【Worlds 2021】DFMの2戦目、因縁のCloud9に惜しくも敗退

2021.10.6 宮下英之
リーグ・オブ・レジェンド』の世界大会「Worlds 2021」にて、日本代表チームのDetonatioN Focus Me(DFM)が、LCS代表のCloud9(C9)と対決、DFMに土がついた。

C9との対決は「MSI 2021」までで1勝1敗のイーブンで、DFMもライバルとして意識しているチームでもあり、ここで勝ち切りたいところ。

バン&ピックでは、DFMはAriaのルブランを最優先にピックすると、C9はDFMが直前のUOL戦でピックしたタロンをバンし、ミス・フォーチュンとレオナを取り上げる。それに対して、DFMはボットにジンとアリスターをピックした。


試合が始まると、C9は低レベルから積極的にガンクをしかけ、トップのEviとミッドのAriaにプレッシャーをかける。なおもレーンを押し上げたことで、ミッドのPerkz、サポートのVulcan、ジャングルのBlaberが幅を利かせ、タワーとオブジェクトをゲットする。

DFMとしては後半に向けて力を貯めたいところだったが、前のめりなC9に対して少数戦でも勝ち切れず、惜しくも1敗を喫した。

 

プレイイングループ突破に向けて残り2戦を全力で!


DFMが所属するプレイイングループ グループBのDay1終了時点での戦績はこちら。DFMは1勝1敗で残り2チームとの勝ち上がりを賭けた試合に挑む。

次戦はTCL(トルコ)代表のGalatasaray Espor。日本時間10月7日の1:00から激突する。


日本語配信プラットフォーム
Mildomhttp://mildom.com/10244404
Twitch: http://twitch.tv/riotgamesjp

LoLEsports:https://lolesports.com/

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ニュース VIEW ALL