【今なら無料でプレイ可能!】新感覚将棋『リアルタイムバトル将棋オンライン』のSteam版が登場!

2021.8.27 eSports World編集部
JeSU公認のeスポーツタイトルとして注目を浴びている『リアルタイムバトル将棋オンライン』が、Steamにて早期アクセスが開始された。早期アクセス中は無料でプレイができるので、これを機にプレイをしてみてはいかがだろうか。

<以下、ニュースリリースより>

将棋×アクション!早いもの勝ち超速ブレインバトル
思考と反応が限界を超える!


「駒を交互に動かす」将棋の基本ルールがふっとんだ。好きなタイミングで、好きな数だけ駒を動かして、一瞬でも早く相手の玉将を取った方が勝ち。極限スピードで繰り広げられる頭脳戦。

2P対戦も可能です。
思考と反応が限界を超える快感をお楽しみください!


基本ルール1:好きな時に好きな数だけ


好きなタイミングで好きな駒を動かすことができます。動かした駒はカウント0まで動けなくなります。動かせる駒で、どんどん攻め込んでいきましょう!

基本ルール2:相手の玉を取ったら勝ち


普通の将棋と違い、相手の玉を先に取った方が勝ちです。「詰み」とか関係なし!

基本ルール3:制限時間


時間内に相手の玉が取れなかったら対局終了です。時間切れの場合、駒ごとにある得点での勝負になります。その他のルールは一般的な将棋に準拠します。

早期アクセスは無料で体験可能!


プレイヤーからご意見をうかがい、ゲームを改善するために早期アクセスを実施いたします。(期間:約1か月~2か月程度を想定)

特にハンデキャップ設定に関して、頂いたご意見をフィードバックして、適切な数値を決定したいと考えております。Steam版「リアルタイムバトル将棋オンライン」に関するご意見は、下記メールアドレスまでご連絡ください。

■メールアドレス:early@rtbs.jp

Steam版での追加要素!「ハンデ戦で燃えあがれ!」


レーティング対局と2P対戦ではクールタイムにハンデキャップを利用することも可能!ハンデ戦を行うかどうかは、対局前の設定で選べます。


レーティング対局でのハンデ戦は、レート差に応じたハンデが自動的に設定されます。
2P対戦のハンデ戦は、自由にハンデを設定できます。


なお、Steam版「リアルタイムバトル将棋オンライン」は、正規運用開始後に公認ポイント大会での使用が認められます。

公認ポイント大会とは?

一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)のライセンス認定タイトルである「リアルタイムバトル将棋」の「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」を認定するための大会のこと。

1~4位の入賞者がポイントを獲得できるほか、1大会参加ごとに1ポイント、1勝すると 1ポイント獲得となります。

公認ポイント大会の詳細は、こちらをご覧ください。
https://rtbs.jp/information/rules/pt-ranking_tournament/
(リアルタイムバトル将棋総合情報サイト「リアルタイムバトル将棋総本部」のページを表示します。)

製品情報


製品名:
リアルタイムバトル将棋オンライン

ジャンル:
早いもの勝ち将棋

プラットフォーム:
Steam(R)

価格:
早期アクセス期間中は無料

早期アクセス開始日:
2021年8月26日

プレイ人数:
1~2人

インターネット通信でのプレイ人数:
1~4人

レーティング:
全年齢対象 (CERO A)

製品ホームページ:
https://www.silverstar.co.jp/02products/rtbs_steam/

Steamストアページ:
https://store.steampowered.com/app/1499540/_/

■動作環境
・64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
・OS: Windows 10
・プロセッサー: OSが正常に動作するCPU
・メモリー: 2 GB RAM
・グラフィック: DirectX10以上が動作するグラフィックボード
・DirectX: Version 10
・ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
・ストレージ: 600 MB 利用可能

(C) SilverStarJapan(SSJ)
(C) 2021 Valve Corporation. Steamworks 及び Steamworks ロゴは、米国及びまたはその他の国の Valve Corporation の商標及びまたは登録商標です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます