【大会レポート】VCT Stage3 Playoffがついに開幕!日本代表として世界大会に挑む2チームが決定!

2021.8.18 eSports World編集部
VALORANT地域チャンピオンを決める大会「VALORANT Champions Tour Stage3」が2021年7月4日(日)から開催された。

「VALORANT Champions Tour」とはVALORANT世界王者を決める大会で、Challengers・Masters・Championsの3段階で構成されている。


地域大会Challengersと、その勝者が出場する国際大会Mastersが全3回にわたって開催。そこで成績上位のチームがVALORANT初代年間チャンピオンを決める大会Championsへの出場権を獲得する。

そして、7月4日(日)から開催されたVALORANT Champions Tour Stage3では、Mastersに出場する2チームを決める戦いが行われる。Stage1は新型コロナウイルスの影響で地域内限定での開催となったMastersだが、Stage2ではCrazy Raccoonが日本代表としてアイスランドで世界の強豪と戦いを繰り広げた。そしてStage3はドイツでの開催が予定されており、期待が高まっている。

12(木)~15(日)にはPlayoffが開催。実況/解説のOoodaさん・岸大河さん・yueさん・Yukishiroさん・リーゼフェルトさん・akamuさんの6名が見守る中、Masters進出をかけた戦いが行われた。

マッチレポート Day1


ここからはDay1に行われた各マッチのレポートをお届けしよう。

ZETA DIVISION(ZETA) vs Insomnia(INSM)


予選で強烈なインパクトを残したsomething選手(INSM)を中心に躍進が期待されたINSM。しかし、試合では抜群の連携力を見せたZETAが試合を圧倒。2nd mapではわずか1ラウンドしかとられずに2マップ連取で勝敗を決めた。

▲この日絶好調だったのがReita選手(ZETA)。2マップ目ではK/DA5.5を叩き出しチームを牽引した

REJECT(RC) vs Northeption(Nth)


Stage1・Stage2ともに3位に輝いているRCに新進気鋭のNthが挑む1戦。互角の戦いになる事が予想されていたが、終始Nthが試合を支配。2マップ連続で勝利し、見事なアップセットを見せた。

▲Nthを支えたのはやはりseoldam選手(Nth)。味方のスキルと合わせたブレイドストームも見せ16回のファーストブラッドを記録した

BlackBird Ignis(BBI) vs FENNEL(FL)


OpenQualifierでも激突したライバル同士の再戦となったこの試合。序盤こそ接戦となったが、ラウンドを重ねるにつれてFLがリードしていく展開に。Pepper選手(BBI)を加え、飛躍が期待されていたBBIを下して接戦を制した。

▲安定感のある立ち回りでチームを支えたTENSAI選手(FL)。「いいプレーを出せてチームの雰囲気を盛り上げられた」と自信のプレーに満足した様子も見せた

Feeling(FEEL) vs Crazy Raccoon(CR)


Stage2でアイスランドも経験し、メンバーも大きく変更したCRはプロチームを多く下してきたFEELをフィジカルで圧倒。2マップ合計でわずか9マップしか取られない圧巻のプレイを見せて勝利を収めた。

▲neth選手(CR)がアストラを使う新たな構成でPlayoffに臨んだCR。新体制について「それぞれが意識している事をまだ共有できていない」と課題も口にした

マッチレポート Day2


引き続き、Day2に行われた各マッチのレポートをお届けしよう。

Insomnia(INSM) vs Reject(RC)


悲願のPlayoff制覇に向けてもう負けられないRCに立ち塞がったのはsomething選手(INSM)。日本でも屈指のフィジカルを誇るRCに対して3マップで76キルを叩き出す大活躍を見せて試合を牽引。3マップすべてで2ラウンド差という大激戦を制して次のラウンドにコマを進めた。

▲予選で見せた爆発力をこの日も見せたsomething選手。RC相手でも次々と撃ち合いを制するプレーに視聴者も大いに沸いた

BlackBird Ignis(BBI) vs Feeling(FEEL)


CRに大差で敗れたFEELだが、強豪BBI相手にアセントではわずか2マップしか取得させない試合で視聴者を驚かせた。GangPin選手のファーストブラッドにも苦しめられたBBIはPlayoffでは1マップも取れずに敗戦してしまった。

▲pepper選手(BBI)に「ここまでやりづらいジェット初めて」とまで言わしめたGangPin選手(FEEL)。変幻自在な動きでBBIを手玉に取った

ZETA DIVISION(ZETA) vs Northeption(Nth)


MainEventでも1-1で引き分けており、この日最も注目された一戦。柔軟な対応で相手を翻弄するZETAとフィジカルの強さを見せるNthの戦いは3マップ目のOTまでもつれる大熱戦に。視聴者も固唾をのんで見守った試合はNthがZETAに初勝利を収め、UpperFinalに進出した。

▲Laz選手(ZETA)を中心に実況の岸さんが「惚れ惚れする内容」と評価したZETAのバインドでの動き。常にお互いがカバーを取れる高い連携力は日本でも間違いなくトップだろう

▲crow選手(ZETA)がkay/oをピックする驚きの構成を見せたZETA。seoldam選手(Nth)の動きを封じられたNthだったがMeiy選手(Nth)がエントリー役としてMVPの活躍を見せた

FENNEL(FL) vs Crazy Raccoon(CR)


FEELに大差で勝利したCRはそのままの勢いでFLを試合序盤から圧倒。2マップで7人の選手を起用する戦術の豊富さも見せたCRが危なげなくUpperFinal進出を決めた。

▲FLを最後まで苦しめたFisker選手(CR)のオペレーター。ファーストブラッドを量産し常にラウンドを優位に進めた

マッチレポート Day3


続けてDay3の各マッチのレポートをお届けしよう。

FENNEL(FL) vs Insomnia(INSM)


これまで多くのプロチームを下してきたINSMだったが、初の世界大会出場に並々ならぬ思いを賭けるFLが試合を支配。脅威とされていたsomething選手(INSM)をチーム全体で抑え、安定感のある戦いで勝利した。

▲インタビューでRelifeコーチ(FL)が「準備してきたものを出せると思っていた」と話した通り素早い連携でINSMにやりたい事をさせなかったFL。CR戦での悔しい結果から見事に立て直した

ZETA DIVISION(ZETA) vs Feeling(FEEL)


まさかの敗戦でLoserに回ったZETAは1stmapでも抜群の連携を見せるFEELに苦しめられる。しかし王座奪還に向けてもう負けられないZETAは、2ndmapで13ラウンド連続取得という圧巻のプレイを見せて勝利した。

▲2ラウンド連続のエースで勝負を決めたtakej選手(ZETA)。持ち前のフィジカルと相性のいいレイナをFEELは最後まで止めることができなかった

Northeption(Nth) vs CrazyRaccoon(CR)


勝ったチームがベルリン行きを決める重要な一戦は王者CRにNthが食らいつく一進一退の攻防に。Astell選手(Nth)のIGLを軸に柔軟な動きを見せるNthがCRに2マップ連続で肉薄するが、王者の貫禄を見せたCRにあと一歩及ばず敗戦。CRが3大会連続のGrandFinal進出を果たした。

▲壁に味方を乗せるNthの動きにすぐ対応したCR。相手に同じ攻め方を何回もさせない勝負所での対応の速さは健在だ

▲CRを苦しめたのがNthの頭脳と称されるAstell選手のラーク。不意を衝く動きで人数有利を幾度となく生み出した

FENNEL(FL) vs ZETA DIVISION(ZETA)


LoserFinal進出をかけた一戦は序盤にラウンドを重ねたZETAが試合をリード。FLも終盤に粘りを見せ、2マップ連続で2ラウンド差の熱戦を披露したが、それを振り切ったZETAが悲願の王座奪還に一歩近づいた。

▲TO直後の11-11という重要なラウンドで勝負を決めたLaz選手(ZETA)。ZETAとして初の世界大会進出にまた一歩前進した

マッチレポート Day4


最後にDay4に行われた各マッチのレポートをお届けしよう。

Northeption(Nth) vs ZETA DIVISION(ZETA)


勝てばベルリン行き、そして王者CRの待つGrandFinal進出が決まる一戦。前回の対戦で苦しめられたNthの動きへの対策をしっかりと練ってきたZETAが試合をリード。takej選手(ZETA)を中心に強気な打ち合いを見せたZETAがNthにリベンジを果たし、3大会連続で決勝進出を決めた。

▲前回対戦ではNthが大勝したバインドだったが、この日はZETAが大勝という真逆の展開に。takej選手を中心に積極的に前に出て撃ち合いに挑んだ事が功を奏した

Crazy Raccoon(CR) vs ZETA DIVISION(ZETA)


年間王者か3度目の正直か。伝統の一戦となったこの試合はStage1・Stage2とは異なり、絶対王者CRに対して強気に撃ち合うZETAが1マップ目、2マップ目を連取する予想外の展開に。しかしCRもその後2マップ連続で勝利する意地を見せて、勝負の行方は5マップ目までもつれた。両者死力を振り絞って戦った試合の末、ZETAがCRを下し見事に王座を奪還した。

▲序盤に見事なエースを見せてチームを勢いづけたtakej選手(ZETA)。チーム全体のバトルスコアで1位に輝き調子の良さを見せた

▲2マップ連続で取得され追い込まれたCRの流れを変えたBazzi選手(CR)のエース。オペレーターのみでのエースに視聴者も大いに沸いた

▲勝負を決めたのは新たにZETAに加入したmakiba選手(ZETA)。これまで2大会連続でCRに敗れたZETAだったがついにFirstStrikeの王座奪還を果たした

まとめ


熾烈な争いを制して、悲願のVCT初優勝に輝いたZETA DIVISION。ベルリンで開催されるMastersでCrazy Raccoonとともに世界の強豪を相手にどのような戦いを見せてくれるか期待したい。

また、ベルリン行きのチケットを手に入れたCR、ZETAのスペシャルインタビューもぜひ見てほしい。



© 2020 Riot Games, Inc. All Rights Reserved

YouTube:
Day1:
https://www.youtube.com/watch?v=zBBnO9td2mk

Day2:
https://www.youtube.com/watch?v=Ik8yqGtrrBw

Day3:
https://www.youtube.com/watch?v=Ieq7H93FQ2w

Day4:
https://www.youtube.com/watch?v=TsGfxGZVX4A

Special Interview:
https://www.youtube.com/watch?v=cS6go5WO9WI

Twitch:
Day1:
https://www.twitch.tv/videos/1115713863

Day2:
https://www.twitch.tv/videos/1116717283

Day3:
https://www.twitch.tv/videos/1117740940

Day4:
https://www.twitch.tv/videos/1118820884

Special Interview:
https://www.twitch.tv/videos/1119058607

VALORANT Champions 公式:
https://valorantesports.tokyo/index.html

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ニュース VIEW ALL