【Worlds 2021】DFMのグループステージ2戦目、100 Thievesに善戦するも一歩及ばず

2021.10.13 宮下英之
リーグ・オブ・レジェンド』の世界大会「Worlds 2021」のグループステージで、日本代表チームのDetonatioN FocusMe(DFM)は、LCSの100 Thieves(100T)と対戦。

ここまで、Edward Gamingが2勝、T1が1勝1敗で、100TとDFMが未勝利で並んでいる。この1勝は今後を戦う上では非常に大きい。

バンピックでは、DFMがT1戦で感じた驚異チャンピオンをつぶしていく一方、100TもDFMの得意チャンピオンをターゲットバンしていく。DFMはリー・シンとゾーイを中心として、トップとボットで耐えながら試合を作っていく狙いが見える。


試合が始まると予想どおり、トップとボットは押し込まれるかたちに。AriaはAbbedaggeのライズにしっかり対抗し、StealとGaengのガンクによりミッドでファーストブラッドを獲得。対する100TはボットでYutaponをキャッチする。


100Tはリードを奪ったボットを徹底的に叩き、Yutaponの力をそぎおとそうとジャングルも投入して執拗に攻め立てる。対するDFMもカウンターでトップサイドに狙いをシフト。視界を確保して動き回る100Tはオブジェクトを獲得していく中、DFMはとにかくAriaを育てるべくファームを重視し、遠距離攻撃からのチャンスをうかがう。


なかなか隙を見せない100Tだったが、エルダードラゴン前の攻防でDFMのYutaponがジャングルのCloserをキルし、エルダー狙いを阻止。しかしその後、狭いボットサイドの集団戦で3-5でエースを奪われ、100Tの残るふたりがネクサスを破壊し勝利した。


最序盤で有利を作り、積極的な攻めを見せた100Tに対して、マッチアップの不利もあり防戦に回らされてしまったDFMにとっては厳しい戦いとなった。しかし、要所で見せた連携はLCS最強チームにも引けを取らず、LJLの力が通用するところも見せてくれた。

次のDFMの相手は、グループB最強と目されるLPLのEdward Gaming。10月14日の深夜2時からのこの試合で、3チームすべてと一巡することになる。

日本からの声援がきっとDFMの力となる。全力で応援しよう。


日本語配信プラットフォーム
Mildomhttp://mildom.com/10244404
Twitch: http://twitch.tv/riotgamesjp

LoLEsports:https://lolesports.com/

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます