東プレから英語配列の「REALFORCE R3Sキーボード」USBモデル6製品を発売

2022.10.13 eSports World編集部
<以下、ニュースリリースより>

フルサイズ/テンキーレスのバリエーション / オンボードメモリに対応したソフトウェアで全キー割り当て変更が可能


東プレ、 REALFORCEマスターシリーズ「R3Sキーボード」の英語配列モデル6製品を2022年10月11日(火)に発売

東プレ株式会社(代表取締役社長:山本 豊 本社所在地:東京都中央区日本橋) は、REALFORCE(リアルフォース)ブランドのマスターシリーズ 「R3Sキーボード」の英語配列モデル6製品を2022年10月11日(火)に発売します。製品価格は、フルサイズの標準モデルが21,340円(税込)、フルサイズの静音モデルが23,540円(税込)、テンキーレスの標準モデルが20,900円(税込)テンキーレスの静音モデルが23,100円(税込)です。


東プレ REALFORCE R3Sキーボード 英語配列
製品画像一括ダウンロード リンク:https://www.realforce.co.jp/press/photo/r3se.zip

今回発売のREALFORCE R3Sキーボード英語配列は、2022年6月に発表された「REALFORCE R3Sキーボード」の英語配列版です。
REALFORCE R3Sキーボードは、業務用端末に使用されるものと同じ構造の独自スイッチ(静電容量無接点方式)を採用することで、高耐久と疲れにくいソフトな打鍵感を両立させた製品です。
R3から採用された専用のREALFORCE CONNECT ソフトウェアにより、全てのキーの割当変更(キーマップ入替機能)や入力ポイントの変更(APC機能)を設定でき、設定した内容はキーボード内部に保存されるため、PCを変更してもそのまま使用することができます。

今回発売になるモデルを含めたR3Sキーボードは、同社直販Webサイトと、ビックカメラのWebサイト・店舗にて販売されます。
REALFORCE Store( https://store.realforce.co.jp )、
楽天市場( https://www.rakuten.co.jp/realforce/ )、
Amazon( https://www.amazon.co.jp/realforce )、
ビックカメラ.com( https://www.biccamera.com/bc/category/?q=%93%8C%83v%83%8C+realforce+R3S+%89p%8C%EA%94z%97%F1 )、
ビックカメラ店舗一覧( https://www.biccamera.co.jp/shopguide/index.html



*PDF版スペック表のダウンロードはこちら: https://prtimes.jp/a/?f=d30248-20221010-b36da324a1d45202bd449235f92fba03.pdf


■REALFORCE(リアルフォース)について
東プレ株式会社は1983年に静電容量無接点方式のスイッチを搭載した入力機器を業務用端末として開発し販売いたしました。その入力機器が高い評価を受けたことから、PC用キーボードを開発し2001年に「REALFORCE」として個人用途向けに発売しました。「REALFORCE」が変わらず守り続けているのは、高機能、高品質、高品位な製品をお客様に提供することへのこだわりです。使う人のことを考えながら誠実に開発を続けています。キーボードは現在に至るまで、日本品質にこだわり、設計から製造、サポートまで一貫して相模原市(神奈川県)の工場で対応しています。「REALFORCE」は、ホーム&オフィス用の「マスターシリーズ」、ゲーミング用の「ゲーミングシリーズ」、「アクセサリー」の3つで構成されています。

■東プレ株式会社について
東プレ株式会社は1935年の創業以来、塑性(プレス)加工技術と金型設計技術を応用し、自動車関連製品、定温物流、空調機器、電子機器の各分野で、日本、アメリカ、メキシコ、中国、インドネシア、インドの工場で生産しています。企画設計段階から開発に携わる一貫生産体制に強みを持ち、独立系ならではの自由で柔軟な発想で時代のニーズに合ったものづくりをしています。東京証券取引所プライム市場に上場、証券コード:5975。


※東プレ、TOPRE、TOPREロゴ、REALFORCEおよび、REALFORCEロゴは、東プレ株式会社の登録商標です。
※仕様、および、デザインは予告なしに変更される場合があります。
※本資料に掲載した写真は実際の製品とは多少異なる場合があります。
※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます