新生REJECTが世界と戦って感じた新たな課題とは【REJECT Norisen×feez選手インタビュー】

2021.10.14 井ノ川結希(いのかわゆう)
ライアットゲームズが主催する『VALORANT』の国際大会「VALORANT Champions Tour」が開催中。

2021年2月から地域大会である「Challengers」、国際大会である「Masters」が開催され、年間を通した戦いに勝ち残った真の猛者のみが、年末に行われる「Champions」進出できるという『VALORANT』世界一を決める大会だ。


2021年10月11日(月)から10月17日(日)の7日間、ラストチャンス予選として「2021 VALORANT Champions Tour APAC」(以下、LCQ)が開催。敗者復活として「Champions」の出場権をかけた戦いが繰り広げられている。

日本からは、🇯🇵REJECT、🇯🇵Northeption、🇯🇵FENNELの3チームが出場。今回、Dep選手、Hareeee選手が抜けた新チームで戦い抜いたREJECTのメンバーにインタビュー。新チームで感じた可能性や課題について語っていただいた。

世界の強さを感じたLCQ


——まずは、🇰🇷DWG KIA戦おつかれさまでした!とてもつらい戦いを強いられていた印象でした。

feez選手(以下、feez):いやあ、思っていた以上に強かったですね。事前に共有していた情報だと、割とパッシブ(受け身)気味に戦う傾向があるという話だったので、「当たりに行っちゃおうかな」という感じで攻めに行ったのですが、結構アグレッシブに出られて苦戦しました。

Nnorisen選手(以下、Nnorisen):そうですね。特に2マップ目のアセントでは、相手にマップコントロールされている印象が強かったです。例えばこちらがアタッカー側の時は、守りのパターンが複数あって対応するのに苦戦しました。

——なるほど。とはいえ、1マップ目のバインドでは3:13と大差で負けてしまいましたが、2マップ目のアセントでは前半拮抗した戦いを見せて盛り返してきたように感じました。インターバルの間に何か話し合いをされたのでしょうか?

feez:特に1マップ目の負けを引きずることなく「気持ちを切り替えていこう」という話をしていました。全然落ち込むこともなく明るい気持ちで戦えましたね。

——今回、今までのメンバー編成とは大きく変わったメンバーでの大会出場でした。特に初期の頃からメンバーにジョインしていたNorisen選手やfeez選手は、どのような変化を感じましたか?

feez:新しいメンバーとは言っても、2週間くらいしか練習できなかった部分もあるので、まだまだ伸び代はあるのかなあと感じてます。

Nnorisen:今回のLCQはDepとHareeeeが参加しないということで、急遽SamuraiDさんと、skeeyyさんを入れての参加となりましたが、やっぱり練習期間の短さがネックとなっていた試合が多かったです。

ただ、そんな中でも1戦目のFULL SENSE戦では1勝するなど新たな可能性は感じました。

——確かに、🇹🇭FULL SENSE戦のブリーズでは、REJECTらしいアグレッシブな戦いに配信も盛り上がってました。チームの立ち回りも変化はありましたか?

▲マッチポイントを先行した23ラウンド目では、スパイクを設置して退散しようとした🇹🇭FULL SENSEのPTC選手、SuperBusS選手をfeez選手のスネークバイトでまとめて2キル!キャスター陣も大歓喜!

Nnorisen:そうですね。今まではDepHareeeeに比重を置いて練習していた部分が多かったのですが、今回はせっかくメンバーを再編成したということもあり練習内容自体も変化させました。

今までは、特に何も考えずにその場その場の感覚でスクリムをして、個人技を鍛えていくという練習方法をしていたのですが、今回はしっかりとプランを立てて実践し、トライアンドエラーを繰り返して修正していくという練習をしていました。

——まさにチーム一丸となってという感じの練習方法になったという感じですね。今回のLCQでは悔しい思いをしましたが、全体を通して特に強かった選手はいましたか?

feez:個人的には🇹🇭FULL SENSEのJohnOlsen選手を警戒していたのですが、いざ戦ってみるとPTC選手がかなり強かったですね。

——確かに!PTC選手はかなりエグかった。

feez:いやあ、ほんとめちゃくちゃピークしてくるし、めちゃめちゃ勝負してくるし……。ほんと、めちゃめちゃ強かったです(笑)。

▲「PTCは何が見えているんだ!」とキャスター陣も唖然としたプレイを連発するPTC選手

Nnorisen:僕は使用エージェント的にどの選手がというよりは、エージェント単位で警戒しているんですが、それでもPTC選手は印象に残りました。キルログを見て「なんかめっちゃキルしてんな……」って(笑)。

——あはは。確かに(笑)。

feez:🇰🇷DWG KIAだとT3xture選手が、前に詰めてくる感じが強かったですね。

Nnorisen:🇰🇷DWG KIAはT3xture選手の強さも目立ってましたが、チーム全体が強かったですね。

——本当に悔しい思いをしたLCQだったと思いますが、最後に今後の課題と、ファンに向けてひとことお願いします!

Nnorisen:今まではDepとHareeeeに頼りすぎていた部分があったので、これからはコーチ、アナリストを含めチーム全体で新たな練習方法を確立しながら腕を磨いていきたいと思っていますので、引き続き応援よろしくお願いします!

——ありがとうございました!

———

REJECTといえば、Dep選手とHaReeee選手の二大巨頭が目立っていたチームだが、今回新しいメンバーを迎えてLCQに出場。惜しくも敗退となってしまったが、少ない練習量でこれだけ貢献できたことを考えれば、REJECTにとって大きな可能性を感じた大会といっても過言ではない。

今後、REJECTがどのようなチーム編成で、どのような戦いを見せてくれるのか——。引き続き、REJECTを追いかけ続けたい。

Nnorisen選手 Twitter:
https://twitter.com/n0risen

feez選手 Twitter:
https://twitter.com/feez_fps

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ニュース VIEW ALL