の「オーバーウォッチリーグ」に参戦している20チーム(出典:https://overwatchleague.com/en-us/teams)

選手たちはチームオーナーが資金力を使って集めるのではなく、さまざまな大会で実績を残した選手をチームがスカウトする方式です。日本代表チームが挑戦することはありましたが、日本チームがリーグに入ることはできませんでした。唯一、2019年に日本人のta1yo選手が、「オーバーウォッチリーグ」初の日本人選手となり、2020年まで活躍していました!

ta1yo選手は2019年12月に当時のJUPITER(現ZETA DIVISION)からレンタル移籍のかたちで日本人初のオーバーウォッチリーガーに。現在もストリーマーとしてZETA DIVISIONに復帰している

『オーバーウォッチ2』が基本プレイ無料になったことで、再び日本でも人気に火がつけば、「オーバーウォッチリーグ」や「オーバーウォッチチャンピオンシップシリーズ」が日本やアジアからも参戦可能になるかもしれません。才能のある若いプレイヤーが増えるのも楽しみです!


初心者はどんなふうにプレイすればいいの?


そんな『オーバーウォッチ2』はそれほど敷居が高いゲームではありません。いきなり対戦するのではなく、ヒーローの性能を試してみたい人は「プレイ」→「トレーニング」→「練習場」を選びましょう!

使うヒーローは、見た目や技から好きなヒーローを選んでもいいと思いますが、最初は操作方法などを知る意味でも定番のヒーローを使ってみましょう。今回は初心者向けに強いと言われているヒーローを2人紹介します!

オススメヒーロー(1):ザリア


ひとり目はザリアです! 公式に発表されている難易度は「簡単」(星ひとつ)と初心者向けとされています。

国家を守るため、アスリートからヒーローへと転身したザリア


強いと言われている理由は、簡単に高火力が出せるからです!

ザリアの武器は、近距離ビームとエネルギー弾を射出するグレネードランチャーの2つ。これらを使い分けて戦います!

アビリティは自分と味方ひとりを守るバリアを付与し、なんとそのバリアに敵が攻撃すると、ダメージ量に応じて、攻撃力が上昇します!

そしてアルティメットは、重力の塊を発射し、撃った場所に近くの敵を引き寄せて逃がさない「グラビトン・サージ」!!

戦い方としては、敵のタイミングに合わせて味方か自分自身にバリアを張って火力を上昇させ、敵をビームで焼き尽くしましょう! アルティメットは敵を集めて、味方との火力を合わせて一網打尽にできますよ!




オススメヒーロー(2):ゲンジ


ふたり目のオススメは、「ダメージ」の役割のゲンジ! 難易度は「難しい」(星3つ)とされています。

兄から瀕死の重傷を負わされサイボーグとなったゲンジ


強いと言われている理由は、自由度の高さとその火力です。

ゲンジの武器は手裏剣。中距離の敵には高精度の手裏剣を3連射し、近距離の敵には3本の手裏剣を同時に投げて広範囲に大きなダメージを与えます!

アビリティは2つあります、ひとつ目は「木の葉返し」という技で、自分に向かってくる遠隔攻撃をはね返し、近接攻撃はブロックしてダメージを受けないようにできます! ただし、ザリアのようなビーム系の攻撃ははね返せません。

次の能力は「風斬り」です。前方に斬り込み、ダメージを与えてくれますが、敵を倒すと即座にもう一度使えます。壁を上ることもできますよ!

アルティメットは「龍撃剣」! 超強力な接近攻撃をお見舞いする技ですね。

理想的な戦い方は、手裏剣で敵にダメージを与えて、「木の葉返し」で敵の攻撃をはね返しながら近づき、「風斬り」で敵を斬り込みながら裏に回って「龍撃剣」で敵にとどめを刺しましょう!



『オーバーウォッチ2』にはほかにもさまざまなヒーローが登場しますが、ちなみに、自分の好きなヒーローはトレーサー、ゲンジ、D.va(ディーヴァ)です。

トレーサーは能力で瞬間移動することができて、なんと時間を遡る能力もあります! ゲンジは日本のヒーローで手裏剣と刀を使い、必殺技の「龍神剣」が超カッコいい! D.vaはとにかくカワいくて必殺技の「自爆」で周囲の敵をぶっ倒して一発逆転狙えちゃいます(笑)。


最低限知っておきたい「ロール」のハナシ


こんなふうにたくさんのキャラがいますが、実はキャラによってはロール(役割)があります。

サッカーやバスケットボールといった多人数のスポーツでも、全員がまとまりなく動いていたら攻撃や守備がうまくいきませんよね。『オーバーウォッチ2』にも、ヒーローの特性に応じて、それぞれ最適なポジションが3つあるんです。ヒーロー選択画面で3つに分かれているのでわかりやすいと思います。

ヒーロー選択画面で分けられているのが「ロール」。攻撃方法や特徴は異なるが、その枠の中でプレイするのがセオリー

「タンク」は味方を守るのが仕事、「ダメージ」(DPSとも呼ばれます)は火力を出すのが仕事、「サポート」は回復をするのが仕事です。

「トレーニング」モードで技を確認してみて、ひととおり技を覚えたら「アンランク」や「アーケード」からとりあえず始めてみてください。


まとめ


というわけで、まずは『オーバーウォッチ2』というゲームの特徴や魅力、eスポーツシーンの現状をご紹介しました。

次回からは、実際にどんなふうにプレイすればいいのか、まったくの初心者さんでも楽しめるようにご紹介したいと思います。

もちろん、いきなりオンライン対戦で遊んでもいいのですが、『オーバーウォッチ2』は常に対人戦なので、最低限の知識や動き方などを覚えておいた方がより楽しく遊べます。元プロゲーマーの視点から、最初からある程度「わかってんじゃん!」という動き方などをお教えしますので、お楽しみに!


オーバーウォッチ2
https://overwatch.blizzard.com/ja-jp/
ブリザードエンターテインメント
https://www.blizzard.com/ja-jp/


Sonic10(ソニック10)


YouTubeで『オーバーウォッチ2』をメインにゲームプレイ動画を出している、チャンネル登録者数2万人超えのゲーム実況者。『ガンダムエヴォリューション』や『Apex Legends』などもプレイしており、どれも最高ランクを目指して奮闘中。Twitter(@sonic_x12)YouTubeチャンネル「ソニック10

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ゲーミングデバイス VIEW ALL