大会参加だけじゃない! 「EVO Japan 2020」は企業出展ブース&物販ブースもアツイ!

2020.1.24 井ノ川結希(いのかわゆう)
2020年1月24日(金)〜26日(日)の3日間かけて開催されているEVO Japan 2020。初日から大いに盛り上がりを見せているのは大会だけではない。各メーカーのイベントや物販コーナーにも注目したい。

ということで、今回は「明日に役立つ! 出展&物販ブース紹介」と称して、個人的に気になる出展ブースを厳選して紹介していこう。

▲1月25日(土)の出展ブースエリア(出展:EVO Japan公式

1.NISSAN



日産ブースでは、究極のパフォーマンスを誇るNISSAN GT-Rが展示されているほか、アンケートに参加した人全員にステキなプレゼントが当たる抽選会も行われている。

▲さっそく筆者も抽選会に参加してみた。限定のカルタをゲット!

日産オリジナルグッズや、ゲーミンググッズなど当たるとうれしい商品ばかりなので、ぜひぜひお時間のあるうちに足を運んでみよう。もちろんNISSAN GT-Rのコクピットに座ることもできるぞ!

【出展日】
1月25日(土)
1月26日(日)

2.三和電子



インタビューやレビューなどでお世話になっている三和電子のブース。今回の目玉商品はなんといっても、「Red Bull Kumite 2019 Japan」でも好評だったメタリックブルー・レッドのレバーボールとボタン。煌びやかな青と赤はアケコンを華やかに彩ってくれること間違いなし!

▲写真で見る以上に輝きがうつくしい! 一色でそろえてもいいし、二色のバイカラーでアレンジしても◎

さらに着脱式レバーのシャフト部分を持ち運べるカラビナ付きキーリング(800円/税抜)も販売中。どちらも数に限りがあるので、購入はお早めに!

▲ちなみに型番はJLFD-Aとなっていて、J(ジョイスティック)L(レバー)F(F型)D(脱着式)-(の)A(アクセサリー)とのこと

もちろん、当サイトで紹介したアケコン「SANWA STANDARD ARCADE STICK for PS4 MoNo」や、インタビューで拝見したアケコンバッグなど各種パーツも販売中。天板を自由にレイアウトして自分だけのアケコンを作ってみてはいかが♪

【出展日】
1月25日(土)

「SANWA STANDARD ARCADE STICK for PS4 MoNo」を紐解く!【レビュー】:
https://esports-world.jp/column/1782

静音式ボタンや着脱式レバーなど数々のヒット商品を生み出すアーケードパーツの老舗「三和電子」に聞く! :
https://esports-world.jp/interview/1389

3. ten/o × Attasa



高反発で多彩なカスタマイズが可能な「ゴールデンレバー」でおなじみの「Attasa」(アタッサ)のブース。現行モデルはもちろん、EVO Japan先行発売のボールやシャフトも販売中。もちろん試遊も可能なので、気になる方はぜひプレイしてみよう。

▲ナスレバーやレバーボールのサイズ違いが発売中。より大きいサイズが選べるようになっている

なお、無敵時間のニットキャップの購入もこちらで可能だ。

▲7色展開のニットキャップ。寒い日も安心だー

【出展日】
1月25日(土)
1月26日(日)

4. Victrix



高級アケコンとして名高いVictrixのブース。「Victrix Pro」や「Victrix PRO AF」といったアケコンやヘッドセットを販売中。

今回はなんと新型の「Victrix Pro」が日本初登場! マット調に仕上げられた天板に、タッチパッドが追加された新モデル。お値段据え置きの350ドル(4万円)で発売中。

▲現行モデルに比べるとマット仕上げになっていてさわり心地も抜群。タッチパッドが追加されている点にも注目したい

また、レーザー刻印サービスも実施中。すでに所持している「Victrix Pro」にも刻印してもらえるので、刻印してもらいたい画像データと「Victrix Pro」を持ってオリジナルの「Victrix Pro」にしよう!

▲レーザー刻印サービスは無料。すでに刻印されれている「Victrix Pro」に追加で刻印してもらう猛者も!

【出展日】
1月25日(土)
1月26日(日)

5. Hit Box Arcade



レバーレスコントローラーの老舗。Hit Box Arcadeのブース。当サイトでもレビューをし、筆者も使用しているhitBOXが販売されている。


さらに、今回目玉となっている、hitBOXとレバーを融合させた「Hit Box Cross|Up」も展示中。従来のレバー部分は方向キーではなくアナログスティックとなっていて、方向キーに当たる部分はボタンとして集約されている。まさにいいとこどりのアケコンと言える。

▲特に『鉄拳』のコマンド入力が簡単になることで注目を浴びている

hitBOX同様、あらたなるアケコンとして注目を浴びそうだ。

【出展日】
1月25日(土)
1月26日(日)

「Hit Box Arcade製 hitBOX」を紐解く!【レビュー】:
https://esports-world.jp/column/779

6. RAZER



数々の高品質ゲーミングデバイスを販売しているRAZERのブース。各ゲーマーに人気のアケコン「Razer Panthera Evo」やゲームパッド「RAZER RAION」など、さまざまなグッズが販売中。試遊も可能だ。

▲RAZER製のキーボードでも使われているメカニカルスイッチを採用した、ゲームパッド「RAZER RAION」。ボタンの入力が軽快で使いやすいイメージだ

また、先日日本で先行発売になったゲーマー向けカナル型イヤホン「Razer Hammerhead Duo Console」も発売中。RAZERのイメージカラーでもあるグリーンがアクセントとなっている。

▲リモコン部分にミュートボタンを採用。とっさにマイクをオフにできるので、ストリーマーにも需要がありそうだ

さらに旧型の「Panthera」も数量限定で発売中。こちらは記事を公開している際にはすでに売り切れているかもしれないが、未だに人気のあるモデルが購入できる貴重なチャンスでもあるので、気になる方は足を運んでみよう。

【出展日】
1月25日(土)
1月26日(日)

7. Twitter



Twitterブースでは、EVO Japanの公式アカウント(@EVOJapanNews)をフォローしてチェックインをすることで、豪華賞品が当たる抽選ベントに参加できる。

▲会場の写真を添付するのを忘れずに! こちらのハッシュタグ「#EVOJapan2020」、「#EVOJapan2020来たよ」と「@EVOJapanNews」を含めてツイートを投稿すればエントリー完了!

ブース内でチェックインを済ませると自分のアカウント宛てに返信が届くので、会場の写真を添付してツイートすればエントリー完了だ。

【出展日】
1月25日(土)
1月26日(日)

11. Mildom



動画配信サイト「Mildom」のブース。「Mildom」は気軽にゲーム配信ができるサービスで、EVO Japan 2020のライブ配信も行っているほか、来場者のための充電スペースを提供している。現地に行けないプレイヤーもこちらで会場の雰囲気を満喫しよう!

Mildom公式:
https://www.mildom.com/

【出展日】
1月25日(土)
1月26日(日)

12. ZONe DEGITAL PERFORMANCE ENERGY



ZONeブースでは、eカルチャーを愛するファンのための超没入エナジードリンク「ZONe(ゾーン)βバージョン」を無料配布。さらに、LINEで友達登録した方の中から抽選で、格闘ゲームファン必見の豪華景品が当たる抽選会も実施している。

▲ほかのエナジードリンクとは類を見ないボリューム満点の500ml。爽快感のある飲み心地でシャキッとするぞ!

【出展日】

1月25日(土)
1月26日(日)

13. アークシステムワークス



国内初『GUILTY GEAR -STRIVE-』、『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[cl-r]』の2タイトルを試遊できる。また、試遊後にアンケートに回答した方に、2020年春を予定している『GUILTY GEAR -STRIVE-』クローズドβテストのコード配布も実施している。

▲4年ぶりの新作ということもあり、待望しているファンでブースは大盛り上がり!

試遊の人気は群を抜いている。金曜日の午前の時点で1時間待ちの状態なので、早めに並んでおきたいところだ。

▲試遊するなら早めに並ぶしかなーい!

【出展日】
1月25日(土)

14. au



auブースでは、DetonatioN Gaming所属の板橋ザンギエフ選手とのエキシビションマッチを大会期間中、定期的に開催。また、ブース内では、au PAYやauひかり10G体験・紹介コーナーなどが楽しめる。


【出展日】
1月25日(土)
1月26日(日)

EVO Japan 公式物販ブース



EVO Japan公式の物販ブース。パンフレットやマフラータオル、TシャツなどEVO Japanのグッズが多数販売している。数に限りがあるので、欲しいものがあるなら早めにゲットしておこう。

▲グッズの在庫は売り場看板で確認できる

【出展日】
1月25日(土)
1月26日(日)


今年も大盛り上がりのEVO Japan 2020。メイントーナメント以上にサイドトーナメントの盛り上がりも目が離せない。明日25日も入場無料なので、大会の観戦はもちろん、出展ブースでのお買い物や、サイドトーナメントの出場などなど、eスポーツにふれあう絶好のチャンスなので、ぜひぜひ幕張メッセに遊びに行こう!

なお、出展ブースは25日(土)は全メーカー出展されるが、26日(日)は一部のメーカーのみの出展となっている。出展内容については公式サイトで確認してほしい。


EVO Japan 2020 出展エリアページ:https://www.evojapan.net/2020/booth/

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コラム VIEW ALL