【今週末開催!】温浴宿泊施設とeスポーツを掛け合わせた異色のイベント「うどんゲームス」が、「絹島温泉 ベッセルおおちの湯」にて開催!

2021.11.24 eSports World編集部
株式会社創裕は、好きなゲームを持ち込み、同じ空間で大人数とゲームを楽しめる「うどんゲームス」を2021年11月26日(金)~28日(日)に開催する。

<以下、ニュースリリースより>

好きなゲームを持ち込み、
同じ空間で大人数とゲームを楽しもう!


好きなゲームを持ち込み、同じ空間で大人数と楽しむ持ち込み型ゲームパーティー(通称:LANパーティー)を香川県東かがわ市にある温浴宿泊施設「絹島温泉 ベッセルおおちの湯 大ホール」にて開催!


当日はYoutubeでのステージ生配信・PCゲームの体験ブースやキッチンカーも手配し、ゲームだけでなく「絹島温泉 ベッセルおおちの湯」ならでは瀬戸内海を眺めながらの温泉・食事・サウナ・アウトドアもお楽しみいただけます!

過去の別イベントの様子1.

過去の別イベントの様子2.

【うどんゲームス スペシャルMC】 マラ



プロフィール
牡蠣漁師の家に生まれ、家業を継ぐ。高齢化や人口減少に伴い需要が減退していることを受け、2016年から自家製の牡蠣を賞品にしたeスポーツのイベントを開催。eスポーツと1次産業を掛け合わせたユニークなイベントが話題となり、「Dota2」世界大会に2度出演。

「Dota2」開発会社Valve社によりドキュメンタリーが制作され世界大会会場で上映される。2018年ENLIFE設立。放送会社で映像制作等を学び、2019年6月アンカーズ株式会社を設立。2020年7月“瀬戸内を代表するeスポーツチームとして瀬戸内のプレイヤーを集め、イベントを開催し、瀬戸内をeスポーツの聖地とするべく活動する”と言う理念の下に新体制「SETOUCHI ENLIFE」を発足。今年7月にはNHKの密着取材を受け「瀬戸内diary」に出演。社外ではeスポーツイベントのコンサルティングからイベントMCや実況、専門学校講師まで活躍の場を広げ続けている。


「香川県」といえば讃岐うどんが有名ですが、他にも近年話題となっていたのが「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例」。

近年では、小学生からプログラマーやプロゲーマーになりたいという夢を持つ子もいる中で「この条例は香川県の若い芽を摘んでしまうのでは」と危惧した我々は、条例の趣旨を踏まえた普及啓発も含め、「絹島温泉 ベッセルおおちの湯」の特徴を生かすことで地域のお客様にもお楽しみいただけるイベントになるだろうと思い、開催を決定いたしました。

【うどんゲームス 開催概要】
■開催日 2021年11月26日(金)~28日(日)
■会場名:絹島温泉 ベッセルおおちの湯
■住所:香川県東かがわ市馬篠1200
■Webチケット購入先
PassMarket:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02p537h9kpj11.html
■チケット料金
パソコン席(モニター・席付き)/25,000円、家庭用ゲーム席(モニター・席付き)/10,000円一般入場チケット(大人:高校生以上)/3,000円、小中学生/無料※15歳以下保護者同伴
■入場制限 小・中学生17時退場、18歳未満20時退場

■うどんゲームス公式サイト https://www.udongames.com/
■うどんゲームス公式ツイッターアカウント @UdonGames2021

【お客様からのお問い合わせ先】
運営会社「アンカーズ株式会社」
TEL:084-961-4131

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます