【レポート】最新のゲーミングチェアが試座できる!AKRacing初となる直営アンテナショップが大阪国際空港(伊丹空港)にオープン

2022.12.16 岡安学
12月12日(月)より大阪国際空港(伊丹空港)にて、AKRacing初となる直営アンテナショップがオープンしました。ニュースとしてはすでに当サイトでもお伝えしていますが、実際にオープン初日にショップに訪れてきましたので、その様子をレポートします。

最新ゲーミングチェアが試座ができる初のアンテナショップ


AKRacingのアンテナショップは大阪国際空港の南ターミナルのANAのチェックインカウンターの目の前に鎮座しておりました。時期によっては混み合う場所なので、チェックイン待ちの人たちの目に入る好立地です。この直営ショップは、テックウインドとして初の直営ショップとなります。


ショップには9台ものゲーミングチェアが展示されており、すべて試座することが可能です。スタンダードモデルのWolfシリーズNITRO V2シリーズを始め、最上位モデルのPremiumシリーズやハイスペックモデルのPro-X V2シリーズなど、さまざまなモデルを取りそろえています。

そして11月に発売したばかりのデニム素材を使用したPremium Denimの展示もありました。オプションのオットマン フットレストも通常モデルとデニムモデルの2種類を用意。こちらももちろん試すことが可能です。

AKRacingのスタンダードモデルともいえるNITRO V2シリーズ。適度なホールド感がある背もたれはゲーマーだけでなく、長時間PC作業をするデスクワーカーにもおすすめ

オフィスチェアがコンセプトのPremiumシリーズ。最上位モデルということもあり、機能面はもちろん高級感のあるデザインが人気。専用のオットマンもあります

デニムモデルは、世界最高水準の品質で知られる岡山県産のデニムを使用し、合皮製品よりも経年劣化に強く、耐久性の高い製品です。通気性もほどよくあるので、汗をかきやすい夏場や座面が冷える冬場でも快適な座り心地を提供してくれます。

展示はありませんが、座椅子タイプの極坐シリーズのデニムモデルも展開しています。イチオシのシリーズですが、新製品なため展示されている店舗は少ないです。こういった最新モデルの実物をすぐにチェックできるのは直営アンテナショップならではの魅力といえます。

最新モデルのDenimシリーズ。残念ながら極坐のDenimシリーズは展示されていませんでした

ちなみにこちらがDenimシリーズの極坐モデル。360度の回転盤で座りながら座る方向を変えることができます。デニム素材なら洋室や和室など幅広い部屋にマッチしそうです

個人的にもデニムの手ざわり感が良くオススメの一脚です。特に素肌で直に座る人は、もはや必須と言える素材と言えるくらい快適な座り心地です。

ゲーマーだけでなくビジネスマンにも訴求できるのが大阪国際空港(伊丹空港)という立地の強み


そもそもテックウインドが直営店を出店する目的は、ゲーミングチェアの知名度と実物をふれる機会の差に起因しています。AKRacingのゲーミングチェアは、数々のeスポーツ大会で使用されたり、テレビCMが放映されたり、明治神宮球場で開催されるセ・リーグ公式戦の監督用チェアと使用されるなど、さまざまな場面で目にする機会があります。


それに対して、取扱い店舗数は増えている一方で多くのバリエーションを一度に体感・試座できる機会が少なく、比較検討に便利なロケーションが待望されていました。そこで、ショウルームとしての機能を有するアンテナショップの必要性が出てきたわけです。

リクライニングや座面の高さ調整、座面の広さ、ヘッドレストやランバーサポートの感覚など、実際に座ってみないとわからないところまで、しっかりと確認できます。飛行機は待ち時間が長めなので、搭乗までの時間をここで費やすのは十分に価値があります。

アンテナショップは空港の外側からも存在をアピールしています

「店舗を出すにあたり、さまざまな候補がありました。それこそ路面店での展開も考えました。そこでゲームをプレイし、ゲーミングチェアをビジネス用途としても使用することが考えられるビジネスマンを今回はターゲットにしました。大阪国際空港は東京をはじめとする日本全国のビジネスマンが往来し、何度もリピートする場所です。AKRacingのゲーミングチェアをアピールするにはうってつけの場所でした」(テックウインド プロダクトマネージャー野嵜氏)

関東圏だと、量販店など大型ショップで実物を見ることができるものの、関西圏はそこまでの展開がされていなかったのも大阪国際空港に出展したもうひとつの理由。ただ、フルラインアップに近い状態で展示されている店舗は稀なので、そういった意味では関東圏の人にとっても、貴重な店舗と言えます。

直営店では基本製品の展示のみですが、スタッフが在中しており、製品の説明を聞いたり、その場で直販サイトから製品を購入したりすることができます。大阪出張の多い方は立ち寄ってみてはどうでしょうか。

それぞれのモデルの特徴など詳細が知りたい時は気軽にスタッフに声を掛けてみるといいでしょう

実際に座ってみて気に入った場合は、公式直販サイトから購入することになります。直営アンテナショップに訪れて公式直販サイト経由で購入すると期間限定でお得な特典がつくこともあるそうです

まだまだ予断を許さないコロナ禍ですが、リモートで作業している人も少なくはありません。家で快適に仕事をするための手伝いとして、ゲーミングチェアの存在は有用な選択肢のひとつ。また、オフィス勤務に戻ったとしても、家での快適な空間に近い環境で仕事をするには、ゲーミングチェアをオフィスでの導入も検討する必要があるかも知れません。

AKRacing公式:
https://www.akracing.jp/

公式直販サイト:
https://akracing-shop.square.site/

【岡安学 プロフィール】
eスポーツを精力的に取材するフリーライター。ゲーム情報誌編集部を経て、フリーランスに。さまざまなゲーム誌に寄稿しながら、攻略本の執筆も行い、関わった書籍数は50冊以上。現在は、Webや雑誌、Mookなどで活動中。近著に『みんなが知りたかった最新eスポーツの教科書』(秀和システム刊)、『INGRESSを一生遊ぶ!』(宝島社刊)

Twitter:@digiyas

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます