【大会レポート】史上最年少12歳のチャンピオンが誕生!闘神祭2021 REVENGE『電車でGO!!』FINAL ROUND閉幕!

2022.3.22 eSports World編集部
3月19日(土)に開催されたeスポーツ大会「闘神祭2021 REVENGE」の『電車でGO!!』FINAL ROUNDにて、12歳のぺこ選手が優勝。史上最年少のチャンピオンが誕生した。

<以下、ニュースリリースより>

史上最年少12歳のチャンピオンが誕生!


18名の当日予選を勝ち抜き、FINAL ROUNDへの金キップを勝ち取ったのは、12歳のぺこ選手でした。ぺこ選手は、小学2年生の頃から『電車でGO!!』をゲームセンターでプレイしはじめ、今回が初めての大会出場となりました。

FINAL ROUNDでは、ぺこ選手以外全員大人の選手、YouTubeでの生配信のためにカメラで撮影されているなど、普段とは全く異なる環境の中、停止位置0.0cm&到着時刻0秒の「ダブルゼロ」を叩き出すなど驚異的な成績で、優勝をつかみました。

ぺこ選手の優勝が決まると、会場からはどよめきと祝福の拍手が巻き起こり、史上最年少チャンピオンの誕生にYouTubeの生配信を見ていた視聴者からも祝福のコメントが寄せられました。


優勝後ぺこ選手は「予選はすっごい緊張したのですが、決勝はリラックスしていつも通りのプレイができました。うれしい以外なにもありません!」とコメントし、「将来はJRの運転士になりたいです!」と目を輝かせながら将来の夢を力強く語ってくれました。

また、ぺこ選手の付き添いで来場していたお母様も「今日は息子を褒めてあげたいです。電車でGO!!のプレイヤーの皆さんは本当にとても優しくてあたたかい方が多いので、そのおかげもあっての結果だと思います。ありがとうございました。」と笑顔でお話されていました。

闘神祭2021 RVENGEのその他のタイトルの結果などについては、闘神祭公式サイトをご覧ください。
https://www.toushinsai.com/

eARCADE SPORTSについて

「esports」と「アーケードゲーム」を掛け合わせた、アーケードゲームにおける大会やイベントの呼称です。株式会社タイトーは、「esports」の元祖ともいえるゲームセンター発の大会やイベントを通じて、笑顔、新たな驚き、人との繋がりを提供してまいります。

「闘神祭」について

「eARCADE SPORTS」の頂上決戦大会としてタイトーが2015年より主催する、日本最大級のアーケードゲームタイトルの全国大会です。メーカーやオペレーターの垣根を超え、ゲームセンターでしか味わうことのできないプレイ体験をお伝えし、一人でも多くの方にゲームセンターへ足を運んでいただくきっかけづくりとして、本大会を開催しています。


・TAITO、TAITOロゴおよび「e-ARCADE SPORTS」「闘神祭」は、日本およびその他の国における株式会社タイトーの商標または登録商標です
・その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます