『シャドバ』2021年世界王者はkakip選手! 1億5000万円を賭けたグランドファイナルのメタを振り返る

2021.12.24 みかみえれ
2021年12月19日に「Shadowverse World Grand Prix 2021」のグランドファイナルズが、さいたまスーパーアリーナにて開催された。新型コロナウイルス感染拡大の影響から2年ぶりの開催となった本大会では、世界中のトッププレイヤーが、史上最高額となる優勝賞金1億5000万円、賞金総額2億8000万円を賭けて戦った。


エルフ・ウィッチ・ネクロマンサーの三つ巴環境


Shadowverse World Grand Prix 2021」のグランドファイナルズの環境下では、以下の3デッキが三つ巴の状況となっている。
  • セッカエルフ
  • 進化ウィッチ
  • 進化ネクロマンサー



「セッカエルフ」は「瘴気の妖精姫・アリア」や「宿命の狐火・セッカ」を軸としたデッキだ。1ターンでも早く「瘴気の妖精姫・アリア」を展開することで、フェアリーによる盤面処理・打点を狙う。また、プレイ枚数を稼ぐことで「九尾の決意」や「閃光のエルフ・アルバータ」、「優美な猫姉妹・シャム&シャマ」による高打点が決められるのが特徴的だ。


「進化ウィッチ」は「虚無ノ哭風・グリームニル」を始めとした、進化回数が肝となるカードによるリーサルを狙うデッキだ。「清澄の蒼・テトラ」などのEPなしで進化する効果のあるカードが軸となり、最速で進化回数を稼ぐことが重要となる。


「進化ネクロマンサー」は、進化回数を稼ぎ「虚無ノ哭風・グリームニル」「スケルトンレイダー」などによるリーサルを狙うデッキだ。直接召喚やリアニメイトを駆使し、進化回数を増やしていく。また、「スケルトンレイダー」の盤面処理能力も非常に強力だ。

上記3デッキが大多数を占めるため、ミラー対決も多く見られた。勝利を掴むためには、ミスのないプレイングはもちろんのこと、カードの引きの運も重要である。


決勝戦は「おつまみ対決」!RAGEの新旧王者が対決



決勝戦はnegima(ねぎま)選手とkakip(かきぴー)選手の日本人対決だ。kakip選手はこの対決を、お互いの名前から「おつまみ対決」と称した。

negima選手は「RAGE Shadouverese 2020 Spring」の優勝者、kakip選手は「RAGE Shadowverese 2021 Winter」優勝者である。世界大会まで2年待ったnegima選手と最新大会の覇者であるkakip選手の、RAGE新旧王者対決となった。

negima選手、kakip選手ともに、使用デッキは以下のとおりだ。
  • セッカエルフ
  • 進化ウィッチ
  • 進化ネクロマンサー
両選手ともに、「Dawn of Calamity/災禍を超えし者」環境における3大デッキを使用している。


1億5000万円の決め手は「精神力の強さ」



第1試合


1試合目はnegima選手「進化ウィッチ」とkakip選手「セッカエルフ」の対決。

序盤から理想的なムーヴを行うnegima選手。一方決定打がない状況のkakip選手は、7ターン目にPP計算を誤るという取り返しのつかないミスにより、「宿命の狐火・セッカ」を投じてしまう。その後、8ターン目にnegima選手が「虚無ノ哭風・グリームニル」を投じ、10点ダメージを与えて勝利した。



第2試合


2試合目は「進化ネクロマンサー」のミラー対決。

negima選手は盤面展開こそしているものの、リーサルに至るほどの火力がない状況が続く。一方kakip選手は「スケルトンレイダー」を2枚、「虚無ノ哭風・グリームニル」を1枚引いているため、進化回数を稼ぎたいところだ。

迎えた6ターン目でkakip選手は必要な進化回数を達成。「スケルトンレイダー」で盤面を処理しつつnegima選手の体力を7まで削る。その後7ターン目に2枚目の「スケルトンレイダー」と「虚無ノ哭風・グリームニル」を投じて勝利。引き分けに持ち込んだ。


第3試合


3試合目は「セッカエルフ」のミラー対決。

お互い初手でキーカードの「瘴気の妖精姫・アリア」を引いたことで、会場が大きく湧いた。negima選手は「優美な猫姉妹・シャム&シャマ」を3枚引いてしまう、少々動きづらい状況だ。後の打点を考えると、不用意に「優美な猫姉妹・シャム&シャマ」を投じることはできない。

一方kakip選手は4ターン目に最速で「瘴気の妖精姫・アリア」を投じる。5ターン目には「閃光のエルフ・アルバータ」を投じ、negima選手の体力を削りつつリーサルへの準備をするが、現状の手札では打点が足りない。negima選手も回復しつつ応戦する。

7ターン目にkakip選手は「奇跡の実り」から「閃光のエルフ・アルバータ」を引く。これにより5ターン目に仕込んだ「閃光のエルフ・アルバータ」と共にリーサルを迎えた。kakip選手が世界王者に向けて王手をかける。



第4試合


kakip選手がリーチをかけた4試合目は、negima選手「セッカエルフ 」とkakip選手「進化ウィッチ」の対決。

negima選手は初手で「瘴気の妖精姫・アリア」を引く強運っぷりを見せる。一方のkakip選手も、序盤からスムーズな動きができる手札状況だ。

negima選手は最速4ターンで「瘴気の妖精姫・アリア」を展開。kakip選手は進化回数こそ稼げていないが、有利盤面を構築していく。

お互いカード展開や手札管理に全く無駄がない、世界大会の決勝にふさわしい試合展開。6ターン目にはnegima選手が「宿命の狐火・セッカ」によるリーサルが見えている状況だ。一方のkakip選手は7ターン目に進化回数を達成。回復と盤面処理でリーサルを回避した。8ターン目に「ソニック・フォー」と「虚無ノ哭風・グリームニル」で一気に14点体力を削り、kakip選手が世界王者となった。



総評


1試合目でPP計算を誤るという痛恨のミスを見せたkakip選手。コンボ計算が重要なエルフクラスにおいては、致命的なミスである。「宿命の狐火・セッカ」を誤って展開したときは、ショックの表情を浮かべていた。しかし以降の試合ではしっかりと気持ちを切り替え、いたって冷静なプレイングを見せた。

今大会は史上最高の1億5000万円を賭けた戦い。しかも久しぶりのオフライン開催で、多くの観客に見守られるという緊張感がある環境だ。このような環境下で最初のミスを引きずることなく、冷静にプレイをできる精神力の強こそが、kakip選手を世界王者へと導いたのだろう。


『シャドウバース』とは“宝”です



試合後に行われたkakip選手へのインタビューの様子をお送りする。

──グランドファイナルズ優勝、本当におめでとうございます。

kakip選手:ありがとうございます。

──改めて今の胸の内を聞かせてください。

kakip選手:信じられないくらい最高です。

──今日1日を振り返っての戦いぶりはいかがでしたか?

kakip選手:RAGE優勝から流れがずっとあるんだなって感じました。

──1億5000万円をどうお使いになりますか?

kakip選手:とりあえずパソコンを買います。

──あなたにとって『シャドウバース』とはなんですか?

kakip選手:”宝”です。


コロナ禍での世界大会


「Shadowverse World Grand Prix 2021」グランドファイナルズの最終結果は以下のとおり。

優勝:kakipi選手
準優勝:negima選手
同3位:Hanada選手
同3位:MingiGod選手
同5位:Shitaue|iDeal選手
同5位:KSW選手
同5位:Meow944選手
同5位:ZeNX選手


「機械ネメシス」で死闘の末粘り勝ちを見せたHanada選手や、予選を最高成績で勝ち上がり、1回戦でも勢いそのままに3連勝を見せたMingiGod選手など、さまざまなドラマが生まれた。

今大会は新型コロナウイルスの影響から、残念ながら海外選手が入国できない状況での開催となった。そのため、海外選手についてはオンラインでの参戦である。公式大会としては久しぶりのオフライン大会であるため、一部選手がオンラインになってしまったのは少々残念に思う。

しかし、コロナ禍において最善の形での開催となったのは間違いない。観客のバルーンによる応援や歓声があったことで、この2年間の集大成として大盛り上がりの大会となった。


2022年シーズンは賞金額が大幅アップ!



新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、2022年の世界大会の開催は見送られることとなった。その代わり、国内外の大会賞金が大幅に増額されるとの告知があった。RAGEにおいては従来400万円だった優勝賞金が、1000万円まで跳ね上がる。

2022年シーズンでは世界大会への出場が叶わないが、大幅アップする賞金と王者の栄冠を手にするべく、シャドバプレイヤーはこぞって参加してほしい。

パソコンを持っておらず、スマホひとつで世界王者となったkakip選手。スマホさえ持っていれば、誰でも世界王者になるチャンスがあるという夢を見せてくれたkakip選手に続き、今後も多くの名プレイヤー・名勝負が生まれることに期待したい。

SHADOWVERSE WORLD GRAND PRIX
https://esports.shadowverse.com/wgp/?lang=ja


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます