「SCARZ」がファン制作の動画を公式YouTubeのイントロに採用!

2021.7.6 eSports World編集部
川崎を本拠地に活動するeスポーツチーム「SCARZ」運営元の株式会社XENOZは、クリエイターコンテストのグランプリ作品を公式YouTubeのイントロに採用した。

<以下、ニュースリリースより>

公式Twitterに続き、公式YouTubeでもファンとコラボレーション!


"SCARZ Feature(#SZFT)" は、esportsコミュニティで活動するクリエイターとSCARZがフィーチャリングすることを通じて、新しい価値を創造していくプロジェクトです。

第二弾となる今回は、動画制作コンテストを開催し、この度見事グランプリ作品が決定いたしました。
グランプリ動画は、SCARZ公式YouTubeチャンネルのイントロ動画として活用いたします。

《YouTube》https://www.youtube.com/c/SCARZChannel

受賞作品の発表


ここからは各受賞作品を紹介していきます。

グランプリ作品



受賞者:Riddle CRIV / クリフ 様
Twitter:https://twitter.com/criedforv

【受賞者コメント】
まずは、グランプリに選んでいただきありがとうございます。前回のSZFTでグランプリを逃してしまった悔しさをバネに今回の制作に取り組みました。制作にあたってSCARZロゴの力強さ、シンプルでわかりやすいカッコよさ、を表現することを意識しました。自分自身イントロ制作は初めてだったので苦戦しましたが、最後までやり切って本当に良かったです。

【SCARZスタッフからのコメント】
ネオンカラーの閃光がSCARZロゴになる演出がとても魅力的でした。デジタルで先進的なイメージのイントロで、esports業界で挑戦を続けるSCARZを表現していただいていると感じました。このイントロを活用して皆様の期待を超えるような動画を上げていきたいと考えております!

準グランプリ作品



受賞者:椎名玲 様
Twitter:https://twitter.com/ryasuck

【受賞者コメント】
この度は準グランプリに選んでいただきまして誠にありがとうございます!今回の動画の制作にあたって、表現の仕方や微調整など今までにないくらいの時間をかけて挑みました。結果は惜しくも準グランプリでしたが、凄くいい経験になったと思います。そして、このような素晴らしいコンテストを開催していただきありがとうございました!このようなコンテストに参加するのは初めてでしたが、これを機に活動の幅を広げていきたいと思っております。ありがとうございました。

【SCARZスタッフからのコメント】
川崎から世界に挑戦するSCARZをカッコよく表現していただきました。重厚感のあるサウンドが動画への期待案を感じさせ、スタッフからも好評でした。惜しくも準グランプリとなりましたが、ぜひまた作品を投稿頂けるとうれしいです。

《HP》https://www.scarz.net/
《Twitter》https://twitter.com/SCARZ5
《Facebook》https://www.facebook.com/scarzjpn
《Instagram》https://www.instagram.com/scarz_jp/
《お問い合わせ》https://www.scarz.net/contact

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます