ASUSから家庭用ゲーム機にも接続可能なゲーミングヘッドセット2製品、「ROG Strix Go BT」と「ROG STRIX GO CORE」が発売

2021.5.28 eSports World編集部
ASUS JAPAN株式会社は、家庭用ゲーム機にも接続可能なゲーミングヘッドセット2製品、「ROG Strix Go BT」と「ROG STRIX GO CORE」を2021年5月28日(金)より販売を開始。

<以下、ニュースリリースより>

ROG Strix Go BT



製品名 : ROG Strix Go BT
ドライバー : 40 mmネオジムマグネットドライバー
接続方法 : Bluetooth 5.0、3.5mmミニジャック
質量 : 300 g
バッテリー駆動時間 : 最大45時間
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2021年5月28日(金)
製品ページ : https://rog.asus.com/jp/headsets-audio/headsets/3-5mm-headsets/rog-strix-go-bt-model/

〇 「ROG Strix Go BT」の主な特長

・アクティブノイズキャンセレーション(ANC)テクノロジー
ROG Strix Go BTは、不要なノイズをブロックし、高周波数のサウンドと明確で歪みのない低周波数範囲をより適切に再現することで、より自然なオーディオ体験をお楽しみいただけます。どんな環境でもオーディオが忠実に再現されて音がしっかり聞けるので、今までになかったモバイルゲームとエンターテイメントを体験できます。

・AIノイズキャンセリングマイク
ROG Strix Go BTに搭載された業界最先端のASUS AIマイクは、音声コミュニケーションを維持しながら5億種類以上のバックグラウンドノイズをフィルタリングするように設計された専用プロセッサを搭載しています。AIマイクのプロセッサは、人の声の響きを高め、クリアなノイズキャンセリング体験と、ゲーム内での会話時の声の歪みを最小限に抑えます。

・マルチプラットフォーム対応で、長時間プレイ対応
ROG Strix Go BTは、Bluetooth®接続に加え3.5mmコネクタを備えており、PC、スマートフォン、PlayStation®、Xbox®、Nintendo Switch™でゲームをする際に接続することもできます。また、15分の充電で最大5時間の使用が可能な急速充電と、フル充電することで最大45時間のノンストップゲームプレイも可能です。

ROG STRIX GO CORE



製品名 : ROG STRIX GO CORE
ドライバー : 40 mmネオジムマグネットドライバー
接続方法 : 3.5mmミニジャック
質量 : 252 g
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2021年5月28日(金)
製品ページ : https://rog.asus.com/jp/headsets-audio/headsets/3-5mm-headsets/rog-strix-go-core-model/

〇 「 ROG STRIX GO CORE」の主な特長

・卓越したハイレゾ音源
ASUS ESSENCEドライバーとエアタイト・チェンバーの排他的なデザインで、独自のエアタイト・チェンバーと40mmのASUS Essenceドライバーを搭載し、深みのある重低音を実現しました。

・指先ですばやくコントロール
イヤーカップに搭載されたボリュームホイールと切替スイッチにより、ゲームプレイ中に音声を瞬時に調整したり、ミュート/アンミュートを切り替えることができます。直感的な操作が可能なので、ゲームに集中することができます。

・超軽量で持ち運び可能
わずか252 gの軽量なゲーミングヘッドセットで、長時間のゲームセッションでも快適な着け心地を提供します。また、本体は回転式の折り畳みデザインは、外出先への持ち運びに最適です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます