『リーグ・オブ・レジェンド』に新チャンピオン「救済者 セナ」が実装

2019.11.15 eSports World編集部
PCオンラインゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』において、146体目となる新しいチャンピオン「救済者 セナ」が実装。

<以下、ニュースリリースより>

コンセプトは「サポートマークスマン」


PCオンラインゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』(League of Legends)の運営元Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、146体目となる新しいチャンピオン「救済者 セナ」を実装しました。

新チャンピオン「救済者 セナ」


◇ユニバース: https://universe.leagueoflegends.com/ja_JP/champion/senna/
◇開発エピソード: https://nexus.leagueoflegends.com/ja-jp/2019/10/senna/

◇アニメーテッドトレーラ

◇スポットライト動画

◇テーマ

「光の番人」になるためのセナの旅は「黒き霧」という暗闇から始まった…
セナが最初にその霧と出会ったのは彼女がまだ幼い頃、遠方で起きた「暗黒の刻」の漂流物が、故郷の海岸に打ち上がった時だった。漂流物の中の黒き霧が、命ある者と接触して覚醒したのだ。彼女の住む村、そして彼女は、近くにいた光の番人の助けによってその霊魂の嵐をやり過ごすことができた…しかし襲撃が終わっても、霧はどういうわけかセナに引き付けられたままだった。

『セナ』のスキル

固有スキル - 魂の赦し
 レリックキャノンは発射に時間を要するが、追加ダメージを与える。自身が攻撃した敵チャンピオンまたは死亡した敵の霊から「霧」を吸収することで、射程、攻撃力、クリティカル率を増加させていくことができる。

Q:「ピアシングダークネス」
 味方を回復し、敵にダメージを与える一撃を放つ。「ピアシングダークネス」のクールダウンは、敵を通常攻撃することで短縮することができる。

W:「最期の抱擁」
 「霧」を操り、最初に命中した対象にダメージを与え、少ししてから対象とその周囲にいる敵にスネア効果を与える。

E:「黒き霧の呪い」
 立ち込める霧となって移動速度が増加し、自身と近くにいる味方をカモフラージュする。味方は霧から出ると亡霊形態になり、敵から対象指定されなくなる。亡霊となった味方は、敵を攻撃するか敵に接近すると元の姿に戻る。

R:「ドーニングシャドウ」
 超大射程のビームを放つ。ビームにふれた味方にはシールドを付与し、ビームの中央にいた敵にはダメージを与える。

『True Damage セナ』


新チャンピオン『セナ』は、975RP(課金により購入することができるゲーム内ポイント)、または 7,800ブルーエッセンス(ゲームをプレイすることでもらえるゲーム内ポイント)で購入することができます。

また、『セナ』のゲームプレイ中の見た目や各種動作を変えることができるスキン「True Damage セナ」(1,350RP)も同時に登場しました。このほかにも新たなスキンを順次追加予定です。 ※価格はリリース時のものです。

「True Damage セナ」(イメージ)
「True Damage セナ」(イメージ)

チャンピオンのスキルや各種設定は今後のゲーム内アップデート(パッチ)によって調整または変更されることがあります。

ライアットゲームズとは

「最高のゲームは、プレイヤー第一主義のチームから生まれる」という信念を持つ、2人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより、『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーとして2006年に創業。2009年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンド』をリリースし、プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける。本社は、米国カリフォルニア州サンタモニカにあり、世界23カ所にオフィスを展開。(2019年10月現在)日本オフィスは2014年4月に設立、リーグ・オブ・レジェンドの日本版サービスを2016年3月より開始。

ライアットゲームズ: https://www.riotgames.com/ja

リーグ・オブ・レジェンドとは
 2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。

RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。毎年行われるeスポーツ最高峰の世界的祭典「League of Legends World Championship(WCS)」は視聴者数9,960万人を記録するなど大きな注目を集める。

多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている。

リーグ・オブ・レジェンド: http://jp.leagueoflegends.com/

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます