【調査】2019年日本eスポーツ市場規模は60億円を突破

2020.2.17 eSports World編集部
株式会社KADOKAWA Game Linkageが、日本国内におけるeスポーツ市場動向について、2019年の市場規模および内訳、2023年までの成長予測、ファン数(試合観戦・動画視聴経験者)の推移を発表した。

<以下、ニュースリリースより>

2019年国内eスポーツ市場規模は前年比127%の61.2億円に
2022年には倍増、2023年には150億円超に拡大と予測



2019年の日本eスポーツ市場規模は、前年比127%の61.2億円となりました。“eスポーツ元年”と呼ばれた2018年から2019年にかけて、大手企業の参入が相次ぎ、市場の伸長が続いています。

本調査では、2020年から2023年までの年間平均成長率は約26%と予測しました。高速・大容量化、低遅延、多数端末接続が特徴の次世代モバイル通信「5G」が開始されることで、モバイルのeスポーツが活発化。また家庭用ゲーム機・PC向けeスポーツタイトルが今後モバイル端末でも展開されることが見込まれ、スマートフォンが普及している日本において、さらにeスポーツ市場が拡大すると予測されます。

2019年日本eスポーツ市場の約8割を「スポンサー」が占める



2019年時点での日本eスポーツ市場の収益項目別割合をみると、チーム・大会へのスポンサー料や広告費といった「スポンサー」の割合が多く、全体の75.7%を占めています。日本においてもeスポーツ大会の開催やプロゲーミングチームの発足が相次ぎ、スポンサーシップを表明する企業が引き続き増加傾向にあります。

2019年日本eスポーツファンは483万人に
2023年には1215万人まで成長



2019年の日本eスポーツファン数(試合観戦・動画視聴経験者)は前年比126%の483万人となりました。今後、大会数の増加や「5G」による動画視聴の機会が増えることで、eスポーツファンがさらに拡大することが見込まれます。

◆株式会社KADOKAWA Game Linkage(カドカワ ゲーム リンケージ)について

株式会社KADOKAWA Game Linkage(代表取締役社長:豊島 秀介)は、株式会社KADOKAWAの100%子会社です。

ファミ通』『ゲームの電撃』ブランドをはじめとする情報誌の出版、Webサービス運営、動画配信といったゲームメディア事業を展開しています。そのほかイベント企画やeスポーツマネジメント、ゲームマーケティングなど、ゲームにまつわるあらゆる分野で新しい価値の創出に挑戦。ゲームとユーザーの熱量を高め、ゲームの面白さや楽しさをさらに広げてまいります。


出典:KADOKAWA Game Linkage
公式サイトURL: https://kadokawagamelinkage.jp

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます