【大会レポート】『サマナーズウォー:ロストセンチュリア』 世界大会「ワールドチャンピオンシップ 2021」で頂点に立ったのはHappy選手!

2021.11.18 eSports World編集部
サマナーズウォー:ロストセンチュリア』において、2021年11月7日に開催されたeスポーツ大会「ロストセンチュリア ワールドチャンピオンシップ 2021」が閉幕。優勝はHappy選手。

<以下、ニュースリリースより>

大会はアーカイブで視聴可能!


サマナーズウォー:ロストセンチュリア』11月7日「ワールドチャンピオンシップ 2021」大盛況のなか閉幕
韓国のHappy選手がチャンピオンに!フランスのMonkeyDLuffy選手との決勝戦では、4-0で圧勝劇!
日本をはじめ北米、ヨーロッパなど世界中のファンがオンライン生中継を観戦!

11月7日17時から始まった「LWC2021」は、世界各地から選ばれた8人の選手が熾烈な闘いを繰り広げました。
激闘の結果、見事、韓国のHappy選手が優勝いたしました。

Happy選手は、韓国のParkbyoungwoo選手との初戦を3-2で勝利すると、準決勝ではタイのGrid選手に3-0で勝利し、決勝戦へと駒を進めました。

世界最強を決める決勝戦は、8月に開催された大会「World Showdown」にて3位に輝いた実績を持つフランスのMonkeyDLuffy選手との対戦となりました。Happy選手とMonkeyDLuffy選手は「World Showdown」の1回戦で対戦しており、3-0でMonkeyDLuffy選手が勝利していました。

「LWC2021」決勝戦では、Happy選手が有利に勝負を進めました。
MonkeyDLuffy選手も新モンスターの「シゲ」と「オロチ」を使って巻き返しをはかりますが、Happy選手のカウンタースキルによる追い打ちと「ガニメデ」「リテッシュ」などの範囲攻撃スキルの攻勢に耐えられませんでした。最終的にHappy選手が4-0という完勝劇で「World Showdown」のリベンジを果たし、2万ドルの優勝賞金を手にしました。


『ロストセンチュリア』の公式YouTubeチャンネルでは、全世界8か国語で「LWC2021」が生中継され、世界中のファンが試合を観戦しました。

今大会は『ロストセンチュリア』のスリルあふれるバトルアクションと、熱中させる観戦の楽しさを世界中のファンにお届けするために企画されました。

『ロストセンチュリア』では、今後も世界的なeスポーツタイトルを目指し、さまざまな世界・地域大会を開催していく予定です。

大会に関するより詳しい情報は『ロストセンチュリア』の公式サイト及び公式SNSをご確認ください。

□『サマナーズウォー:ロストセンチュリア』LWC2021案内サイト
https://esports.summonerswar.com/ja/lwc
□『サマナーズウォー:ロストセンチュリア』公式サイト
https://summonerswar.com/lostcenturia?r=p6
□『サマナーズウォー:ロストセンチュリア』公式Twitter
https://twitter.com/lostcenturiajp
□『サマナーズウォー:ロストセンチュリア』公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCc4X_BZnoM27tVrDINCE14w

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ニュース VIEW ALL