【ePARA × 筑波技術大学】視覚情報を用いないeスポーツ研究を行う「ブラインドeスポーツ研究プロジェクト」が開始

2023.5.9 eSports World編集部
株式会社ePARAが、国立大学法人筑波技術大学と共同で「ブラインドeスポーツ研究プロジェクト」を開始した。視覚情報を用いないeスポーツの研究や可能性を追求していく。

<以下、ニュースリリースより>

視覚情報を用いないeスポーツの発展とアクセシビリティ向上のための共同研究チーム発足


株式会社ePARA(本社:埼玉県戸田市、代表取締役:加藤大貴、以下「ePARA」)は、国立大学法人筑波技術大学(所在地:茨城県つくば市、学長:石原保志)の大西淳児教授、坂尻正次教授、松尾政輝助教、および三浦貴大客員研究員と共同で、視覚情報を用いないeスポーツ(ブラインドeスポーツ)の可能性の拡大とアクセシビリティ向上に向けた研究を行う「ブラインドeスポーツ研究プロジェクト」(以下:本共同研究)を開始しましたので、お知らせいたします。

背景


バリアフリーeスポーツを提唱するePARAは、「本気で遊べば、明日は変わる。」をステートメントに掲げ、eスポーツを通じた「誰もが輝ける社会づくり」を目指しています。これまで、さまざまな障害や難病を持つメンバーが各々の得意分野を生かしながら、バリアフリーeスポーツの可能性を広げる活動に取り組んできました。

なかでも、視覚障害当事者によるeスポーツへの挑戦は、ePARAが長きに渡り積極的におこなってきた事業のひとつです。全盲プレイヤーによるユニット「Blind Fortia(ブラインドフォルティア)」の発足、「心眼CUP powered by SYCOM」の開催、一般財団法人トヨタ・モビリティ基金主催「Make a Move PROJECT」ファイナリスト企画「クロスライン-ボクらは違いと旅をする-」内の実証実験、全盲プレイヤーによるゲーム座談会など、多岐にわたる活動を実施してきました。今後もブラインドeスポーツの可能性を広げていくことは重要なミッションのひとつと考えております。

本共同研究の概要


研究題目:インクルーシブなゲームの実現に向けた、ブラインドeスポーツに関する研究
目的:視覚に障害があっても晴眼者と同等のゲーム体験が得られる環境を作る。

内容:視覚障害者がゲームをプレイする上での問題に対して、以下のアプローチを行い、解決策を検討する。ゲームメーカーへのアクセシビリティのレポーティング、サポートデバイスやソフトウェア・モジュールの開発、講習会や体験会の実施など。
※「晴眼者と同等のゲーム体験」とは、ただゲームをプレイすることができるという状態を超え、対戦型格闘ゲームであれば対人戦を行えること、RPGであればやりこみ要素まで楽しむことができるという状態を言います。晴眼者と同等のゲーム体験こそが、インクルーシブなゲーム実現への一歩だと考えております。

研究メンバー紹介


大西淳児
筑波技術大学 保健科学部 情報システム学科 教授
坂尻正次
筑波技術大学 保健科学部 情報システム学科 教授
松尾政輝
筑波技術大学 保健科学部 情報システム学科 助教
三浦貴大
筑波技術大学 保健科学部 情報システム学科 客員研究員
北村直也
株式会社ePARA ePARA Voice事業部 部長兼ナレーター、ブラインドeスポーツプレイヤー
畠山駿也
株式会社ePARA アクセシビリティアナリスト、パラeスポーツプレイヤー
関連情報:
国立大学法人 筑波技術大学
https://www.tsukuba-tech.ac.jp/

Sakajiri Onishi Matsuo Laboratory Website at Tsukuba University of Technology
https://www.solab.work/

「ブラインドeスポーツ研究プロジェクト」についてのお問い合わせ


「ブラインドeスポーツ研究プロジェクト」およびePARAの活動をサポートしてくださる企業様・個人の方・障がいをお持ちの方、そして共に活動したい障がい当事者の方は随時募集しています。下記、連絡先よりお問い合わせください。

株式会社ePARA「ブラインドeスポーツ研究プロジェクト」担当宛
問い合わせフォーム: https://epara.jp/contact/

E-mail: info@epara.jp
Tel: 03-4400-2855

eSports World の
Discord をフォローしよう
SALE 大会 チーム 他にも...? 他にも

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コラム VIEW ALL