eスポーツチーム「FENNEL」が横浜に日本最大規模のゲーミングベースを設立

2021.5.12 eSports World編集部
eスポーツチーム「FENNEL」が、所属選手に世界トップレベルの練習環境を提供するための日本最大規模のゲーミングベース『FENNELベース』を新横浜に設立した。

<以下、ニュースリリースより>

eスポーツにおけるオフライン環境での練習への移行


株式会社Fennel (所在地 : 東京都世田谷区、代表取締役社長 : 堀田 マキシム アレクサンダー、以下「FENNEL」)は、この度5月5日のロゴ変更に続き、世界水準での練習環境を選手に提供するための、日本国内でも最大規模のゲーミングベース「FENNELベース」が5月6日に完成致しましたことをここにご報告致します。

今後、FENNELに所属するAPEX、VALORANTPUBG mobile部門を皮切りに国内外から所属選手がゲーミングベースに集合し、このゲーミングベースを中心に活動していきます。

現在、世界的に盛り上がりを見せるeスポーツシーンの中で選手の練習はゲームという特性上、オンラインが基本でした。世界でも一部のトップチームが選手にオフラインでの練習環境、いわゆる『ゲーミングハウス(選手が居住及び練習する場)』を用意するという状態で国内では選手への世界水準のオフラインでの練習環境の提供はeスポーツ界においては先進的な取り組みです。

eスポーツチームがオフラインにこだわる理由


選手がプレイする設備、通信などを最高水準に設定することはもちろん、コミュニケーションの面においてボディーランゲージなどの非言語でのコミュニケーションが与える情報量は選手間での情報伝達を濃密にし、練習時間、ミーティングの密度をより高めます。


さらには選手達の生活習慣、体調を管理することで、選手が常にベストパフォーマンスでのプレイを可能としオンラインでは育むことに課題のある選手のプロ意識向上にも繋がります。

さらには直接的なコミュニケーション、肌で感じる感覚的な経験はオフラインでしか体験できないということを選手およびスタッフに体感してもらうことにより選手のパフォ ーマンスはもちろん、人間的な部分でも成長できるような場所を目指しています。

FENNELの選手が国内外における”プロ”eスポーツ選手のロールモデルとなることを目標としています。

新ロゴに続くFENNELベースというFENNELの新しいブランド


「FENNELベース」はデザイン性の高い家具やアート作品などでコーディネートすることで、eスポーツとアート、デザイン、ファッションという組み合わせによりeスポーツのイメージ向上も目指していきます。


「FENNELベース」のメインスペースの壁はギャラリーのように白のマット塗装に仕上げており、 今後さまざまなアーティストにアートを描いてもらうことによりeスポーツ業界とアーティストとの交流の場、この場所から新しい流行やカルチャーが生まれてくるような場所として、FENNELがeスポーツのイメージ向上の最前線であることの象徴となるような場になります。

FENNELの今後


FENNELでは新ロゴに引き続き、FENNELベースを通してFENNELに所属する全部門の技術向上及び世界レベルでの活躍、更には日本のeスポーツレベルの底上げ、日本でのeスポーツの地位向上の中心であることを目標に理念である『eスポーツに熱狂を』を体現するチーム、企業を目指します。

今後、この「 FENNELベース」からeスポーツを牽引する新しいコンテンツを発信していきます。

公式 Twitter : https://twitter.com/Fennel_Official?s=20
公式YouTube : https://www.youtube.com/channel/UC-a4uAuNlxku2V_FEsOOsbQ
FFL 公式 YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCrQOCBkjJ3_ozfjFDf_AgQw
公式 note : https://note.com/fennelgaming

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます