【ぷよぷよプロ選手が「ぷよぷよ」の極意を教えます!】「『ぷよぷよeスポーツ』高校eスポーツ部 応援プロジェクト」5月10日(火)12時まで新年度「第4期」募集受付中!

2022.5.6 eSports World編集部
株式会社セガが、eスポーツ普及活動の一環として「『ぷよぷよeスポーツ』高校eスポーツ部 応援プロジェクト ぷよぷよブートキャンプ」を今年度も実施する。

<以下、ニュースリリースより>

プロ選手から『ぷよぷよeスポーツ』を学ぼう!


その名の通り、全国の高校eスポーツ部の活動を応援する本プロジェクトでは、「ぷよぷよ」プロプレイヤーたちによるオンラインコーチングを実施。eスポーツ競技としてのスキルアップはもちろん、競技会での入賞やプロライセンス取得といった大きな夢の実現をサポートすることも活動目標のひとつです。昨年度は61校(総部員数850名)にご参加いただき、プログラム内の対戦会には累計124名の生徒にご参加いただきました。

新年度第4期の募集を本日2022年4月21日(木)より開始し、5月10日(火)12時まで受け付けております。すでにeスポーツ部として活動している学校はもちろん、これから創部を検討している学校も対象です。全国の多くの高校eスポーツ部からのお申し込みをお待ちしております。ぜひご参加ください。



『ぷよぷよe スポーツ』高校e スポーツ部 応援プロジェクト
活動目標

・全国都道府県対抗e スポーツ選手権 出場&優勝
・卒業までに、ジャパン・e スポーツ・プロライセンスを取得
セット内容(無償提供)
・Steam 版(Windows PC 用)『ぷよぷよe スポーツ』アカウント × 3 個/部
・プロ選手によるオンラインコーチング
・『ぷよぷよプログラミング』教材、オンライン講座
・各校eスポーツ部ユニフォーム 最大5 枚/校
活動日
・5 月17 日(火)より毎週火曜日16~18 時(予定)
*講座、個別コーチングを行います。また、活動時間により一部時間のみ参加も可能です。
申し込み方法
以下、応募専用サイトより、申請を行ってください。
https://faq.sega.jp/hc/ja/requests/new?ticket_form_id=900001321103
・受付件数は先着で限定50 校。24 時間受け付けておりますので、お早めにお申し込みください。
・締切は2022 年5 月10 日(火)12:00 までです。
注意事項
・申請時のメールアドレスは、学校が特定できるものとし、フリーメールでは受け付けできません。
・e スポーツ部を有するか、創部を検討されている高等学校(もしくはこれに準ずる学校)
・e スポーツ部の活動に必要なゲーミングPC やコントローラー、ネット回線はご用意ください。
お問合せ
・本件に関するお問合せは、以下のフォームよりお願いいたします。
https://faq.sega.jp/hc/ja/requests/new?ticket_form_id=360000972153

◆プロ選手が作るカリキュラム


左から、飛車ちゅう選手、live選手、くまちょむ選手、Kuroro選手

「『ぷよぷよeスポーツ』高校eスポーツ部 応援プロジェクト」最大の魅力は、現役プロ選手によるオンラインコーチングです。

カリキュラムは、飛車ちゅう選手、live選手、くまちょむ選手、Kuroro選手が参画し、これまでいくつもの激闘を重ねてきた、プロ選手のプレイ経験と指導経験をもとに制作いたしました。選手たちは「自身がプレイし始めたときはネット環境もなく、試行錯誤をしていた。このコーチングを通してより多くの気づきを与えて、「ぷよぷよ」やeスポーツに興味を持ってもらいたい」との思いをもって臨んでいただいています。

前半の講義では、コントローラーの使い方から連鎖の仕組み、基礎的な連鎖方法である「階段積み」や実践で多くのプレイヤーが使う「GTR」の組み方まで、初心者コース、初級コース、初中級コースの3コースに分けてご用意しています。今後は、生徒の習熟状況に応じて、さらに上級のカリキュラムも準備していく予定です。



後半のコーチングは、プロ選手から各学校の生徒と1対1での個別コーチングとなり、各生徒の習熟度に応じ、積み方の指南形式やオンラインでの対戦形式の指導を行います。

また、5回ほどの講義を受講後、各期の最後に「ぷよぷよフューチャーカップ」として、ここまでの成果を試すべく、他校の生徒との対戦会を実施します。この対戦会を通して、全国のeスポーツ部との交流を図り、互いに切磋琢磨する環境を作るとともに、対戦会の運営も生徒たちで行うことで、キャリア教育の一端となるようにしています。

<第1回大会>
優勝:長崎県立大村工業高等学校
準優勝:星槎国際高等学校仙台センター

<第2回大会>
優勝:愛知県立小牧工科高等学校
準優勝:長崎県立大村工業高等学校

<第3回大会>
優勝:東京都立練馬工業高校
準優勝:合同チーム(鹿児島情報高等学校、茨城県立東海高等学校、立修館高等専修学校)


フューチャーカップ記念撮影


オンラインで全国の高校と対戦

受講した生徒からのアンケートには、「連鎖ができなかったが、5連鎖まではできるようになった」「折り返しの理解が進んだ」など上達した内容や、「無駄ぷよが多く、暴発するのが課題で修正していきたい」など自身の課題について発見した内容など、さまざまな体験談をいただくことができました。
また、本コーチングでは、コロナウイルス感染症に配慮し、Zoom、Discordなどオンラインツールを使用し、映像や動画、音声でのコミュニケーションを基本にしています。初回開催時にはツールに不安のある先生や生徒が多くみられましたが、講義を進める中で慣れていただくことができました。(※ご不安がある場合は、個別でフォローいたしますのでご相談ください。またPS4™、Nintendo Switch™による参加も可能です。)

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます