【応援が選手を強化する!】世界初の応援体験『HADO Xball』のリリースイベントが開催!

2020.1.8 eSports World編集部
観客が直接協議に関わることができる応援機能が搭載された新感覚のARスポーツHADO Xball』のリリースイベントが、2019年12月17日(火)に開催された。

2019年12月17日(火)に開催された
「Xball Live」の模様をご紹介します


株式会社meleap(所在地:東京都千代田区、CEO:福田 浩士)が開発運営する最新ARスポーツ『HADO Xball』の世界初披露となるイベント「Xball Live」が開催されました。世界的に活躍するダンスグループをプレイヤーに迎え、優勝賞金300万円を懸けたトーナメントを開催。観客が直接競技に関わることのできる応援機能も初披露され、会場は熱狂に包まれました。

初の開催となった本イベントでは、約300名の観客が来場し、世界レベルのパフォーマンスと新しいスポーツ競技に大盛り上がりとなりました。

優勝は「神 威♂楽"園 ダンス部」



4チームによるトーナメント戦を制したのは神 威♂楽"園 ダンス部のみなさん。チームワークと戦略的なポジショニングにより、白熱した試合を勝ち進みました。

パフォーマンス・応援・競技の3部構成



Xball Liveの試合は、パフォーマンスタイム、応援タイム、競技タイムの3種で構成されています。パフォーマンスタイムでは、対戦する両チームがショーケースをそれぞれ披露します。

次の応援タイムでは、観客がスマートフォンアプリ「Xball Portable」から、スマホを振ることで応援ポイントを送ります。競技タイムでは、応援ポイントの多いチームに強力な必殺技が多く与えられ、試合を有利に進めることができます。

HADO Xballとは

HADO Xball ( ハドーエックスボール )とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、AR技術を使ったスポーツです。2対2のチームにわかれ、サッカーやバスケットボールのように、フィールドに1人いるシュート役がコートの後方にある相手ゴールを狙います。





公式WEB:https://meleap.com/xball/event/
配信アーカイブ:https://youtu.be/QEn71Q1LInk

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます