『Apex Legends』の世界大会「Apex Legends Global Series オータムサーキット」で日本のeスポーツチームがワンツーフィニッシュ!

2021.1.12 eSports World編集部
Apex Legends』の世界最高峰を決めるリーグ大会「Apex Legends Global Series」の一環として開催された「オータムサーキット」が、2020年10月5日(月)〜12月20日(火)の3カ月間の間開催された。

「オータムサーキット」は、3カ月にわたって開催される賞金総額50万ドルの大会。強豪チームが集結してオンラインにて対戦する。上位に残った強者のみが、12月19日(土)〜20日(日)で開催されるプレーオフに出場するといった流れだ。

▲「オータムサーキット」は、北アメリカ、南アメリカ、EMEA、APAC South、APAC Northの5つの地域に分かれて開催。日本はAPAC Northに分類され、韓国チームを含めた全20チームが集結した

「オータムサーキット」APAC North大会で、
日本のeスポーツチームがワンツーフィニッシュの快挙!


強豪チームを見事倒し、優勝に輝いたのが株式会社Fennel所属の🇰🇷FENNEL Korea。2位は同所属の🇯🇵FENNEL GAMINGだ。なお、🇯🇵FENNEL Koreaの選手は、もともと韓国のeスポーツプロチーム、🇰🇷OP.GG SPORTSに所属していたが、2020年12月にFENNELに移籍している。

▲最終局面に残ったチームは🇰🇷T1 KR、🇰🇷FENNEL Korea、🇯🇵FENNEL GAMINGの3チーム。コメント欄でも「カオス」という言葉であふれかえるほど、混沌とした試合に

最後は🇯🇵FENNEL GAMINGを高台から迎撃した🇯🇵FENNEL Koreaが見事チャンピオンに輝いた。

■🇯🇵FENNEL Korea
Dogma(ドグマ)、JungHee(ジョンヒ―)、Minseong(ミンソン)の3選手が所属。 先月行われた「FFL Apex」でも優勝を果たすなど、名実ともにアジアトップのチーム。本大会での優勝を皮切りに、世界一の称号獲得に向け、さらなる活躍が期待される。


■🇯🇵FENNEL GAMING
ぴのた、栗原、もーもんの3選手が所属。2020年9月に結成されたばかりのチームだが、「Mildom Invitational」で優勝を果たすなど、日本最強のチーム。本大会では惜しくも2位に終わってしまったが、総合得点では他を圧倒するなど、アジアトップの技術を武器に世界一を目指している。


株式会社 Fennelとは

eスポーツのチーム運営や大会運営、ストリーマー育成など幅広い活動を展開しています。FennelはメンバーのTwitter総フォロワー数が130万人を超すなど、現在国内で最も急成長していると言われているeスポーツ会社のひとつです。

「Apex Legends Global Series オータムサーキット」で北アジアトップ2を獲得したeスポーツチームが所属しており、そのチーム運営能力は日本トップクラスです。

会社名:株式会社 Fennel
設立日:2019年8月
所在地:東京都渋谷区南平台町 16-28Daiwa 渋谷スクエアビル6階

公式 Twitter:
https://twitter.com/Fennel_Official?s=20

公式 YouTube:
https://www.youtube.com/channel/UCrQOCBkjJ3_ozfjFDf_AgQw

公式note:
https://note.com/fennelgaming

なお、本大会の様子はMildomにてい配信されている。まだ見ていない人はぜひプロのプレイを見てもりあがろう。

Mildom配信:
https://www.mildom.com/playback/10707087/10707087-bveritooiibqpu9jn3pg

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます