ASUSが49型曲面スーパーウルトラワイドゲーミング液晶ディスプレイ「ROG Strix XG49VQ」を発表

2019.5.31 eSports World編集部
DisplayHDR(TM) 400準拠でFreeSync(TM) 2 HDR対応の49型曲面スーパーウルトラワイドゲーミング液晶ディスプレイ「ROG Strix XG49VQ」が2019年5月31日より販売。最高の没入感をもたらす曲面液晶パネルに高速の144Hzリフレッシュレートなどさまざまな機能が搭載されている。

<以下、ニュースリリースより>

49型曲面スーパーウルトラワイドゲーミング液晶ディスプレイ「ROG Strix XG49VQ」を発表

ASUS JAPAN株式会社は、DisplayHDR(TM) 400準拠でFreeSync(TM) 2 HDR対応の49型曲面スーパーウルトラワイドゲーミング液晶ディスプレイ「ROG Strix XG49VQ」を発表いたしました。2019年5月31日より販売を開始する予定です。

■ROG Strix XG49VQ

--------------------------------------------------
製品名 : ROG Strix XG49VQ
パネルサイズ : 49型曲面スーパーウルトラワイド
パネル種類 : VA
最大解像度 : 3,840×1,080
応答速度(G to G): 4ms
走査周波数(デジタル/DisplayPort) : 水平30~167 KHz/垂直48 ~144 Hz
映像入力端子 : DisplayPort 1.2×1, HDMI 2.0×2
内蔵スピーカー : 5W + 5W (ステレオ)
サイズ(スタンド含む): 幅1193mm×奥行き344mm×高さ529mm
対応VESA規格 : 100mm×100mm
質量 : 約13.3kg
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2019年5月31日
製品ページ : https://www.asus.com/jp/Monitors/ROG-Strix-XG49VQ/
--------------------------------------------------

○「ROG Strix XG49VQ」の主な特長

DisplayHDR™ 400準拠

映像の最も明るい部分と最も暗い部分とのコントラストを高めるように設計されており、HDR(High Dynamic Range)テクノロジーによって、格段に優れた映像の明瞭さと精密さを提供します。ROG Strix XG49VQはDisplayHDR™ 400に準拠しており、DCI-P3カバー率も90%で広色域と高いコントラスト比を実現しています。

AMD Radeon FreeSync™ 2 HDR テクノロジー対応
FreeSync™ 2 HDRテクノロジーに対応しており、低遅延で明るさとコントラストが向上した非常に滑らかなビジュアルを提供します。 FreeSync 2は、標準コンテンツとHDRコンテンツの双方に対し、低遅延処理を規定しており、HDRコンテンツに通常伴う入力ラグを排除します。

高速の144Hzリフレッシュレート
ハイスピードなゲームでも、操作の妨げとなる表示の遅延がなく快適にプレイすることができます。144Hzという高速なリフレッシュレートで、FPS、レーシング、RTS、RPG、スポーツタイトルなど様々なジャンルにおいてプレイヤーに優位性をもたらします。

ASUS独自の「SHADOW BOOST」 テクノロジー
「Shadow Boost」 テクノロジーは、明るい部分を露出させ過ぎず、暗い部分をはっきりとさせることでゲーム画面全体の表示を改善し、暗い場所に隠れている敵を見つけやすくします。

最高の没入感をもたらす曲面液晶パネル
曲率1800Rの49インチ曲面液晶パネルを採用しており、ユーザーの視野を広げることでゲームへの没入感を高めます。ディスプレイのカーブにより、すべてのポイントがユーザーの目から等距離であるため、長時間のゲームプレイでも疲労が軽減され快適な視聴体験を得られます。また、このモニターは広視野角により歪みや色の変化が最小限に抑えられているため、ゲームや映画などのコンテンツを、あらゆる角度から最高のビジュアルで楽しむことができます。

使用環境に合わせて柔軟な調節が可能
長時間同じ姿勢でゲームを行った場合、適切に調整されていない液晶ディスプレイではさまざまな健康障害が発生する可能性が高まります。本製品では上下左右の角度調節に高さ調節も行うことができ、理想的な調整を行うことができます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます