「Predator League 2019」タイ・バンコク大会閉幕! 3530チームから『PUBG』『Dota2』の王者が決定

2019.2.25 eSports World編集部
3530チームのなかから優勝を勝ち取ったのはどのチームか? 「Predator League 2019」が閉幕!

<以下、ニュースリリースより>


タイ・バンコク ニミブットスタジアムで2019/2/15-17の3日間にわたり開催された「Predator League 2019」 。アジアパシフィック地域から参加した3,530チームのトップ26チームがPUBGDOTA2の2タイトルを争い、10,000人以上のファンが現地で熱戦を観覧。430万以上の視聴回数、ピーク時には6万以上の同時接続をマークしました。

閉会式では、Predator League 2020をフィリピンで開催することが発表され、Acer アジア太平洋地域担当プレジデントのアンドリュー・ホウは「特にパン・アジア・パシフィック地域において、AcerはハードウェアだけでなくeSportsエコシステムと産業を通じて若い才能に活躍の場を提供したい。Predator League 2019にご参加いただいた選手がeSportsコミュニティの一員として素晴らしいパフォーマンスを続けられることを祈っています。そして、2020年にフィリピンでまた会えることを楽しみにしています」とコメントしました。

Predator League 2019の優勝者は以下の通りです。


PUBG
● チャンピオン:AfreecaFreecs Fatal(韓国)
賞金USD75,000と副賞としてチームメンバー全員にゲーミングノートPC「Predator Helios」を進呈
● 準優勝:Purple Mood Esport(タイ)
賞金USD30,000を進呈
● 3位:Team Immunity(オーストラリア)
賞金USD15,000を進呈
※日本代表として参加した「SunSister Suicider’s」はドン勝を2回取り、5位入賞しました。

DOTA2
● チャンピオン:TNC Predator(フィリピン)
賞金USD75,000と副賞としてチームメンバー全員にゲーミングノートPC「Predator Helios」を進呈
● 準優勝:BOOM ID(インドネシア)
賞金USD30,000を進呈
● 3位:GeekFam(マレーシア)
賞金USD15,000を進呈

Acerについて
1976年の創業以来、Acer はハードウェア+ソフトウェア+サービスカンパニーとして、人々の生活を豊かにする革新的な製品の研究、デザイン、マーケティングおよび販売とサポートを行っています。パソコン、ディスプレイ、プロジェクター、サーバー(国内未発表)、タブレット、スマートフォン、ウェアラブル(国内未発表)に至る幅広いレンジの製品を提供するとともに、IoT (Internet of Things) に向けたクラウドソリューションの開発も推進しています。Acerは世界トップ5のPCカンパニーとして、現在、全世界で7,000人の従業員を数え、160以上の国と地域で展開しています。
詳細はhttps://www.acer-group.com (英語版)をご覧ください。

©︎2019 Acer Inc. All rights reserved. AcerとAcerロゴはAcer Inc.の登録商標です。その他商標、登録商標、サービスマーク等の著作物の著作権は、帰属表明の有無に関わらず、それぞれの権利者に帰属します。発表内容は予告なしに変更または削除されることがありますのであらかじめご了承ください。

©️2019 Acer Inc. All rights reserved. Acer and the Acer logo are registered trademarks of Acer Inc. Other trademarks, registered trademarks, and/or service marks, indicated or otherwise, are the property of their respective owners. All offers subject to change without notice or obligation and may not be available through all sales channels.

■リンク
プレデターリーグ公式サイト
https://www.predator-league.com/
リリースページ
https://acerjapan.com/news/2019/492973
日本エイサー
https://acerjapan.com/

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コラム VIEW ALL