【大会レポート+インタビュー】『シャドウバース』の公式大会「RAGE Shadowverse 2022 Autumn GRAND FINALS」閉幕!テリヤキ選手が見事優勝し賞金1,000万円をゲット!

2022.9.28 岡安学
9月23日(金)有明セントラルタワーにて、『シャドウバース』(Shadowverse)の公式大会RAGE Shadowverse 2022 Autumn GRAND FINALS」が開催されました。7月17日(日)に幕張メッセで開催されたオフライン予選を勝ち抜いた8名が2か月の準備期間を経てしのぎを削り合います。

GRAND FINALSに進出した8名は以下の通り。
Say選手、テリヤキ選手、指紋選手、lol選手、yoshiky選手、ミル選手、まほう選手、山芋選手。

注目はeスポーツチームauDetonatiNに所属しているプロゲーマーのミル選手。昨年のShadowverse World GRANDPRIXで3位となった山芋選手です。

初戦はテリヤキ選手、yoshiky選手、lol選手、山芋選手が勝ち上がります。yoshiki選手は組み合わせがミル選手との対戦と決まった時「ついてなかった」と言っていましたが、実力差を跳ね返し、準決勝へと進出します。

準決勝1試合目は山芋選手 vs まほう選手。圧倒的な強さを見せた山芋選手がまほう選手にストレート勝ち。2試合目はテリヤキ選手対lol選手。初戦を負けが先行しての逆転勝ちしたlol選手でしたが、テリヤキ選手には負けが重なり、こちらもストレートでテリヤキ選手が勝利しました。

決勝戦はテリヤキ選手 vs 山芋選手の戦いに。Shadowverse World GRANPRIX 2021のかきp選手対ねぎま選手の対決を彷彿とさせる、食べ物選手名対決となりました。


決勝戦はテリヤキ選手対山芋選手に


第1バトルは山芋ロイヤル vs テリヤキエルフの対戦。トリプルラティカによる48のダメージでオーバーキルをするテリヤキ選手が勝利を収めます。第2バトルは連投の山芋ロイヤルがテリヤキネメシスを撃破。1対1のイーブンに。第3バトルは山芋ネクロマンサーがテリヤキヴァンパイアを倒し、優勝にリーチ。第4バトルは山芋エルフ対テリヤキヴァンパイア。ヴァンパイアの体力が1にまで追い詰められ、エルフが20まで体力を回復。そこから一気に20点の体力を奪い、テリヤキ選手が勝利。これで2-2のフルセットとなりました。

最終バトルは、山芋エルフ vs テリヤキネメシス。序盤から体力を削るテリヤキ選手に対して、体力回復でチャンスを待つ山芋選手。逆転の手が完成する前に削りきったテリヤキ選手が勝利を掴みRAGE Shadowverse 2022 Autumnの覇者となりました。

毎日練習できる時間を確保して大会に挑んだ【テリヤキ選手インタビュー】


——優勝おめでとうございます。試合終了直後は実感が湧いていないとのことでしたが、大分落ち着いた今ではどうでしょうか。

テリヤキ選手(以下テリヤキ):まだ誰とも話せていないので、そこまで実感がないです。スマホも見ていないので、いろいろな人から着信があるかもしれません。

——予選大会からGRAND FINALSまで2か月以上も離れていましたが、どのような時間の使い方をしていましたか?

優勝トロフィーを掲げるテリヤキ選手

テリヤキ:そうですね、バイトをしながら練習もして、生活のリズムで一日の使える時間を確保していました。プレイしない日がないようにしました。

2週間くらい前にゲームの環境が大きく変わってしまって、それまでやってきたことがリセットされたようになってしまいました。でも、それにもうまく対応でき、その2週間の短期間で頑張ることができた感じでもありました。

——今回対戦した相手で印象深い対戦相手はいましたか?

テリヤキ:1戦目のSay選手ですね。Say選手に勝てれば、GRAND FINALSは勝ちきれるのではないかなと思っていたくらいです。初戦敗退か優勝かってくらいに。

——今後の活動の予定や目標はありますか

テリヤキ:次の大会がRAGEなのか、何なのかまだわからないですけど、引き続き頑張っていきたいと思います。『シャドウバース』はこれまで同様にやっていく感じです。特になにも変わらないですね。

——賞金は1,000万円と高額ですが、使い道は考えていますでしょうか

テリヤキ:今日までずっとスマホで『シャドウバース』をプレイしてきたのですが、これを機にPCを導入してみたいと思います。今日一日の対戦はPCでプレイしたのですが、結構、感触が良かったので、PCで『シャドウバース』ができるような環境を作りたいと思います。他には趣味のプラモデルを買うくらいですね。

——ありがとうございました。

本戦だけじゃない!イベント&サイドトーナメントもアツい!


さて、RAGE Shadowverseと言えば、本戦に加えて、さまざまなイベント、サイドトーナメントが開催され、そちらも盛り上がることでお馴染みですが、今回もさまざまなイベントやサイドトーナメントが開催されていました。4人フライト式トーナメントやRAGE Shadowverse Pro TOUR対戦会、Shadowverse EVOLVEアンバサダー対戦会など盛りだくさんです。

会場にはアクリルパネルの展示も

4人フライト式トーナメント

RAGE Shadowverse Pro TOUR対戦会

Shadowverse EVOLVEアンバサダー対戦会

物販エリア

GxGのリグゼ選手をパネルの前で撮影しました

さらに今回は本戦と同じくらい注目を浴びたサイドトーナメントがありました。それが「RAGE 邪道バース 2022 Autumn」です。マジカルラブリーの野田クリスタルさんが総監督を務める『野田ゲー』がてんこ盛りのオムニバスタイトル『スーパー野田ゲーWROLD』に収録された『邪道バース』のトーナメントです。

本家『シャドウバース』を完全オマージュしたカードゲームですが、イカサマ(邪道)を使用でき、その邪道を的確に指摘するとイエローカードが相手に与えられるというオリジナル要素も入っています。イエローカードは3枚蓄積するとその時点で敗北となるため、おいそれとは使えません。

ただ、邪道がバレてイエローカードを貰ったとしても、その邪道は有効になるので、バレることを前提に邪道を行うのもひとつのテクニックとなっています。『邪道バース』は『シャドウバース』よりも半分の時間でゲームが終わるように、カードの1枚1枚が強くなっており、序盤で強力なカードを低コストで出すこともできます。その場合、邪道を使って強力なカードをデッキに戻したり、墓場へ捨てたり、もしくは自分の手札にすることで回避することもできます。

相手の体力を減らす邪道もあるので、残り体力が減ってきた場合は、邪道で体力を減らされることを踏まえた上で戦わなくてはならないわけです。

会場では『邪道バース』の体験会も行われていました

そんな『邪道バース』がRAGEの冠をつけ、サイドトーナメントとして初参戦。マジカルラブリーのふたりも登場。大会賞金は10万円で、なんと野田クリスタルさんの自腹です。本家の賞金1000万円と比べるとさすがにと言った感じですが、10万円の賞金はプロが参加するeスポーツ大会でもあり得る額なので、かなりのものと言えます。

若干巻き込まれた感のあるマジカルラブリーの村上さん(写真左)と、『邪道バース』の制作者である野田クリスタルさん(写真右)

ちなみに、大会前日に『邪道バース』の軽微なバグの修正のためにアップデートを行った結果、高頻度でプレイが止まる重篤なバグが発生するようになったとのこと。プレイが止まった場合は、『スーパー野田ゲーWROLD』の中に収録された単純に連射力を試す『The連射』で勝敗を決めます。決勝戦はエアーマン選手とさくさくいおん選手が勝ち上がりましたが、さくさくいおん選手は『邪道バース』世界一の選手と予選で対戦し、見事ゲームがフリーズし、『The連射』で勝ち上がりました。

決勝戦はBO3で行われましたが、初戦はさくさくいおん選手の指摘が決まり、イエローカード3枚でエアーマン選手が敗北。2戦目はお互いにイエローカード2枚の状態ながら、カードゲームとしての実力の高さによりエアーマン選手が相手の体力を全部削り勝利。

3試合目はイエローカード2枚ずつになってからも果敢に邪道を繰り返すも指摘が外れる展開。エアーマン選手がさくさくいおん選手の体力をすべて奪い勝利しました。終わってみれば、邪道の技術と連射で勝利したさくさくいおん選手は、エアーマン選手の体力をひとつも奪えず試合が終了しました。一歩間違えれば、3戦ともフリーズして、すべて連射で勝敗が付く結果となるところ、奇跡的に3戦とも完走できたことは何よりも幸いだったのではないでしょうか。

優勝したエアーマン選手は賞金10万円を獲得

邪道と言う特別なルールがあるものの、カードゲームとしては成立しており、『シャドウバース』よりも単純なので、『シャドウバース』を始めてみたい人は『邪道バース』からやり始めるのがいいのでは?と思わせてしまう試合展開でした。

イベント終了後はマジカルラブリーのふたりと三田麻央さん、リグゼ選手による応援配信も行っていました

次回の「RAGE Shadowverse 2022 Winter」はオンライン開催となるので、予選会場に駆けつけられない人も参加でき、より多くのプレイヤーが参加すると思われます。是非とも『邪道バース』もサイドトーナメント、もしくは公式タイトルとして参戦して欲しいところです。


なお、次回のRAGE Shadowverse 2022 Winterはオンラインで開催。10月29日より予選が開始されます。

【岡安学 プロフィール】
eスポーツを精力的に取材するフリーライター。ゲーム情報誌編集部を経て、フリーランスに。さまざまなゲーム誌に寄稿しながら、攻略本の執筆も行い、関わった書籍数は50冊以上。現在は、Webや雑誌、Mookなどで活動中。近著に『みんなが知りたかった最新eスポーツの教科書』(秀和システム刊)、『INGRESSを一生遊ぶ!』(宝島社刊)

Twitter:@digiyas

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ゲーミングデバイス VIEW ALL