若者よ集え! esports stage EVOLVE 六甲道店始動! (2/2)

2019.12.18 井ノ川結希(いのかわゆう)

若者の夢や未来を運ぶSPACE SHIPをコンセプトにしたい
— EVOLVE創設者インタビュー —


オープニングイベントの忙しい合間を縫って施設責任者の糟谷氏、施設コンセプトデザインを手がけた池田氏にインタビューすることができた。まずはそちらの様子をお届けしよう。

▲左から施設コンセプトデザインを手がけたンターフォース株式会社代表取締役社長の池田 浩士(いけだ ひろし)氏、施設責任者の株式会社タツミコーポレーションの糟谷 正文(かすたに まさふみ)氏

——まずはオープニングイベントおつかれさまでした。宇宙船をコンセプトにした空間設計とのことですが、宇宙船にこだわった理由をお聞かせください

糟谷氏(以下、糟谷):ありがとうございます。

理由は意外と単純で、僕自身宇宙にものすごく興味があるというのがひとつあります。

宇宙人は実際にいるとも思っています(笑)。でも実際には出会えず悔しい思いをしているわけですが、でも一回見て見てみたいという気持ちもあり、宇宙船をイメージした施設してみたのがきっかけです。ところどころエイリアンが顔を出しているという感じが個人的には気に入っています。

▲店内のPCはすべてALIENWAREのゲーミングPCで統一。ロゴのエイリアンがひょっこり姿を見せる。そんな遊び心のある演出も楽しんでほしい

池田氏(池田):宇宙船には地球と宇宙を結ぶモノというイメージがあります。EVOLVEを訪れるeスポーツプレイヤーたちの将来の未来や夢を宇宙に擬えて、それらを運ぶ箱船になれたらなという気持ちも込めて宇宙船のデザインを考えました。

特に曲線と直線を織り交ぜた空間設計をして、通常の店舗デザインとは異なるイメージを形にさせていただきました。

▲店内を彩る青い直線上のライト。店内を優しく灯すだけでなく、サイバーな空間を演出。近未来の宇宙船のコンセプトにピッタリだ

——施設をデザインするにあたって特に宇宙らしさにこだわった部分はございますか?

池田:これは私の見解ですけれども、こちらの施設は「esports stage EVOLVE」と言う名の通り、ステージにこだわられている印象を受けました。ですのでステージの設計には特にこだわりました。

全体的にステージフロアは可動式にして、さまざまなイベントに対応できるようにしました。

▲ステージの段差は流線型の足場を採用。なだらかな曲線は、どこか柔らかい印象を与えてくれる上品な仕上がりだ

——店内PCはALIENWARE、ゲーミングチェアAKRacingで統一されていますが、こちらを選んだ理由はなんでしょうか?

糟谷:PCをALIENWAREに統一した理由は、先ほどの宇宙人がひょっこり姿を見せるイメージに合っているというのもありますが、やはり最高峰のスペックを持ったゲーミングPCであり、圧倒的なパフォーマンスだということにつきますね。訪れるeスポーツプレイヤーによりよい環境を提供するためにも、ALIENWAREのPCに統一しました。

▲店内PCはAlienware Aurora R9とAlienware Area51 R5で統一。どちらもハイスペックなゲーミングPCで高負荷なゲームも快適にプレイができる

また、eスポーツプレイヤーにとって大切なのは、長時間のプレイをするためのゲーミングチェアだと思っています。僕のイメージではナンバーワンブランドとも言えるAKRacingのゲーミングチェアは、座り心地も最高です。こだわり抜いた当店にピッタリなゲーミングチェアだと思っておりますので、こちらを採用させていただきました。

▲練習時間が長時間におよぶeスポーツプレイヤーにとってゲーミングチェア選びも重要なポイント。人間工学に基づいた上質な座り心地を実現するAKRacingのゲーミングチェアは、このようなeスポーツ施設において真価を発揮する

——実際座り心地というのは違いますか?

糟谷:全然違いますね。長時間座っていても疲れないのは驚きました。リクライニングもできるし、「凄い椅子だなあ」って思わず声に出してしまいました(笑)。

——今、eスポーツが盛り上がりをみせるなか、将来にeスポーツのプロ選手になりたいというお子さんも少しずつですが増えてきています。そういったお子さんに向けてなにかメッセージはございますか?

糟谷:何はともあれ、ゲームを楽しんでもらいたいという気持ちです。

やっぱりまずは「楽しい」というところを大切にして、そこからプロ選手を目指していってほしいです。そういった環境作りを我々はサポートいしていきたいですし、健全にプレイができる場を提供していきたいと思っています。

また、今はまだ特にないのですが、ゆくゆくは小さなお子様向けのサービスや、ご家族でのご利用に向けたサービスも展開していけたらなとは思っています。

——最後に、今後の展望をひとことお願いします!

糟谷:神戸でeスポーツが発展していくというのが僕らの夢でもありますから、神戸のみなさんがeスポーツの楽しさをもっともっと知ってもらえる場にしてきたいと思っています。

——ありがとうございました!


気になるお値段は? EVOLVE施設のご案内
12月20日まで無料開放実施中!


最後にEVOLVEの施設について解説していこう。まずは気になる料金形態から。料金は基本的に時間制となっており、30分単位で料金が発生する。長時間利用の場合はお得なパックがオススメだ。

【料金形態】※価格はすべて税込

■プレイゾーン
30分:300円
3時間パック:1,500円
6時間パック:2,700円
9時間パック:3,600円
延長料金:300円(30分ごと)

■ハイスペックゾーン
30分:400円
3時間パック:2,100円
6時間パック:3,900円
9時間パック:5,400円
延長料金:300円(30分ごと)

■ハイスペックベース貸切(予約制)
3時間パック併用:1室あたり2,500円+2,100円/人数
6時間パック併用:1室あたり4,500円+3,900円/人数
9時間パック併用:1室あたり6,500円+5,400円/人数

なお、店内にはドリンクやオリジナルパンの販売もしている。落ち着いた空間でゆっくりのびんりゲームを楽しむもよし、ストイックに練習するもよし、思い思いの時間が過ごせる環境と言える。

2019年12月15日(日)〜20日(金)まではグランドオープン企画で無料開放されている。これを機にeスポーツ施設に足を運んでみてはいかがだろうか。

プレイゾーン

通常のプレイルームで20台のゲーミングPCを完備。PCはAlienware Aurora R9となっている。


ハイスペックゾーン

完全防音の個室となっていて、PCはAlienware Area51 R5を使用。チームメンバー同士の利用や配信での利用など、まわりのお客様を気にせずにゲームをプレイしたいときにオススメだ。



esports stage EVOLVEのレポートもぶじ終了。eスポーツ施設は年々増えてきているなか、地域に根付いた施設作りというのを実現することは簡単ではない。EVOLVEのような地域色を感じられるeスポーツ施設をレポートできたことは貴重な体験でもあり、勉強になる体験でもあった。

施設を訪れた少年たちが目を輝かせてゲームをプレイしている姿は、eスポーツ業界の未来を明るく照らしてくれる。そんな風にも感じられた。

今後も都心部だけでなく各地方のeスポーツ施設を行脚して、各地方での盛り上がりも発信していけるサイトになれればと思う。



esports stage EVOLVE:http://evolve.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/EvolveStage

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます