【シングルファン】MSIからNVIDIA® GeForce RTX™ 3060Tiを搭載したグラフィックスカード「GeForce RTX™ 3060Ti AERO ITX 8G OC LHR」を発売

2021.9.13 eSports World編集部
MSIからGPUNVIDIA® GeForce RTX™ 3060Tiを搭載したグラフィックスカードとして、「GeForce RTX™ 3060Ti AERO ITX 8G OC LHR」を9月8日(水)より発売中。参考価格は 71,500円。

<以下、ニュースリリースより>

シングルファンのショートサイズでもパワフルな性能を備えたLHR対応モデル


この度、エムエスアイコンピュータージャパン株式会社は、NVIDIA Ampereアーキテクチャを採用し、最新のRTコアやTensorコア、ストリーミングマルチプロセッサを搭載することで、ゲームやクリエイティブなアプリケーションにて高速で快適なフレームレート及びAIアプリケーションをもたらすGPUのNVIDIA® GeForce RTX™ 3060Tiを搭載したグラフィックスカードとして、「GeForce RTX™ 3060Ti AERO ITX 8G OC LHR」を9月8日(水)より発売いたします。

※LHR(ライトハッシュレート)対応のGeForce RTX 3060Tiグラフィックスカードは、ETHのハッシュレートが25MH/s(推定)となります。

GeForce RTX™ 3060Ti AERO ITX 8G OC LHR



本製品は、第2世代のRTXであるNVIDIA® GeForce RTX™ 3060Tiを採用したAERO ITXシリーズです。グラフィックスカードの性能を生かしたまま、コンパクトになっています。コアクロックは、オーバークロック仕様となり最大1695MHzで動作し、GDDR6 8GBのメモリを搭載することで、ゲームでも快適なパフォーマンスを発揮します。

シングルファンタイプの冷却システムは、ボード長172mmとコンパクトに収まっており、一般的なサイズのケースから小型の省スペースケースまで、ほとんどのケースに組み込むことができます。コンパクトなボードサイズでありながらも、NVIDIA® GeForce RTX™ 3060Tiのグラフィックスパワーはそのまま発揮できます。小型ケースを使用した省スペースなゲーミングPCをお求めの方におすすめです。

【GeForce RTX™ 3060Ti AERO ITX 8G OC LHRの主な特徴】
●NVIDIA AmpereアーキテクチャのGPU NVIDIA(R) GeForce RTX™ 3060Tiを採用

NVIDIA(R) GeForce RTX™ 3060Tiは、最新のRTコア、Tensorコア、およびストリーミングマルチプロセッサを搭載しています。CUDAコア数は4864基、メモリはGDDR6 8GBとなっており、ゲームやクリエイティブなアプリケーションにおいて、快適なフレームレートおよびAIアクセラレーションをもたらします。

●小型で省スペース。カード長約17cmの小型で省スペースなAERO ITXデザイン
MSI AERO ITXグラフィックスカードシリーズは、フルサイズのカードと比べわずかなスペースしか占有せず、Mini-ITXスモールフォームファクターシステムやHTPCシステムなどの省スペース・コンパクトなPCへ最適なデザインです。本モデルはカード長を約17cmに抑えたシングルファン仕様の製品で、より小型に設計されたグラフィックスカードとなっています。

さらにMSI独自のオーバークロックユーティリティAfterburnerを利用することで、システムに応じてより高クロックかつ安定したオーバークロック動作を試すことができます。また、MSI製マザーボードやデスクトップPC、モニターなどをご利用の方は、MSI独自のアプリケーションであるMSI Centerにより、1つのユーティリティで簡単かつ包括的な設定を実現します。

【製品仕様】



■GeForce RTX™ 3060Ti AERO ITX 8G OC LHR
https://jp.msi.com/Graphics-Card/GeForce-RTX-3060-Ti-AERO-ITX-8G-OC-LHR

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます