【黒一色】MSIからIntel第11世代CPUに対応したゲーミングマザーボード2機種を発売

2021.6.4 eSports World編集部
MSIから5月28日(金)よりIntel第11世代CPUに対応したマザーボード2種「MEG Z590 UNIFY」「MPG B560I GAMING EDGE WIFI」が発売中。

<以下、ニュースリリースより>



MEG Z590 UNIFY
【価格:43,010円(税込)】


本製品は、「質実剛健」をコンセプトとして設計したハイエンドマザーボードで、黒をベースとしたシンプルなデザインが特徴です。16+2+1フェーズ90A SPSの強力な電源回路を搭載し、発熱の大きいハイエンドCPUや、Intel第11世代 Core i9シリーズに新しく採用されたすべてのコアがアクティブでも高クロック動作を実現するブースト機能「Adaptive Boost Technology」を使用した時でも安定した動作を実現しています。

さらに、PCIe x16スロットをあえて1スロットにするなどシンプルな構成にすることでコストパフォーマンスの向上を実現。M.2スロットを4基搭載し、BIOSで設定することにより最大3個のPCIe Gen4のM.2を使用可能です。


【MEG Z590 UNIFYの主な特徴】
●16+2+1フェーズ90A SPSの強力な電源回路を搭載し、
高負荷なゲーミングシーンやオーバークロックシーンなどにおいても高い安定性を実現
●「質実剛健」がコンセプトの、黒一色で統一されたシンプルなデザイン
●M.2ポートを4基搭載可能で、M.2のみで大容量ストレージ構成を構築可能
●PCIe 4.0に対応し、対応デバイスと組み合わせることで高速なM.2やVGAを使用可能
●PCIe x16スロットを1スロットのみの搭載とし、シンプルで使い勝手のいい設計

■製品URL:https://jp.msi.com/Motherboard/MEG-Z590-UNIFY

MPG B560I GAMING EDGE WIFI
【価格:22,880円(税込)】


本製品は、Mini-ITXサイズ対応とコンパクトながらダイレクト6+2+1 50A Dr.MOS対応の強力な電源回路を搭載したゲーミングマザーボードです。B560チップセットを搭載し、コストを抑えていながら、最新の高速なWi-Fi 6EやRealtek 2.5G LAN、M.2を2基搭載可能など豊富な機能を搭載しています。


【MPG B560I GAMING EDGE WIFIの主な特徴】
●Mini-ITXサイズ対応ながらダイレクト6+2+1 50A Dr.MOSの強力な電源回路を搭載し安定した動作を実現
●オンボードにてRealtek 2.5G LAN + Wi-Fi 6E対応、高速なネットワーク環境を構築可能
●2オンス厚の銅を採用した8層PCB基板を採用することで、基板の導電性を高め、温度を下げることに成功

■製品URL:https://jp.msi.com/Motherboard/MPG-B560I-GAMING-EDGE-WIFI

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます