【Apex Legends 新レジェンド】マッドマギー紹介 〜 攻めっ気のある人向けの攻撃重視アビリティが満載 〜

2022.3.2 みろ
マッドマギーは、2022年2月9日に開幕したシーズン12「デファイアンス」(DEFIANCE)で追加された新レジェンド。冷酷至極かつアウトランズで最も性悪な女であり、攻撃的なプレイスタイルを誇る。

ショットガンの熟練度を強化するパッシブアビリティ、遮蔽物裏の敵を排除する戦術アビリティ、これらに加え強烈なアルティメットをもっている彼女は攻撃主体のプレイヤーにもってこいのレジェンドだ。


実際に操作した感想としては、戦術アビリティとアルティメットの使いどころが難しい。このレジェンドを使いこなすために、その特徴的な使いどころを確認しておこう。

アビリティ紹介


パッシブアビリティ:ウォーロードの怒り


ダメージを与えた敵が約1秒間ハイライト表示される。イメージとしては、ブラッドハウンドの戦術アビリティ「全能の目」や、シアの戦術アビリティ「フォーカス・オブ・アテンション」を使った状態に少しの間だけなる感じだ。

▲このようにダメージを与えると敵が赤く強調表示される。強調される時間がかなり短いので有利にはたらくシチュエーションは限られる。例えば、バンガロールのスモークの中でもダメージさえ与えれば敵が常に見える、などといった使い道がある

また、ショットガン使用時に移動速度が低下しない。通常は武器携帯時には素手の状態よりも移動速度が落ちるが、ショットガン携帯時のみその効果を受けない。

この効果によって、打ち合いの際にも素早く移動でき、被弾を減らすことができる。

戦術アビリティ:ライオットドリル

【ストック:1 / リチャージ時間:20秒】

障害物に取り付くドリルを撃ち、反対側にいる敵を焼き払う。

▲このように障害物越しに炎を噴射し、通常ではダメージを与えることのできない位置にいる相手に攻撃をあてることができる

このドリルはジブラルタルの「ドームシールド」やランパートの「増幅バリケード」、建物の外壁なども貫通できる。

「ライオットドリル」のポイントは、敵に直接あてるのではなく、障害物越しに敵を狙わなければならないというところ。これは、利点でもあると同時に難点でもあり、遮蔽物のない平地での戦闘のときに敵を直接狙ってもダメージを与えられない。

この戦術アビリティの有効な使い方の例としては、「建物の近くで戦闘をしていると、ダメージを受けた敵がドアを塞ぎながら回復をすることがあるので、ドアに向かって発射する」というものがある。

アルティメット:レッカーボール

【リチャージ時間:90秒】
「スピードブーストパッド」を放ち、敵の近くで爆発するボールを投げる。


▲大きなボールから出ている青い光が「スピードブーストパッド」

この「スピードブーストパッド」を踏むことで、一時的に移動速度を上昇させることができる。この効果は、マッドマギー以外のパーティメンバーだけでなく、敵も受けられる。

ボールをあてることによるダメージは20ダメージであり、吹き飛ばしに加えて一時的なスタンを与える。

「レッカーボール」を使うと前方の敵を吹き飛ばしながら、迅速に移動ができるので有効な使用例として、「狭い通路をパーティー全員で一気につめる」などがある。

また、建物の内部やジブラルタルの「ドームシールド」の中で使うことによってボールが縦横無尽に移動し、敵を吹き飛ばすこともできる。

まとめ


マッドマギーは、すべてのアビリティが攻撃に関連するものであり、どんどん前に出てキルをとっていきたいプレイヤーに向いているレジェンドだ。

ただし、アルティメットの「レッカーボール」は、味方も吹き飛ばしてしまったり、戦術アビリティの当たる範囲が小さめだったりと難しい点もあるので、味方の位置や敵の位置などを意識しながら戦闘を行うといいだろう。

Apex Legends
https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends
マッド・マギー
https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends/about/characters/mad-maggie

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます