プロゲーマーチーム「PONOS」が新メンバーとともに「クラロワリーグ イースト」に参戦!

2020.3.26 eSports World編集部
ポノス株式会社は、プロゲーマーチーム「PONOS」に新メンバー2名を加え、『クラッシュ・ロワイヤル』の公式eスポーツリーグ「クラロワリーグ イースト」に参戦することを発表した。
2名の新メンバーは、元「GameWith」のエース「KK選手」と、「トロフィー8000最強決定戦」ベスト8の成績をおさめた「焼き鳥選手」。
クラロワリーグ イースト」は2020年4月4日からの開幕となる。

<以下、ニュースリリースより>

「クラロワリーグ イースト」参戦!プロゲーマーチーム「PONOS」新メンバー決定のお知らせ

ポノス株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役:辻子依旦、以下「ポノス」)は、プロゲーマーチーム「PONOS」に新メンバーを迎え、公式eスポーツリーグ「クラロワリーグ イースト」に参戦することをお知らせいたします。

PONOS 所属選手紹介


RAD
2018 CRL アジアシーズン1 2v2 MVP、2019 CRLアジアシーズン1 MVPと2年連続でMVPを獲得。常に新しい戦略を研究し、どんなデッキでも使いこなす。
チーム内外の信頼も厚く、2020年はキャプテンとして自ら先頭に立ちチームを勝利へと導く。

本人コメント

新生PONOSとして世界大会優勝を目指し頑張ります!!
そして、3年連続MVPもいただきたいと思います!!


ライキジョーンズ
PONOSチーム発足時から所属し、チームを明るく和ませるムードメーカー。
勝利パフォーマンスの手裏剣ポーズは今やPONOSの代名詞となっている。
いつも笑顔と明るい表情でチームを支える一方、世界一への想いは誰よりも強く、2020年もチームを牽引する。

本人コメント

僕たちなら出来ると信じています。
世界大会優勝やっちゃうよ!


天GOD
PONOSチーム発足時から所属し、2018年からみかん坊や選手との最強タッグでアジアを席巻してきた豊富な経験と温和な人柄でPONOSの精神的な柱となっている。
ジャイアント使いとして有名だが、実は多彩な戦術を使いこなす策士。

本人コメント

新生PONOSで今年こそ世界大会優勝する準備は整いました!
全力で戦いますので今年も応援よろしくお願いします!


KK 新規加入
昨年までのPONOS最大のライバル、GameWithのエースが2020年PONOSに電撃加入。ピンチな状況に追い込まれれば追い込まれるほど速くなる、得意の「高回転」デッキがさらなる進化を遂げる。

本人コメント

またチャンスを頂きました。もう逃しません。
最高のパフォーマンスでみんなと世界優勝獲りに行ってきます!!!


焼き鳥 新規加入
2v2での活躍は言うまでもないが、1v1でも「トロフィー8000最強決定戦」ベスト8の成績をおさめるオールラウンダー。2018年の人気ペア「RAD・焼き鳥」が2020年PONOSで復活。

本人コメント

届きそうで届かなかった世界の舞台。
その2年間の悔しい思いを全てぶつけて、世界を獲りたいと思います。


監督 フチ
言わずと知れた「元祖日本一」プレイヤー。
チーム発足時は選手として世界大会を経験し、昨年は監督としてアジアチャンピオンにチームを牽引。
「誰よりもクラロワを知る男」が2020年も監督としてチームを支える。

本人コメント

この3年間優勝インタビューを受ける自分が夢に出てきますが、PONOSは夢を現実にできるチームだと確信しています。
最高のチームで最高のパフォーマンスを魅せていくのでよろしくお願いします。

クラロワリーグ イーストは4月4日からの開幕となります。
PONOSチームの最新情報は公式Twitterをご覧ください。
https://twitter.com/PONOS_Athletes


クラロワリーグについて
クラロワリーグは『クラッシュ・ロワイヤル(通称:『クラロワ』)』の公式eスポーツリーグで、2018年3月に発足したモバイルゲームにおける初のグローバルプロリーグです。参加チームは、地域リーグの上位が一堂に会して競う「世界一決定戦」での優勝を目指し戦います。

ポノスについて
ポノスは、1990年の創業以来一貫してゲームを通してエンターテインメントという文化の発展に貢献してまいりました。【求められるモノは創らない、それ以上を創り出す。】を掲げ、求められるモノの中に、自分たちしか創れない価値をプラスしていくことを私たちは大切にしています。現在は、スマートデバイス向けのオリジナルゲーム開発を核に事業を展開し、代表タイトル『にゃんこ大戦争』は、累計DL数5,000万を(2020年2月現在)超え、多くのお客様に楽しんでいただいております。



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます