【高校にもeスポーツが導入!】「仙台育英」がeスポーツに特化!高性能ゲーミングPC80台導入!

2022.6.21 eSports World編集部
仙台育英学園高等学校は、授業や部活動でeスポーツを取り入れている。2022年春にはeスポーツに特化した高性能ゲーミングPCを導入。世界で活躍するプレイヤー誕生が期待される。

<以下、ニュースリリースより>

全国大会常連のeスポーツ部


仙台育英学園高等学校では、部活動だけでなく授業でも“eスポーツ”(エレクトロニックスポーツ)を導入している。eスポーツとは、複数のチームで協力しながら、コンピューター(ビデオ)ゲームで対戦する、というものである。

2018年からeスポーツ部は先駆けて活動しており、2019年4月から正式に部活動としてスタートした。同年12月の「第1回全国高校eスポーツ選手権」に出場し、ベスト8に進出した。そして2020年にも第2回全国高校eスポーツ選手権に出場し、ベスト8という輝かしい実績を上げた。

本校の情報科学コースの選択授業となる学校設定科目にも「eスポーツ講座」が設定されている。普段の授業では日本電子専門学校(東京新宿区)の先生方・専門学生に教えていただく「eスポーツ講座」をWebオンライン上で受けている。

オンラインで活動中の様子
ここ数年で本校の入学希望者にも、このeスポーツを目的としての希望者も増えている。2022年度現在で、本校のeスポーツ部の部員は100名を超えた。

本校ではこれまでもeスポーツの活動を幅広く行ってきたが、2022年春にeスポーツに特化した高性能ゲーミングPCを宮城野校舎と多賀城校舎にそれぞれ40台ずつ導入した。

高性能ゲーミングPC
高性能ゲーミングPCを導入したことにより、オンライン上の仲間とのコミュニケーションがよりスムーズになった。またグラフィックがきれいで、かつスピーディに動作できるという利点も得られた。

現在世界的に人気のあるeスポーツ。多くの国際大会も開催され、言語や性別、年齢に関係なく世界中の方が楽しむことができる。本校からも世界で活躍するプレイヤーが誕生するかもしれない。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます