【調査】好調が続くゲーム市場。2021年国内家庭用ゲーム市場規模は3,613.9億円!(ファミ通調べ)

2022.1.18 eSports World編集部
ゲーム総合情報メディア「ファミ通」が、2021年の国内家庭用ゲームソフト(パッケージ版のみ)とハードの売上速報をまとめた。2021年国内家庭用ゲーム市場規模は3,613.9億円という驚くべき結果に。

<以下、ニュースリリースより>

累計2000万台突破後も群を抜いた人気は健在、
Nintendo Switchが2年連続で500万台を超える販売

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2021年の国内家庭用ゲームソフト(パッケージ版のみ)とハードの売上速報をまとめました。集計期間は2020年12月28日~2021年12月26日です。

■2021年国内家庭用ゲーム市場規模: 3,613.9億円
(集計期間:2020年12月28日~2021年12月26日/週数:52週)

2020年国内家庭用ゲーム市場規模: 3,673.8億円
(集計期間:2019年12月30日~2020年12月27日/週数:52週)

※市場規模はハード・ソフト(パッケージ版のみ)の合計値です。


2021年の国内家庭用ゲーム市場について


2021年の家庭用ゲーム市場規模は、ハードが昨年対比109.3%の2,028.7億円、ソフトが同87.2%の1,585.2億円、合計で同98.4%の3,613.9億円となりました。ハード市場は2年連続のプラスで、合計ではほぼ前年並みの規模を維持しています。

年間ソフトランキングの首位は、「モンスターハンターライズ」(カプコン/2021年3月26日発売/Switch)が獲得しました。約3年ぶりのシリーズ最新作として発売を迎えましたが、パッケージ版の集計だけでも235.1万本を販売しています。

また、2位には、231.3万本を売り上げた「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」(ポケモン/2021年11月19日発売/Switch)が登場。11月の発売ながら年末商戦で順調に数字を伸ばし、首位まであとわずかと迫りました。

3位には、「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」(KONAMI/2020年11月19日発売/Switch)がランクイン。2021年の年間販売本数は126.6万本と、前年(123.3万本)を上回る息の長い売れ行きを見せています。

ハード市場では、Nintendo Switchが3機種合計で557.9万台を販売し、5年連続の年間販売台数トップとなりました。2021年5月末には国内の累計が2000万台を突破するなど、家庭用ゲーム市場を支えています。

一方、世界的な半導体不足の影響を受け、日本でも通年にわたってプレイステーション5とXbox Series X|Sの品薄が継続。そのため、プレイステーション5は96.8万台、Xbox Series X|Sは9.7万台と、いずれも本来の需要に応じた数字とは言い難い結果となっています。

2022年は、年始の1月から「Pokémon LEGENDS アルセウス」(ポケモン/2022年1月28日発売予定/Switch)の発売が予定されており、ビッグタイトルの登場でいっそうの盛り上がりが期待されます。さらに、家庭用ゲーム市場でもフリー・トゥ・プレイ(F2P)やサブスクリプションといったプレイスタイルやマネタイズなどさまざまな形の多様化が進む中で、さらなる市場規模の拡大に注目が集まります。

(注)ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象としています。2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。
(発売日は前に発売されたもの、価格は通常版を表示しています)

※本調査データは、 KADOKAWAグループのシンクタンクである角川アスキー総合研究所が調査し、KADOKAWA Game Linkage に提供しています。


◆ファミ通について


ファミ通グループでは、ゲーム総合誌「週刊ファミ通」(毎週木曜日発売)をはじめとするファミ通各誌、「ファミ通.com」や「ファミ通App」といったゲーム情報サイトなど、さまざまなサービスを展開しています。また、電子出版事業にも積極的に取り組み、「週刊ファミ通」電子版や、ゲーム攻略本・設定資料集の電子書籍を多数配信しています。

https://www.famitsu.com/

◆株式会社KADOKAWA Game Linkageについて


株式会社KADOKAWA Game Linkage(代表取締役社長:豊島 秀介)は、株式会社KADOKAWAの100%子会社です。『ファミ通』『ゲームの電撃』ブランドをはじめとする情報誌の出版、Webサービス運営、動画配信といったゲームメディア事業を展開しています。そのほか、グッズ制作やイベント企画・運営、eスポーツマネジメントなど、ゲームにまつわるあらゆる分野で新しい価値の創出に挑戦。ゲームとユーザーの熱量を高め、ゲームの面白さや楽しさをさらに広げてまいります。

公式サイトURL: https://kadokawagamelinkage.jp

◆株式会社角川アスキー総合研究所について


角川アスキー総合研究所は、KADOKAWA グループに属する法人向けのシンクタンク、リサーチ・メディア企業です。KADOKAWA グループの持つコンテンツ力、メディア力、リサーチ力に関する技術力を生かし、日本のメディア・コンテンツ産業に貢献すべく、課題となる重要テーマに日々取り組んでいます。

公式サイトURL:http://www.lab-kadokawa.com

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます