【VALORANT】SCARZのmarin選手やryota-選手など、VALORANT部門の選手が次々にフリーエージェント宣言!

2022.7.8 eSports World編集部
VALORANT』の競技シーン黎明期から活躍しているプロeスポーツチーム「SCARZ」のVALORANT部門において、各選手がフリーエージェント宣言をTwitterにて声明している。

SCARZのVALORANT部門は事実上解散という形になってしまうのか、今後の動きが注目されている。

初期メンバーであるmarin選手、ryota-選手


marin(まりん)選手、ryota-(りょうた)選手はSCARZのVALORANT部門の初期メンバーでもあり、2020年10月2日(金)〜4日(日)に開催された、『VALORANT』国内初のオフライン大会「EDION VALORANT CUP」において、シード権をもったAbsolute JUPITER(ZETA DIVISON)、DetonatioN Gamingの2チームを倒して優勝を手にした。

▲「EDION VALORANT CUP」の様子。左からNpoint(えぬぽいんと)選手、Sak(さく)選手、marin(まりん)選手、ryota-(りょうた)選手、ade(あで)選手

しかし、その後は低迷が続き公式大会「VALORANT Champions Tour」が開催されるも、上位に姿を現すことも少なくなってしまった。現在、フリーエージェント宣言をしているのはmarin選手、ryota-選手、Anthem選手の3名。




次なる活躍の場はどこになるのか、今後も彼らの活躍を期待したい。

参考:
5対5における最も大切なことはコミュニケーション【SCARZリーダー marin選手インタビュー】:
https://esports-world.jp/interview/6376

【大会レポ】国内初のVALORANT公認オフライン大会「EDION VALORANT CUP」優勝はSCARZ!!!!:
https://esports-world.jp/report/7618

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます