【大会レポート】『VALORANT』初の世界王者を決める戦いStage2 Mastersがアイスランドで開催。記念すべき初代王者に輝いたのはSENTINELS

2021.5.31 eSports World編集部
VALORANT初の世界王者を決める大会「VALORANT Champions Tour Stage2 Masters」が2021年5月25日(火)~5月31日(月)にかけて開催された。

「VALORANT Champions Tour」とはVALORANTの年間王者を決める大会でChallengers・Masters・Championsの3段階で構成されている。

地域大会Challengersとその勝者が出場する国際大会Mastersが全3回にわたって開催。そこで成績上位のチームがVALORANT年間チャンピオンを決める大会Championsへの出場権を獲得する。

そして、5月25日(火)から開催された「VALORANT Champions Tour Stage2 Masters」では各地域の予選を勝ち上がった10チームがアイスランドのレイキャビックに集結。実況/解説の岸大河さん・Ooodaさん・Yukishiroさんが見守る中、VALORANT初の世界王者をかけた戦いに臨んだ。

ここでは決勝戦とMastersの結果、そして日本代表として出場したCrazy Raccoonの模様を振り返っていこう。

決勝戦


NA1位のSENTINELS(SEN)とEU2位のFNATIC(FNC)の対戦となった決勝戦。Mastersで最も注目されていたNA vs EUの構図になったこの試合は圧倒的なフィジカルを見せたSENが終始試合をリード。FNCは1st map・2nd mapでオーバータイムにまで持ち込む粘りを見せたが、両マップあと1歩及ばず。BO5で見事なストレート勝利を見せたSENがVALORANT初の世界王者に輝いた。

1マップも落とすことなく、まさに完全無敗の勝利を収めたSENは、まさに『VALORANT』初の世界王者の名にふさわしいといえよう。

▲決勝で待つSENに挑むのはSENに負けた後、Losersを勝ち上がったFNC。NAとEUのプライドをかけた頂上決戦となった

▲デュエリストとして常に1ピックを狙いに行き、相手にプレッシャーを与えたShahZaM選手(SEN)。ブレイドストームでの華麗な3キルで視聴者を驚かせた

▲世界最強プレイヤーの名に恥じない活躍を見せたTenZ選手(SEN)。2nd mapでは33キル、さらに8回のファーストブラッドを記録。今大会の最多キルにも輝いた

Stage2 Masters 結果


先述した通り、『VALORANT』初の世界王者に輝いたのはSENTINELS。撃ち合いと要所でのスキルの使い方で他チームを上回り、Mastersでは1マップすら落とすことなく優勝した。

また注目を集めたのが韓国代表NUTURNの躍進。NA・EUの2強が予想されていた今大会だったが、Version1などの強豪を下して見事3位に輝いた。一方優勝候補にも上がっていたLiquidや台風の目として注目されていたVikingsは惜しくも優勝には届かなかった。


▲優勝候補筆頭であったSENが圧倒的な力の差を見せつけて優勝したStage2 Masters。Stage3ではこの絶対王者をどのチームが下すのだろうか

日本代表として挑戦したCrazy Racconは課題を残す結果に


Absolute JUPITERを打ち破るなど、国内では新たな王者として名を馳せているCrazy Raccon(CR)も、本大会に挑戦。日本チームは海外に通じるのだろうか——。そんな期待と不安を日本のファンは固唾をのんで見守っていたのではないだろうか。彼らの活躍もレポートしていこう。

Crazy Raccon(CR) vs Version1(V1)


Stage1・Stage2を連覇し、日本王者として出場したCrazy Racconは1回戦でNA2位のVersion1と対戦。1st mapでは序盤こそ相手にラウンドを先行されたが、Munchiken選手(CR)のクラッチで流れを変えるとその後は粘りを見せる。惜しくも敗れたCRだったが11-13と強豪相手に見事な試合を見せた。

▲相手のマッチポイントで2vs5からのクラッチを見せたCR。「nethさん」がTwitterのトレンド入りを果たすなど日本中のVALORANTファンが熱狂した

しかし続く2nd mapでは日本にはないスキルの組み合わせを見せたV1がCRを翻弄。本来の力を発揮したV1が10-13で勝利し、CRはLoser Bracketに回ることになった。

▲CRを苦しめたのがPenny選手(V1)のオペレーター。要所でワンピック取られてしまい人数不利のラウンドを強いられた

Crazy Raccoon(CR) vs x10


負ければMasters敗退が確定してしまうCRはLoser Bracketで東南アジア代表のx10と対戦。この試合に向けて新たな構成を準備してきたCRだったが、Patiphan選手を中心としたフィジカルの強さと変幻自在なスキルに苦しめられる。

▲フィジカルだけでなくIQの高さも見せたx10。特にPatiphan選手(x10)は不利な場面でも必ずキルや時間稼ぎでチームに貢献していた

▲アイスボックスでは構成を大きく変えたCR。しかしロール変更したMunchiken選手・rion選手のスコアが落ち込むなどうまく機能しなかった印象だ

最後まで流れを引き寄せられなかったCRは2マップ連続で落とし、Masters敗退が確定してしまった。

▲インタビューでは涙を浮かべ悔しさをあらわにしたneth選手(CR)。「Stage3ではどこにも負けない」と次の戦いに向けて強い覚悟を見せた

ファン待望!『VALORANT』のストーリーを描く、
シネマティック映像も公開


『VALORANT』の魅力のひとつとして、個性あふれるエージェントと謎の包まれた世界観がある。本大会の最後には、今まで多く語れることがなかったストーリー部分の鍵を握る映像も公開された。



キーワードとなるのは「DUALITY」。いわゆる二重性というのが『VALORANT』のストーリーに欠かせないものとなっているようだ。ゲーム中にも、マップ名が突如「DUALITY」になるなど、存在を匂わせていたワードだけに、今後のストーリーも気になるところだ。

また大会終了後から48時間限定のイベントとして、キャンペーンサイトにてシリアルコード「YTILAUD」を入力することで、限定のプレイヤーカードが入手できるというキャンペーンをやっていたが、アクセスが集中してサーバーダウンが多発。期間は現時点で無期限となっている。

▲コードを入力したあと、再びゲームを起動すれば手に入る

▲この画面すら到達しなかったユーザーは多いのではないだろうか。それほどにアクセスが集中していた


ちなみにキャンペーンサイトは非常につながりにくい状態となっているので、適度にアクセスしてチャレンジしてほしい。

キャンペーンサイト:https://redeem.playvalorant.com/

まとめ


オフラインで開催された初の世界大会は決勝戦でTwitchの視聴者数が100万人を超える盛り上がりを見せた。また日本でも「#VCT」「#CRwin」が連日Twitterのトレンドに入るなど大きな注目を集めた。Stage3では日本代表が2チームに増えるため、さらに盛り上がることは間違いないだろう。悔しい結果に終わってしまった日本代表のCrazy Raccoonだが、Stage3では一回り強くなった姿で返ってくることを期待したい。

© 2020 Riot Games, Inc. All Rights Reserved


配信アーカイブ:
FNATIC vs SENTINELS - VCT Masters Reykjavík
https://www.mildom.com/playback/12287123/12287123-c21mgit2lrn9v5gcg2f0

VALORANT - Japan:
https://www.mildom.com/playback/12287123/12287123-c22ar8taks9fd4lq54d0

VALORANT Champions Tour Stage2 公式:
https://valorantesports.tokyo/index.html

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます