「TEPPEN WORLD CHAMPIONSHIP 2020」決勝大会レポート! 優勝は日本のkuran選手!

2020.12.28 eSports World編集部
スマートフォン向けアルティメットカードバトル『TEPPEN』の世界大会「TEPPEN WORLD CHAMPIONSHIP 2020」の決勝大会が12月27日に開催され、日本のkuran選手が世界一に輝いた。

2019年のリリースから2回目となる決勝大会は、「ランクマッチ」のツアーポイントランキング上位20名と、「Online Region CUP」の各リージョン上位3名ずつの合計32名により、A〜Dまでの4つのブロックトーナメントを勝ち上がった4名による最終決戦。試合はすべてオンラインで行われた。

『TEPPEN』らしい接戦続出! 決勝トーナメントレポート


準決勝第1試合はkuran選手vsライア選手。ともに1ラウンドずつ分け合った第3ラウンド、kuran選手は一時3vs18まで追い詰められながらも、残り3秒の攻防により回復で19対18と1ポイント上回り、決勝にコマを進める激アツな展開に。


続く準決勝第2試合はtarakoman選手vsはい選手。第1ラウンドこそtarakoman選手が敗北したものの、残る2ラウンドは連勝し、最後は30対1という大差をつけてtarakomanがリベンジに王手をかけた。


運命の決勝戦のカードは、kuran選手と昨年の雪辱に燃えるtarakoman選手。

第1ラウンドはkuran選手がウロボロスウェスカー、tarakoman選手が守りの大盾アイルー。攻撃的なkuran選手がタイムアップまでtarakoman選手を追い詰め、1勝をもぎとる。


第2ラウンド、ゼロ落鳳破のtarakoman選手に対して、守りの大盾アイルーを選択したkuran選手は、フェリシア×3体を効果的に使って追い詰めていく。そして16対1とkuran選手が大幅リードの中「守りの大盾」で試合を決めにかかるも、その直後にtarakoman選手が放った「落鳳破」でkuran選手のユニットがすべて破壊されてしまう。ユニットが残っているのはtarakoman選手のみで、劇的な逆転で追いつく。


迎えた最終ラウンドは、両選手とも守りの大盾アイルーをセレクト。じわじわと削っていくkuran選手に対してtarakoman選手は防戦一方となってしまい、kuran選手が2020年の『TEPPEN』の頂点に立った。


試合後のインタビューでkuran選手は、「優勝を目指してもちろん頑張っていたんですけど、まさか本当に勝てるとは思わず、頭が真っ白です。1試合目はお互い数分間動かず、動いた方がいいのか動かない方がいいのか、すごく緊張しました。世界大会という舞台はずっと目指していて、緊張すると思っていたので、メンタル面を鍛えてきて成果は出たかなと思います。

去年の世界大会を見てtarakomanさんに憧れて、いまの自分があると思うので、第二の僕のような人が出てくれたらうれしいなと思います」とコメント。


さらに『TEPPEN WORLD CHAMPIONSHIP  2020』決勝大会を見て自分もやりたいと思った人へのメッセージとして、「このゲーム、難しいとよく言われるんですけど、やればやるほど面白さがわかってくるゲームだと思っているので、ぜひ遊んで欲しいと思います」と締めくくった。

昨年優勝を逃したtarakoman選手が再び決勝に立ち、その強さを見せつけた一方で、そのtarakoman選手を上回る立ち回りを見せたkuran選手の強さもすさまじかった。

どの試合も、リアルタイムに一瞬の判断ひとつで勝敗が分かれる『TEPPEN』ならではの戦いが存分に楽しめる、素晴らしい攻防が詰まった決勝大会だった。

最後にガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社 代表取締役社長兼エグゼクティブプロデューサーの森下一喜氏も感極まりながら、「ゲームを作っているといろいろと迷うこともいっぱいあるんですけど、そうやってみなさんに応援してもらえているのが本当に幸せだなと思います」とコメントした。

優勝したkuran選手には優勝賞金300万円、2位〜4位の選手にもそれぞれの賞金が授与される。2021年もきっと、kuran選手という『TEPPEN』を目指す、新たな猛者が登場することだろう。



TEPPEN WORLD CHAMPIONSHIP 2020:https://esports.teppenthegame.com/jp/championship/2020/
TEPPEN:https://teppenthegame.com/jp/

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コラム VIEW ALL