【e-elements主催!】賞金総額500万円をかけた「League of Legends Spring Cup 2020」のユニフォーム協賛が決定!

2020.3.2 eSports World編集部
アニマックス」のeスポーツ新規プロジェクト「e-elements」の第一弾として主催する「League of Legends Spring Cup 2020」の大会公式ユニフォーム協賛が決定した。

<以下、ニュースリリースより>

teammax(Nike商品)による大会公式ユニフォーム協賛が決定!


株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン(以下、アニマックス、本社:東京都港区、代表取締役社長:滝山雅夫)が運営するアニメ専門チャンネル<アニマックス>は、eスポーツ新規プロジェクト 「e-elements (イーエレメンツ)」(以下、e-elements) の第一弾として主催する“League of Legends Spring Cup 2020”の大会公式ユニフォーム協賛(デザイン及びチームへの提供)を、teammax(Nike商品)に決定いたしました。

同公式ユニフォームは、決勝トーナメント(4月11日(土)にヨシモト∞ホールで開催)に出場する全8チームの登録選手全員に提供します。賞金総額500万円に加えて、「e-elements」第一弾の大会開催を記念する公式ユニフォーム用意して、大会全体を更に盛り上げていきます!

※デザインはイメージです。全8色で展開予定
※デザインはイメージです。全8色で展開予定
<「e-elements」 LoLアマチュア最強決定戦の開催!> “チームエントリー受付中!"
●大会名称:ANIMAX e-elements “League of Legends Spring Cup 2020”
●主催 :株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン
●大会協力:吉本興業株式会社、株式会社プレイブレーン
●賞金 :総額 5,000,000円
●参加資格:アマチュア限定(LJLロースター登録選手以外)
※15歳以上の5名1チーム(スターター5名、リザーバー3名)
●募集開始時期:2020年2月14日(金)〜 3月13日(金)12:59まで
●大会スケジュール:
①オンライン1次予選:2020年3月14日(土)(A日程)、2020年3月15日(日)(B日程)
※A日程、B日程共に最大256チームまでエントリー可能
②オンライン2次予選:2020年3月22日(日) ※Live配信あり
③オフライン決勝トーナメント:2020年4月11日(土) ヨシモト∞ホールで開催
④決勝戦:2020年4月下旬予定(詳細は後日発表します)
●大会公式サイト:https://e-elements.jp/lolsc2020/
●大会公式twitter:@e_elements_Jp


<総額10万円分のAmazonギフト券が当たるtwitterキャンペーンを実施!>


本日より3/6(金)12:00までの期間、「ANIMAX e-elements “League of Legends Spring Cup 2020”」大会公式ユニフォーム決定を記念して、第4弾となるフォロー&RTキャンペーンをスタートします。
[賞品]Amazonギフト券1000円分(総額10万円分)
[当選人数]100名様
[応募方法]
1. e-elements公式twitterをフォロー
2.上記公式twitterに投稿される、キャンペーンツイートをリツイート
[応募期間]2020年2月28日(金)~2020年3月6日(金)12:00


<チームオーダー専門店『teammax / チームマックス』>


サッカーやフットサルをはじめ、バレーボールやラグビーバスケットボール、eスポーツなど年間3,000チーム以上の製作実績!
世界で唯一の完全オリジナル「フルオーダー」ユニフォームはもちろん、NIKEやadidasなどトップブランドのウエアにオリジナルロゴやマーキングを加工する「セミオーダー」ユニフォームも当店なら幅広いアイテムの中からご用意できます!
URL:https://teamorder.jp/esports/

<アニマックス eスポーツ新規プロジェクト「e-elements」>

※「e-elements」のロゴは1.戦略 2.スピード 3.メンタル 4.トレーニング 5.運  をイメージした5角形で構成
イーエレメンツの<エレメンツ=要素>はeスポーツには5つの要素1.戦略 2.スピード 3.メンタル 4.トレーニング 5.運が必要と定義付け、「これらの要素を満たした選手やチームのみが頂点に立てる」そうした選手の発掘・育成の場の提供や、eスポーツ全体を盛り上げていきたいという想いを込めてプロジェクトを発足しました。今後同プロジェクトでは、eスポーツに適したゲームタイトルの大会運営やオリジナル番組などのコンテンツを企画・開発していき、自社の放送リソース及びグループ各社や他社との協業を視野に、国内外に発信していきます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます