学生団体Memory×ARスポーツ『HADO』のコラボイベントが実現!

2020.1.24 eSports World編集部
学生団体Memoryが開催する学生向けAR・VR体験イベント「HADO Memory CUP 2020」に、ARテクノスポーツ『HADO』が登場する。

学生に最新のAR、VRを体験してもらいたい!


株式会社meleap(所在地:東京都千代田区、CEO:福田浩士)は、2020年3月12日(木)に学生団体Memoryが開催する学生向けAR・VR体験イベント「HADO Memory CUP2020(ハドーメモリーカップ2020)」に、ARテクノスポーツ「HADO」を提供致します。




HADOとは?

HADO(ハドー)とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、AR技術を使ったスポーツです。3対3のチームに分かれ、エナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦します。現在、当社はHADOシリーズをアジア、北米、南米、ヨーロッパ、中東、アフリカなど世界26ヶ国65箇所以上に店舗を展開し、延べ130万人以上が体験しています。

 

イベント概要


AR技術、VR技術がめざましく進歩し、将来的にさまざまな分野での活用が期待されている。それらの技術を使ったゲームも数多く展開されている。しかし、大学生の中には、そうしたAR・VR技術をあまり体験した事が無いという人も多い。

そこで、「学生の世界観の拡大」を団体理念に掲げる学生団体Memoryは、学生にAR・VR技術の体験という新しい体験を提供するために、学生向けAR・VR体験イベント「HADO Memory CUP 2020」を開催する。学生団体Memoryは、このイベントを通して多くの学生に最新のAR、VR技術を体験してもらい、視野を広げてもらうことを狙いとしている。

「HADO Memory CUP 2020」

日時:
2020年3月12日 13:00~18:30(受付開始は12:00)
場所:武蔵野の森総合スポーツプラザ(サブアリーナ )
参加対象:学生
コンエンツ:HADO、VRコンテンツのブース、その他各種ブース
(イベントページで随時更新)
タイムテーブル(予定):
12:00~ 入場受付
13:00~ オープニングイベント
13:20~ フリープレイ
17:20~ HADO決勝トーナメント
18:00~ エンディングイベント
18:30 イベント終了
イベントページ:https://memoryhado2020.amebaownd.com/
(上記イベントページからチケット情報もご覧になれます)
お問い合わせ:memory11th@gmail.com


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コラム VIEW ALL