【デュアルBIOSで気軽にOC】GIGABYTEからGeForce RTX 4070 Ti 搭載ゲーミングビデオカードが発売

2023.1.23 eSports World編集部
GIGABYTEからGeForce RTX 4070 Ti搭載のゲーミングビデオカードGV-N407TEAGLE OC-12GDが2023年1月下旬に発売。想定価格は137,800円前後。

3基のオリジナルブレードファンにより高効率の放熱を実現。OCモードとサイレントモードのデュアルBIOSを搭載している。

<以下、ニュースリリースより>

オリジナルブレードの3連ファン「WINDFORCE 冷却システム」を搭載


シー・エフ・デー販売株式会社(社長:三谷弘次、本社:愛知県名古屋市)が代理店を務めますGIGABYTEブランドの新製品としてGeForce RTX 4070 Ti搭載のグラフィックボードを発売いたします。

「GV-N407TEAGLE OC-12GD」は、オルタネイトスピニングやダイレクトタッチGPUなどさまざまな機能を搭載し冷却性能を高めたオリジナルブレードの3連ファン「WINDFORCE 冷却システム」を搭載しており、パフォーマンスを発揮する際も発熱を抑え、動作を安定させます。

【型番】GV-N407TEAGLE OC-12GD
【JAN】4988755064873
【コアクロック】Boost Clock : 最大 2625 MHz
【メモリクロック】21 Gbps
【メモリビット幅】192 bit
【メモリサイズ】12 GB
【メモリ規格】GDDR6X
【出力】DisplayPort 1.4 x3、HDMI 2.1 x1
【保証期間】2年

想定売価:¥137,800前後(税込)
発売予定:2023年1月下旬
製品ページ:
https://www.cfd.co.jp/consumer/product/detail/gv-n407teagle-oc-12gd.html

WINDFORCE 空冷システム搭載




WINDFORCE 空冷システムは、3基のオリジナルブレードファン、オルタネイトスピニング、複合銅ヒートパイプ、大型銅板ダイレクトタッチGPU、3Dアクティブファン、スクリーンクーリングを搭載しており、高効率の放熱を実現しています。

RGB FUSION



GIGABYTE CONTROL CENTERを使って、さまざまなオプションと多数の照明効果を駆使してカスタマイズいただけます。また、他のAORUSデバイスと同期させることも可能です。

デュアルBIOS



OCモードとサイレントモードのデュアルバイオスを搭載しています。モードスイッチを有効にするには再起動が必要です。

アンチSAGブラケット



グラフィックボードを支えるアンチSAGブラケットが付属しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます