『リーグ・オブ・レジェンド』に新チャンピオン 「無慈悲の嵐 ボリベア」が登場!

2020.6.2 eSports World編集部
ライアットゲームズは、『リーグ・オブ・レジェンド』において、チャンピオン「ボリベア」のスキルやスキン、物語背景といった各種設定をアップデートし、新チャンピオン「無慈悲の嵐 ボリベア」として5月28日(木)に実装した。
また、今回のアップデートを記念してボリベアのスキン「千刺の熊」を、パッチ10.11以前から所持していたプレイヤー、そして現在のパッチ10.11期間中に購入したプレイヤー限定で配布を行う。
配布期間は5月29日午前5時から6月11日午前5時まで。


<以下、ニュースリリースより>

『リーグ・オブ・レジェンド』、チャンピオン アップデート情報「無慈悲の嵐 ボリベア」5月28日実装


PCオンラインゲーム『リーグ・オブ・レジェンド(『League of Legends』)』の運営元Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、チャンピオン「ボリベア」のスキルやスキン、物語背景といった各種設定のアップデートを行い、全く新しいチャンピオン「無慈悲の嵐 ボリベア」として本日5月28日(木)に実装しました。

また、今回のボリベアのアップデートを記念してボリベアのスキン「千刺の熊」を、パッチ10.11以前からお持ちのプレイヤー、そして現在のパッチ10.11期間中に購入して頂いたプレイヤー限定で配布します。配布期間は5月29日午前5時から6月11日午前5時までです。

詳しくはコチラ:https://jp.leagueoflegends.com/ja-jp/news/community/celebrate-volibear-s-update-with-a-free-skin/?utm_source=LeagueClient&utm_medium=OverviewTier2Pos2

新チャンピオン「無慈悲の嵐 ボリベア」
◇ユニバース:https://universe.leagueoflegends.com/ja_JP/story/champion/volibear/?utm_source=LeagueClient&utm_medium=OverviewTier2Pos3

◇ゲームプレイプレビュー


◇テーマ

ある者にとって彼は「雷鳴の咆哮」、「大いなる嵐」、「勇猛な魂の墓場」であり、またある者にとっては「破滅をもたらす者」、「千刺の熊」、あるいは「立ち塞がる者」である。しかし、今なお古の慣わしに従う多くの部族の間では、彼はボリベアという名で知られていた。 ――――


『無慈悲の嵐 ボリベア』のスキル
固有スキル - 無慈悲の嵐


通常攻撃およびスキルの使用で攻撃速度が増加していき、最終的に通常攻撃が周囲の敵に追加魔法ダメージを与えるようになる。

Q:「稲妻の猛攻」


敵に向かう際の移動速度が増加し、発動後最初に通常攻撃を行った対象にスタン効果とダメージを与える。

W:「激昂の斬撃」


敵にダメージと通常攻撃時効果を与えてマークする。同じ対象にもう一度発動すると追加ダメージを与えて自身の体力を回復する。

E:「天破の一撃」


指定地点に雷を落として周囲の敵にダメージとスロウ効果を与え、自身が範囲内にいた場合はシールドを獲得する。

R:「嵐を起こす者」


指定地点に飛びかかって踏みつけた敵にスロウ効果とダメージを与え、自身は体力が増加する。着地地点の近くにある敵のタワーは一時的に無効化される。

『ボリベア』のスキン
アップデートされた『ボリベア』は、880RP(課金により購入することができるゲーム内ポイント)、または 4,800ブルーエッセンス(ゲームをプレイすることでもらえるゲーム内ポイント)で購入することができます。また、『ボリベア』のゲームプレイ中の見た目や動作などを変えることができる各種スキンやスキンセットも同時に登場します。このほかにも新たなスキンを順次追加予定です。
※価格はリリース時のものです。

「雷帝ボリベア」(520RP)
「北方戦線の雷嵐ボリベア」
「ルーンガード ボリベア」(975RP)
「ボリベア警部」(750RP)
「エル・ラジョ ボリベア」(520RP)
「千刺の熊」
※画像はイメージです。
※チャンピオンのスキルや各種設定は今後のゲーム内アップデート(パッチ)によって調整または変更されることがあります。

ライアットゲームズ とは
2人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーに2006年に創業。2009年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をリリースし、プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける。毎年開催されるLoLの世界大会「リーグ・オブ・レジェンド World Championship(Worlds)」は、世界最大級のeスポーツイベントとして知られる。 LoL10周年となる2019年に『レジェンド・オブ・ルーンテラ』や『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』など、新しいタイトルの開発やモバイルプラットフォームへの移植、さらにオリジナルアニメーションなどを一斉に発表した。世界20以上のオフィスに2,500人以上のスタッフが在籍。本社はカリフォルニア州ロサンゼルス。(2019年10月現在)
ライアットゲームズ: https://www.riotgames.com/ja
Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan

『リーグ・オブ・レジェンド』 とは
2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。毎年行われるeスポーツ最高峰の世界的祭典「League of Legends World Championship(WCS)」は視聴者数9,960万人を記録するなど大きな注目を集める。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている。
リーグ・オブ・レジェンド: http://jp.leagueoflegends.com/
Twitter: https://twitter.com/loljpofficial

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます