たぬかな選手、動画配信でのヘイトスピーチでRed BullとCAGから契約解除

2022.2.17 eSports World編集部
鉄拳7』をはじめマルチに活躍していたたぬかな選手が、自身の動画配信番組での男性に対するヘイトスピーチによりSNS等で炎上し、個人でスポンサードを受けていたRed Bull Gamingと、所属チームのCYCLOPS athlete gaming(CAG)の選手契約が解除された。

問題となったのは、日常配信の中で会話に出てきた、170cm以下の男性は人権がないといった差別発言。これを発端に、過去のヘイトスピーチが掘り起こされ、大炎上の様相を呈している。

これを受けて、たぬかな選手個人をサポートするRed Bull Gamingは公式サイトのページを削除。CAGは2月17日をもって選手契約解除とする声明を公式サイトやSNSで発表した。




たぬかな選手はTwitterでお詫びの文章を公開。公式写真等もすでに置き換えられている。



関連記事

なぜ“事件”が起きるのか? 「eスポーツの闇」を考える
https://esports-world.jp/column/6944
eスポーツ界にはびこる不正行為、「チート」の現実とは?
https://esports-world.jp/column/10307
有名配信者に拡大する「スナイプ」被害。身を守る方法とは?
https://esports-world.jp/column/15465
「スマーフ」行為で得られるものと失われるもの
https://esports-world.jp/column/15465


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます