【レポート】波瀾万丈の「VALORANT Champions Tour Stage2 WEEK1」激闘を勝ち抜き、「Main Event」への駒を進めた8チーム!

2021.4.4 eSports World編集部
VALORANT』初代地域チャンピオンを決める大会「VALORANT Champions Tour Stage2」が2021年4月3日から開催された。

「VALORANT Champions Tour」とはVALORANT世界王者を決める大会でChallengers・Masters・Championsの3段階で構成されている。

地域大会Challengersとその勝者が出場する国際大会Mastersが全3回にわたって開催。そこで成績上位のチームがVALORANT初代チャンピオンを決める大会Championsへの出場権を獲得する。

そして、4月3日(土)から開催されたVALORANT Champions Tour Stage2ではMastersに出場する1チームを決める戦いが行われる。Stage1は新型コロナウイルスの影響で地域内限定での開催となったMastersだがStage2ではアイスランドでの開催が予定されており、期待が高まっている。

Week1にあたる3日にはChallengersにあたるOpen Qualifierが開催。実況/解説に岸大河さん・yueさんを招き、全39チームが8グループに分かれてBO1の戦いに臨んだ。

今回はそんなWeek1のレポートをお届けしよう。

マッチレポート


各グループごと試合の見どころをレポートしていこう。

グループA DetonatioN Gaming(DNG) vs 戦


第1試合では戦のAffe選手が新エージェント「アストラ」を採用。スキルをうまく使いキルを重ねたが、多くの大会で実績を残しているDNGが徐々に動きに対応。終盤に5ラウンド連取し、13-11で見事勝利を収めた。

▲アストラのスキルとオーディンの合わせ技でキルを重ねたAffe選手

グループB First Gaming(FG) vs Hexad


Stage1では名だたるチームを倒し、Mastersに進出したアマチュアチームのFG。sakurai選手・Shuzz選手といった個人技の強いHexadに対して高い完成度を披露。撃ち合いでは分があったHexadだったがゲームを支配したFGが13-8で勝利を収めた。

グループC FENNEL(FL) vs BlackBird Ignis(BBI)


チーム結成直後にもかかわらずStage1ではMastersまで勝ち上がったFENNELと、公式大会「First Strike」で準優勝に輝いたBBIの一戦。Stage1ではコミュニケーション面が不安視されていたFENNELだが、韓国人選手を中心に成長した姿を披露。強豪BBIに13-9で注目の一戦を制した。

▲勝利インタビューでは英語でのコミュニケーションも見れたFENNEL

グループD Lag Gaming(LAG) vs Novagis Gaming(NVG)


これまでの大会で好成績を残している注目チーム同士の対戦。3デュエリストの攻撃的な構成で臨んだLAGが序盤から試合のペースを握った。後半にかけて粘り強さを見せたNVGだったが自慢のフィジカルで押し切ったLAGが13-11で接戦をモノにした。

グループE FAV Gaming(FAV) vs Northeption(Nrh)


グループ突破の大本命FAVに対して、新生Nrhが挑んだグループE。韓国No.1ジェットとも言われるseoldom選手がブレイドストームで4キルするなど、調子の良さを見せたNrhが試合を圧倒。5-13と大方の予想を裏切る番狂わせを見せた。

▲試合終盤ブレイドストームのみで4キルするseoldom選手。常にアグレッシブな立ち回りでコメント欄をわかせていた

グループF Reject(RC) vs SCARZ(SZ)


日本屈指の撃ち合いの強さを誇るRCはSZと対戦。大会前にSak選手、Npoint選手の脱退により、ロースター変更をしたSZは、序盤こそラウンドを取られたが、marin選手を中心にラウンドを連取。11-13で見事逆転勝利し、marin選手は30キルの大活躍を見せた。

▲この日最多キルの30キルでチームを牽引したmarin選手。苦手としていたRC相手に勝てたことは素直にうれしいとmarin選手。味方との連携により、動きやすくなったとのこと

グループG Sengoku Gaming(SG) vs Absolute Jupiter(JUP)


Stage1のリベンジに燃えるJUPはロール変更に伴いLaz選手がフェニックスをピック。インタビューで「どこにでも勝てる気がする」とコメントするほど躍動感ある活躍を披露。10-13でSGとの接戦を制した。

▲サイファーからフェニックスに使用エージェントを変更したLaz選手を筆頭に、大きく構成を変えてきたJUP。キャラピックの時点で配信を沸かせていた

グループH Free Agents(FA) vs Crazy Raccon(CR)


最終戦に登場したのは圧倒的な強さでStage1優勝を果たしたCR。一方、FAは日本最強のIGLとして名高い、eroc選手率いる新参チームとの戦いだ。ピストルラウンドを2度落とし苦戦を強いられたが、後半ラウンドにかけて王者の底力を見せたCRが8-13で勝利。見事グループ突破を決めた。

▲マーシャルで連続キルを重ねるFAのAnker選手。ACEが取れる勢いで味方をサポート。前半ラウンドの出だしが好調だっただけに、この敗北は惜しい

まとめ


熾烈な戦いを繰り広げ来週のMain Eventを決めた8チームは以下の通り。実力差の拮抗しているグループAとStage1決勝の再戦が実現するグループBはどちらも熱い試合になること間違いないだろう。Main Eventは4月10日にグループA、4月11日にグループBが行われる。Challenger Finalの切符をかけた戦いから目が離せない。




配信アーカイブ:
https://www.mildom.com/playback/12287123/12287123-c1ju6t7tc1nps1d2ibag

VALORANT Champions Tour Stage2 公式:
https://valorantesports.tokyo/index.html

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます